0円から初めたビットコイン投資

1279

編集部おすすめ

ビットコインをはじめたわけ

みなさん、こんにちは。FXトレーダーのボリ平です。
まずは仮想通貨取引の出会いから書きたいと思います。
がビットコインに興味を持ったのは、2013年3月に起きたキプロスショックです。

【キプロス・ショックとは】
2013年のユーロ圏によるキプロスへの金融支援において、支援の条件としてキプロスの全預金に最大9.9%の課税を導入することを2013年3月16日にキプロス政府とユーロ圏側が合意したことに始まる金融危機のことである。
(出典:wikipedia)

このキプロスで起きた金融不安により、人々が銀行やATMに預金を引き出そうと殺到し、自国通貨に対する信頼が揺らぎ始めました。その裏で仮想通貨のビットコインが急騰!日本円で2~3000円だったビットコイン価格が1万円以上に
(為替市場の反応は3月18日(月)の取引開始からユーロが大暴落となりました。)

その年の11月、ビットコイン価格が再び急騰、今度は最高値12万円を付ける一大バブルとなりビットコイン長者が生まれてニュースにもなっています。

資金0でスタートできた理由

2013年当時、私は専業トレーダーとして独立。トレード三昧の日々でしたが、トレードの合間にやっていたのが海外にあったビットコインのマイニングゲームやCM視聴サイトを”1日中回しっぱなしにする”という作業。
ゲームコインのような感覚でビットコインを集めていました。現在もこのような「ビットコインを貰えるサイト」はいくつか残っていますが、ビットコイン価格が高騰してしまった今、もらえるコインの料率も低くなり魅力的ではなくなりましたね。

マイニングゲームのサイトに参加するために、最初に作ったのが「ウォレット」でした。ビットコインのウォレット(財布)とは、ビットコインを送るための自分専用のアドレスのこと。ランダムな数字とバーコードリーダーがついた1枚のペーパーが発行されました。

このアドレスを”ビットコインを貰えるサイト”に記入するだけで、コインが貰えたので初期投資は「0円」。一度に複数のサイトにアクセスしながら楽しく、自動的に、細かいBTCを集めていきました。

ビットコインウォレットはblockchain.infoで作り、今も使っています。
現在は日本語対応になっていますので、ビットコインを一時的に保管するツールとして活用してみて下さい。

blockchain.info