【前編】シリコンバレー最高峰VC「a16z」が投資をするクリプトプロジェクト10選

編集部おすすめ

シリコンバレー最高峰VC「a16z」が投資をするクリプトプロジェクト10選(前編)

a16z(Andreessen Horowitz)は、シリコンバレーの最高峰のベンチャーキャピタルです。FacebookやTwitter、ピンタレスト(Pinterest)、エアビーアンドビー(Airbnb)、スラック(Slack)などが主要な投資先で、現在では暗号通貨に精力的です。同ファンドは2018年に「a16z crypto」というクリプト専門のファンドを立ち上げ、3億5,000万ドル(約380億円)という最大規模のクリプトファンドとして存在感を示しています。

【関連】
最高峰のVCであるa16zはなぜ暗号通貨に精力的に投資を実行するのか?

さらに2020年4月には、a16zは「a16z crypto」の2号ファンドとして新たに5億1,500万ドル(約550億円)のファンドを設立することを発表しました。本コラムではa16zがこれまで投資してきたクリプトプロジェクトで特に注目するものを10つ取り上げます。シリコンバレーのVCでもトップティアの同ファンドがどのようなプロジェクトに投資をしているか知ることは、個人の投資戦略を立てる上でも役に立つでしょう。

コインベース(Coinbase)

coinbaseイメージ

コインベース(Coinabse)は言わずと知れたアメリカ最大の暗号通貨取引所です。a16zは2013年から同社に投資をしています。同社はこれまで約5億5,000万ドルの資金を調達しており、2018年10月のラウンドでの評価額は80億ドルとなっています。暗号通貨領域に限らず、米国のスタートアップ全体でも有数の企業です。同社は長らくビットコインやイーサリアムなど主要な銘柄のみを扱ってきましたが、2019年頃からさまざまな銘柄を取り扱うようになりました。

リブラ(Libra)

リブライメージ
リブラ(Libra)はFacebookが主導するステーブルコインのプロジェクトです。当初、Libra Investment Tokenを発行しており、a16zも投資を行っておりました。構想発表後にさまざまな規制当局から反発もあり、2020年4月時点でLibraは当初予定のバスケット通貨ではなく、USドルやユーロなどのステーブルコインを構想しています。

ディフィニティ(Dfinity)

ディフィニティイメージ
ディフィニティ(Dfinity)は2020年にローンチをする予定のネットワークです。Dfinityはいわゆるイーサリアム(Ethereum)などの汎用的なスマートコントラクトプラットフォームではなく、ブロックチェーンでもありません。同社は分散ネットワークでありながらAWSと競合するようなものを構想しています。Dfinityは独自トークンDFNでガバナンスされ、a16zはこのトークンに投資をしています。

メイカーダオ(MakerDAO)

メイカーダオイメージ

メイカーダオ(MakerDAO)は暗号資産を担保にしたステーブルコイン(Stablecoin)です。執筆時点でイーサリアム上で最も規模の大きいプロジェクトの一つと言ってよいでしょう。DeFi(分散型金融)のトレンドの中でも中心に位置するプロジェクトです。

ステーブルコインであるDAIをユーザーは利用し、システム全体をガバナンスするトークンとしてMKRが存在します。a16zはこのMKRトークンに2018年に1500万ドルの投資をしています。

ファイルコイン(Filecoin)

ファイルコインイメージ
ファイルコイン(Filecoin)は分散型ファイルシステムのプロジェクトです。Filecoinは、IPFSプロトコルを開発したチームによって発足されたプロジェクトで、トークンエコノミクスを利用し検閲されないファイルシステムを実現することを 目指します。

個人は余剰PCで暗号化されたファイルをホスティングすることで、Filecoinをマイニングできます。Filecoinは取引所などで売却ができ、余剰ストレージをマネタイズできることになります。2020年前半でのローンチが期待されます。

今回は前編ということで、a16zがこれまで投資してきた5つのプロジェクトをご紹介しました。残りの5つは後編で紹介します。

参考
ANDREESSEN HOROWITZ

【こんな記事も読まれています】
暗号資産業界のヘッジファンドの状況、どのくらいの規模、影響力、投資方針の傾向は?
クリプトファンドのPolychain Capitalが2号ファンドを組成中、今後の投資戦略とは?
2019年のVCによる暗号通貨・ブロックチェーンプロジェクトへの投資総額縮小


d10n Labのリサーチコミュニティでは、ブロックチェーン業界の動向解説から、更に深いビジネス分析、技術解説、その他多くの考察やレポート配信を月に20本以上の頻度で行なっています。コミュニティでは議論も行えるようにしており、ブロックチェーン領域に積極的な大企業・スタートアップ、個人の多くに利用頂いています。
▼d10n lab 未来を思考するための離合集散的コミュニティ
https://d10nlab.com


前のニュース2020年はDEXの時代?分散型仮想通貨取引所トークンが軒並み高騰
次のニュース【後編】シリコンバレー最高峰VC「a16z」が投資をするクリプトプロジェクト10選
HashHubコミュニティ
HashHubは、ブロックチェーン関連のサービス開発、コンサルティング、業界の起業家・開発者にコワーキングスペースを提供するブロックチェーン総合企業です。コインチョイスでは、HashHub Comunityとして、HashHub社員やコミュニティメンバーから多彩なコラムをお届けします。公式サイトはこちら:https://hashhub.tokyo/