ウエスタンユニオンCTO、ブロックチェーンを使った送金の未来を語る

1330

編集部ピックアップ

テクノロジーはどのように国際送金を変えるのだろうか

先日マドリードで開催されたFintechのイベントMoney Conf 2017でウエスタンユニオンの最高技術責任者を務めるデイビッド・トンプソン氏が国際送金の未来についての講演を行った。

ウエスタンユニオンは仮想通貨やブロックチェーンに関する取り組みも行っており、それについても語っている。

スピーチの中でトンプソン氏は、最近では「仮想通貨が国際送金ビジネスにとって代わるのではないのか」との声がよく聞かれるものの、規制側が仮想通貨の匿名性を非常に懸念していると述べ、そう簡単には取って変わらないのではないかと示唆している。

また、ウエスタンユニオンはブロックチェーンを国際送金サービスに利用する方法について模索を続けており、現在はブロックチェーンを使ったリアルタイムのKYC(本人確認)に取り組んでいるようだ。

例えばシリアで銀行口座を持っていたが、現在は難民としてドイツにいて本人確認をするための書類が手元にない場合でも、ブロックチェーンを使って銀行間の本人確認データの共有を行えば、お金の移動をユーザーにとってシンプルで且つコンプライアンスに沿ったものにすることができると語っている。

さらにCoinDeskによると、同社がアメリカを拠点とする仮想通貨の取引所Coinbaseと試験的なプロジェクトを行っていることについても語っている。このプロジェクトは昨年の秋から始まっており、ウエスタンユニオンの社員が試験運用しているようだ。ローンチ日は決まっていないが、今後発表される可能性はあるとのことだ。