週末のBTC戦略!(サンデー投資家向け)

編集部おすすめ

今週のビットコインは28万円付近からの上昇を演じました。

水曜日には32万円を超えてから反落。

一時29万円を割り込むものの、再び30万円台を回復してきております。

世界のビットコイン市場では、中国取引所が仮想通貨の出金再開を発表し、中国大手取引所の取引高も順調に伸びてきている模様です。

またインドでもビットコイン取引が活発化してきており、先月のビットコイン市場最高値をつけた日には米国市場の価格と20%以上乖離が見られたようで、ビットコインはアジア市場が完全に牽引する形となりそうです。

ビットコイン4時間足チャートで週末値動き予測!

ビットコインの値動き
出所:bitFlyer BTC/円 4時間足

現在、ビットコインの価格は313,000円付近で推移を推移しており、6月8日の東京時間前場にて、一旦急落しましたが徐々に値を戻してきています。これは明らかにポジション調整売りだったと思われます。

おそらく、週末にかけて直近高値を超えてくるでしょう。

理由の一つとしては、先日の下落で出来高が急増したこと。やや買われ過ぎ感であったポジションが抜けたこともあり、上値は軽くなったはずです。

次の323,000円付近をトライした際は、高値圏で揉み合うかもしれませんが、おそらく抜けていくはずです。

ここを抜けますと視界良好、史上最高値の347,789円(bitFlyer取引所ベース)に向けて大きく前進するものと思われます。

来週の13日にはニューヨークにて、ブロックチェーン・デジタル通貨の企業カンファレンスがあるようで、そちらにも徐々に市場の注目が集まっていきそうです。

暗号通貨市場にとってポジティブな材料がまだ続きます。過剰に反応を始めると止まらないのがビットコイン市場ですので順張りで怖がらず高値でも打診買いしていくと良いように思われます。


前のニュースウエスタンユニオンCTO、ブロックチェーンを使った送金の未来を語る
次のニュースニューハンプシャー、ビットコインを送金業規制から除外
ひろぴー
仮想通貨、FX、株の投資家で、トレード経験が豊富。ラジオ日経パーソナリティやコラムニストもこなす。MT4チャートを使った分析が得意で、コラムではテクニカル分析や相場見通しをわかりやすく解説。他にはセミナーや勉強会の主催をしたり、メディアにも幅広く活躍。 メディア:ひろぴー公式ブログ BTCサイト FXマウンテンブログ