【墨汁速報】ツイッターハック犯人の17歳少年逮捕 ビットコイン詐欺などの容疑

編集部おすすめ

【墨汁速報】ツイッターハック犯人の17歳少年逮捕 ビットコイン詐欺などの容疑

FBIはツイッターハッキングでビットコイン詐欺など30の重罪を犯したとして、フロリダ州在住のグラハム・クラーク(Graham Clark)容疑者を逮捕した。クラーク容疑者の年齢は17歳だという。

関連記事:【墨汁速報】Twitterハッキング @BitcoinやCoindesk リップル社などの100を超える仮想通貨アカウントが影響

ツイッターハッキング犯人は17歳

7月16日、元米国大統領オバマ氏や、アメリカ大統領候補者のジョーバイデン氏、テスラCEOイーロンマスク氏、ウォーレンバフェット氏やさらにビルゲイツ氏など誰もが知る世界的著名人が被害にあったのも記憶に新しいだろう。

フロリダのニュースメディアによると、このツイッターハッキングの犯人としてフロリダ在住で17歳のクラーク容疑者をFBIが逮捕したと報道。このツイッターハッキングとビットコイン詐欺をほう助したとして、ニマ・ファゼリ(Nima Fazeli)容疑者とメーソン・シェパード(Mason Sheppard)容疑者を逮捕している。

17歳少年の罪状

ツイッターハッキングの罪状として、30もの罪に問われている。17の特使詐欺罪、約10万ドルを超えるビットコイン詐欺または30人以上の被害者を出した詐欺罪、10の個人情報を使用した詐欺罪、権限のないコンピュータとスマートフォンなどの電子機器に不正アクセスした罪に問われている。

17歳少年はヒルズボロ刑務所に収監される予定となっている。

ツイッターハックほう助の青年二人も逮捕

アメリカ合衆国カリフォルニア北部地区連邦地方裁判所によると、17歳少年のツイッターハッキングをほう助したとし、オークランド在住のハッカー名Rolexと名乗る22歳のニマ・ファゼリ容疑者、Chaewonと名乗る19歳のイギリス在住のメーソン・シェパード容疑者も逮捕されたという。

アンドリュー・ワーレン(Andrew Warren)州検事は、「FBIとIRS、シークレットサービス、法執行機関の素早い調査により、非常に難しく被害の大きな特殊詐欺を検挙できた。祝福の言葉を送りたい」と述べている。

ホワイトハウスはツイッターハッキング騒動の同日、ドナルド・トランプ大統領のツイッターアカウントが同様の被害に遭う可能性を懸念していたという。結果として被害はオバマ元大統領とジョーバイデン氏までに留まったが、トランプ大統領まで受けていれば影響は計り知れなかっただろう。

参考:Tampa teen accused of being ‘mastermind’ behind Twitter hack that targetedhigh-profile accounts

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】ビットコイン(BTC)は”お金の一種” 資金洗浄訴訟で米D.C.連邦裁判所が判決
FBIが新型コロナウイルス関連の仮想通貨詐欺増加を警告
FBIが過去6年の米国内ランサムウェア攻撃の身代金総額は156億円との報告書公表

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向やステーキング検証、テクニカル分析理論、最新ファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界


前のニュースビットバンク(bitbank)口座開設の方法、アプリの使い方や取引手数料なども解説
次のニュース【墨汁速報】”イーサリアム”の検索数が中国と米国で急上昇 2年間で最高値に
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者