ビットコイン/円相場、3日間で10万円以上下落

606

4月に入って以来上昇が続いていたビットコインの価格が5月26日から27日にかけて34万円台から20万円台へと暴落した。

5月25日木曜日の午前10時台に過去最高値の347,789円を付けたのちに30万円台前半を推移し、同日午後2時台に一度287,612円まで下落、そして翌日26日の午前8時に232,000円まで暴落した。その後一度30万円台まで戻したものの、27日土曜日の昼にかけて下落が続き5月15日以来となる203,000円台の安値を付けることとなった。

25日の高値347,789円から27日安値232,000円までの3日間でおよそ31%ビットコインの価格が暴落したこととなる。本稿作成時点でビットコインの価格は26万円台を推移している。

BTC/JPY2時間足チャート (出所:cryptowatch)

また、ビットコインにつられてイーサリアムやライトコイン、NEMなどの他の仮想通貨も売られ、仮想通貨全体の市場規模も一時3.4兆円ほど縮小する場面も見られた。海外サイトCoinMarketCapのデータによると、25日時点で約10兆円(900億ドル)だった仮想通貨の総額が、およそ6.6兆円(595億ドル)にまで下落している。

出所:CoinMarketCap