ビットコイン:中国の動きとSegWit2xの開発状況

2772

中国のマイニング企業はUASFが始まる前にSegwit2xをアクティベートさせようとしている

ビットコインのスケーリング方法を巡っては8月1日のUASFを懸念する声が高まっているが、一方で海外企業や中国勢はSegwitとブロック上限2MBへの引き上げの両方を実行しようとする先月ニューヨークで合意に至った「SegWit2x」を支持する方針のようだ。

中国企業はSegwitと2MBを両方実行するプランで合意

6月15日、中国のビットコインマイニング関係者たちが円卓会議(ラウンドテーブル)を開き、先月ニューヨークでの合意に至ったSegwit+2MGを支持する方針で合意したと発表があった。

中国語で発表されたものは以下のような内容だ。(以下、大まかな訳文)

私たちはビットコインネットワークの混雑を効果的に解決するために、ビットコインの発展を加速させ、継続的且つ健全で安定したビットコインの開発を支援します。

様々な取引所、マイニング企業、マイニングプール、マイナーに賛同いただき、成都市(中国四川省の省都)にて2017年6月15日に開かれた各企業の代表が集まる円卓会議にてニューヨークで合意された解決策を支持することとなり、以下のような決議に至りました。

4つの合意ポイント

1.ニューヨーク合意のSegWit2xを支持する (SegWit2x とはSegwit実装とブロックチェーンのブロックサイズ上限を今の2倍の2メガバイトに変更する案のこと)

2.6月19日月曜日からSegWit2xを支持する投票(マイニングを通じた意思表示/ シグナルを出すこと)を開始する。すでに行われているSegwitの投票に影響を与えないよう、NYAのマークを通じて意思表示をする。

3.すぐにニューヨーク合意のbtc1プロジェクトのソフトウェアテスト、testnet5に参加し、早く正式版がデプロイできるようにする。

4.7月31日までにニューヨーク合意のSegWit2xをアクティベートさせたいと考えている。(8月1日にはUASFが待ちかまえている)

中国の大手企業が参加

そしてこれには以下の参加者が賛同している。大手のマイニング企業、マイニングプール、取引所、そして先週ハードフォーク騒ぎを起こしたBITMAINのJihan Wu氏もここに名を連ねている。

1hash.com、胡兰(BW)、江卓尔(BTC.TOP, LTC.TOP)、李昂(Canoepool.com)、李培才(挖易)、刘爱华(BitKan)、毛世行(F2poolのCEO)、PZ(中国ビットコインラウンドテーブル招集者)、王瑞锡(BATPOOL.com)、吴钢(Bixin)、吴忌寒(BITMAINのジハン氏)、徐明星(OKCoin.com)、许子敬(オーストラリアのFintechファンドなどを運営するCollinstar)、杨海坡 (ViaBTC.comのハイポ氏)、赵千捷(BTCC副社長)、朱嘉伟(HuobiのCOO)

ソース:中国比特币圆桌论坛关于决定落实比特币纽约共识扩容方案的决议

SegWit2x開発の進捗状況は?

SegWit2xは6月16日にαバージョンがリリースされ、testnet5というテストネットワーク上でソフトウエアのテストを行うことができるようになっている。

BitGoのMike Belshe氏のメールによると2MBへのブロックサイズ増加はSegwitを実装した3カ月後の予定だ。

また、BitPayのJustin Langston氏はワーキンググループに対してSegWit2xの「ワーキンググループに参加したい人全員を含めたtestnet5での検証作業を予定している」と述べており、このテスト作業では例えば最悪ユーザーのビットコインがなくなってしまうようなネットワーク上の問題がないかレビューと検証が行われる。

Langston氏は「私の視点では限界があります。貴社で考えられるリスクを検証し、ライブネットで動かす準備をし、その時が来た時にきちんとシグナルを出せるようにどのようなテストが必要かフィードバックが必要です」と述べる。

急ピッチで進められるも十分なテストが行われるのか懸念

実際すでにコードへのフィードバックが来ており、ワーキンググループの参加者からはハードフォークの際に「リプレイアタック」が起きる危険性があるとの声もある。

通常ビットコインのコードに変更に関わるエラーを発見するためには多大な時間がかけられるため、SegWit2xを支持しないコア開発者の一部からはタイムラインが短すぎるのではないかと批判がある。実際コア開発者たちはローンチするまでに1年以上の時間をSegwitのテストに費やされている。

現在のところ SegWit2xの開発者たちは予定通りのスケジュールで進め6月30日にはβをリリースするようだ。7月21日にはユーザーは点検済みのソフトウェアを利用しシグナルを出すことができるようになるとSegWit2xグループは述べている。

参照ソース:CoinDesk