2017年夏、NEM(ネム)と呼ばれる暗号通貨をイメージしたうちわ配りが全国各地で行われているようです。これは、日本国内で暗号通貨NEMの根強いファンが多く、その有志によりNEMをもっと広めようという動きが活発になり、その普及活動の一環としてうちわ配りが行われているようです。

そんなNEMの日本人信者に愛されている暗号通貨ですが、一体どんな暗号通貨で、どんなことができるのか?知らない人の方が多いと思います。そこで今回は、Bitcoinとは何が違うのか?NEMでどのようなことが出来るのか?を書いていきます。

Bitcoin(ビットコイン)とNEM(ネム)

まずNEMに触れるにあたり、少しだけBitcoinについてお話ししていきます。

Bitcoinとは、2009年に「Satoshi Nakamoto」と名乗る人物により投稿された論文「Bitcoin : A Peer-to-Peer Electronic Cash System」に基づき、作られたシステムです。 Bitcoin(ビットコイン)構想には、中央や単一の管理者を置かずに運用することを基本としています。中央や単一の管理者を置かずに、どう通貨としての役割を担うかが大変で、その問題を暗号学と計算学などを用いてアプローチした革命的な仕組みです。Bitcoinは暗号技術を用いているのでCrypto-Currency(暗号通貨)と呼ばれています。

そんなBitcoinでは、分散化された通貨というのが一番の強みでしょう。私たちが、生まれながらにして使用している円やドル、ユーロなどは法定通貨といいます。これらの法定通貨は常に単一の管理者のもと発行されています。それが国であり機関であり様々です。単一の管理者がいるということは、決定権もそこに依存しています。つまり、通貨の発行や管理元の経済状況が通貨に直結します。この問題として、歴史的にはキプロス金融危機やジンバブエのハイパーインフレなどがあります。

中央集権や単一の管理者がいない分散化された通貨がBitcoinの思想の根本的な部分とも言えるでしょう。

また、Bitcoinを模して作られた暗号通貨をAltcoin(アルトコイン)と言います。これはAlternative coinの略で「代わりとなるコイン」という意味です。Altcoinは日々たくさん誕生しています。

その中で、Bitcoinと同じように通貨としての機能を主としているコインを「Bitcoin1.0」と呼び、通貨以外に+αの機能をもたせたものを「Bitcoin2.0」と呼びます。NEMはこの「Bitcoin2.0」の分野に位置しています。NEMは単に通貨だけではなく+αな機能が存在します。

NEMが持っている+αな機能と応用

分散化の仕組み:PoI(Proof-of-Importance)の存在

暗号通貨には、そのネットワークを維持するために様々な仕組みが存在します。基本的に、単一の管理者のいないネットワークを維持し、通貨としての機能を持たせるには、通貨の送受信(トランザクション)を誰かが承認する必要があります。(2重支払いや改ざんなど、不正防止のため)このネットワークを維持する仕組みとしてNEMはPoI(Proof-of-Importance)という仕組みを採用しています。このPoIがNEMを分散させる仕組みなのです。

PoIは、その名の通りネットワークに対しての「重要度」が報酬を得る仕組みとなります。この重要度は、NEM(XEM)の保有量や送受信、つまりアクティブなユーザーが重要視され、報酬を得られる仕組みとなっています。単に通貨を持つだけでなく、それを本当に使っているユーザーかどうかが判断されるのです。

証明書発行ツール「Apostille(アポスティーユ)」

NEMのWallet(ウォレット)であるNanowalletにはApostill(アポスティーユ)という機能があります。これは証明書を発行し、ブロックチェーン上に記録できるというものです。任意のファイルをNanowalletにドラッグ&ドロップするだけで、ブロックチェーン上に記録し同時に証明書を発行できます。ブロックチェーンの特性をうまく利用したもので、証明書には秘密鍵等も記載されています。またこの証明書自体を譲渡することも可能で、第三者を介さずに公証を得ることができます。
この機能を利用することで、第三者機関に委ねている証明が、それらなしに直接個人間ですることも可能となります。例えば、不動産や土地の売買や所有権の証明、移管。または特許への登記や契約書、議事録の記録、高級ブランド品のオリジナル証明など、情報を証明しなければいけないものには利用できます。

namespace(ネームスペース)とmosaic(モザイク)

ネームスペースはインターネットのドメインのようなもので、モザイクはNEMブロックチェーンを用いたトークンになります。オリジナルのトークン(通貨)をNEMのブロックチェーン上に発行することができるのです。

例えば、お店の名前でネームスペースを取得し、お店のメニューをモザイクとして発行することもできます。お支払いを独自のモザイクで得たり、ポイントとして利用することもできます。うまく使えば、在庫管理などにも使えますね。

スケーラビリティへの優位性:Catapalt(カタパルト)

暗号通貨は常にスケーラビリティの課題がのしかかります。各暗号通貨の仕様から、送金の際の承認間隔が決まっており、故に一度に処理し承認できる送金の数も決められているます。一瞬で送金できる時もあれば、数時間かかる時もあるのは承認待ちの送金がどれくらいあるかによって変動しています。NEMはCatapalt(カタパルト)へアップデートされることで、大幅に送金処理能力が高まる期待があります。簡単に表現すると以下の通りになります。

Bitcoin : 5件/秒
Ethereum : 15件/秒
Ripple : 1000件/秒
NEM : 3000件以上/秒

各暗号通貨それぞれに良いところと悪いところがあります。BitcoinはNEMと比較して流通量が圧倒的に多く、時価総額も比較対象になりません。それぞれの特徴をしっかり把握していきましょう。

最後になりますが、NEMは、分散化に重きを置いている通貨であること言えます。分散化とネットワーク維持、それに伴うスケーラビリティの問題は暗号通貨全体にとって極めて難しい課題です。各暗号通貨プロジェクトは様々なアプローチから、それらにどう立ち向かっていくか、またNEMが選んだアプローチが今後どのように作用していくのか注目していきたいところです。

NEM公式サイトはこちら
https://nem.io/