「2018年はビットコイン(BTC)にとって素晴らしい1年」スペンサー・ボガート氏、将来的に500万円台も?

編集部おすすめ

「2018年はビットコインにとって素晴らしい1年」スペンサー・ボガート氏、将来的に500万円台も?

ブロックチェーンに特化したVCのブロックチェーン・キャピタル(Blockchain Capital)のパートナーであるスペンサー・ボガート(Spencer Bogart)氏が12月17日、アメリカの放送局CNBCの経済番組「Fast Money」に出演し、「ビットコインにとって素晴らしい1年だった」と2018年を振り返った。

ビットコイン(BTC)の現在の価格は?

ビットコイン(BTC)5万ドルに自信

ボガート氏はファンダメンタルは変わっていないと主張し、「2018年はビットコインにとって素晴らしい1年になりました。価格のことは忘れてください。非常に安くて早くトランザクションを行えるライトニングネットワーク進展があった年でもあります」と説明した。

エコシステムがより強固になってきていると語るボガート氏は、今年イエール大学やハーバード大学、マサチューセッツ工科大学(MIT)が仮想通貨投資ファンドに投資を行ったことや、ナスダックやニューヨーク証券取引所が2019年にビットコインに関連した商品をローンチする予定であることを挙げ、仮想通貨市場に直接的もしくは間接的に資金が流れてくる可能性を示唆している。

またブロックチェーン・キャピタルが長期ベンチャー投資家であることを強調し、「ビットコインが5万ドル(約560万円)になるかって?もちろんです」と話し、その時期についてはどれくらいの時間がかかるか分からないとして、明言は避けた。

若い世代の台頭などビットコイン(BTC)の未来は明るい?

そして最後には業界の将来について、「恐らく最も心強いことは、才能ある人たちがこの業界に参加してきていることです。もし若い人たちと話す機会があれば、このことは興味を引くでしょう。そしてそのうちの聡明な人たちは、ビットコインに関わっていきたいと話しています」とコメントしている。

ボガート氏は自身のツイッターでも、アメリカの10代が初めて現金やギフトカードよりもビットコインなどのデジタル通貨が欲しいことが判明したパイパー・ジャフレー(Piper Jaffray)社が発表した2018年ホリデーシーズンの消費者に関するレポートを引用。「世代の変化はビットコインにとてつもない追い風になる。細部にとらわれて全体を見失うな」と投稿していた。

ボガート氏は、今年5月にビットコインの価格が年末までに1万ドル(約110万円)になるとの予想を発表していた。

ビットコイン(BTC)のリアルタイムチャート

関連
「ビットコイン(BTC)は死んだ」19歳の仮想通貨富豪が明言
「ビットコイン(BTC)の価値はゼロになる」米大学教授が提言

参考
CNBC