3月5日配信 仮想通貨ニュースエクスプレス:バークレー市ICO、新しい業界団体発足など

5551

ビールさん(yoriko09)が、Youtubeの「ビットコイナー反省会」チャンネルで配信してる仮想通貨ニュースエクスプレス(3月5日配信)をご紹介します。

ビットコインの価格はじわじわ上昇

まずはビットコイン(BTC)の価格がじわりじわりと上昇中…というニュースからです。
この動画配信時点で1BTCあたり120万円くらいです。通貨のドミナンスを見てみると、仮想通貨市場でビットコイン(BTC)が占める割合が30%~40%と少し上がっていて、新しいお金が入ってきているというよりかは、あるとコインのお金がビットコイン(BTC)に入ってきているという内容です。

価格的にはそんなにエキサイティングでもないですし、コインチェックの問題がまだ解決していなかったりと、若干界隈が静かなのかな?という印象を受けています。

米証券取引委員会が80社に召喚状

SEC(米証券取引委員会)が仮想通貨に関する召喚状を発行したようで、だいたい80社くらいの仮想通貨関連企業がこの召喚状を受け取ったと言われています。今回の件で調査が行われて、もしかしたらいくつかのトークンは登録されていない証券っていうような括りになってしまうのではと言われています。

もしこの「登録されていない証券」というようにトークンが当てはまってしまうと、それを上場させている取引所とかも調査が入る可能性が高いと言われています。

新しい業界団体発足

新しい業界団体が発足されるというニュースです。国内の登録されている取引所が集まって新しい業界団体を作りますとのことでした。こちらは、スムーズにいけば何ヶ月後には仮想通貨の認定された自主規制団体ができて、オペレーションの仕方とかルールづくりも進むはずです。

本来であれば、金融庁が監督をしていてこのレイヤーでルールがあるのですが、自主規制団体は1から100まで金融庁に監督でしてもらうのではなくて、ある程度自分たちでルールをつくって、それにのっとってオペレーションをして事故とかを防いでいこうというようなルールと規制の枠組みがあるはずなので、早く進めばいいなと思っています。

バークレー市がICO

カリフォルニアのバークレー市がコミュニティトークンを発表というニュースです。
バークレー市は国からもらえる予算が削られていて予算が厳しいため、地元のスタートアップ企業と連携してトークンを発行するとのことで、5月にICOを行なうようです。集めたお金については住宅の供給が追いついていないからそれに充てるとのことです。都市開発のような感じで使っていくのかなと思います。

オーストラリアのキオスクでもBTC

最後のニュースは、オーストラリアのニューススタンドで、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)が買えるようになるといった内容です。オーストラリア国内の中で1200ヵ所以上のニューススタンド(新聞とか雑誌とかお菓子が売っているようなキオスクのようなショップ)でビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)が最低50オーストラリアドルから買えるようで、メールアドレスと電話番号を入れたらOKのようです。

本人確認的には若干心配な部分はありますが、コンビニのような感覚でサクッと仮想通貨が購入できるというのは、インパクトがあるなと感じています。

※この記事は、動画の一部を抜粋して文字に起こしています。全文は動画をご覧になり、ビールさん(yoriko09)の解説をお聞き下さい。

また、この仮想通貨ニュースエクスプレスを配信している「ビットコイナー反省会」の登録者数1万人まであと少し!コインチョイスも応援しています^^みなさんもぜひチャンネル登録してみてください~