イーサリアム(ETH)の下落は限定的、実需(ICO)の買いがサポートか?

編集部おすすめ交換所

イーサリアム(ETH)の下落は限定的、実需(ICO)の買いがサポートか?:週末戦略

マウント・ゴックスの管財人からビットコイン(BTC)売りが噂され、今週も仮想通貨市場全体が下落しました。

マウント・ゴックスのウォレットから取引所に送金が確認されており、不可解なタイミングで売り圧力がかかっていることを考えると、明らかにBTCからキャッシュポジションに戻しているのでしょう。

定期的にこの作業が行われておりまして、全て売りきるにはまだ1年ぐらいはかかるように思えます。どこかの大企業がオークション方式で買い取るために手を上げれば話は別なのですが、当面厳しい展開がつづきそうです。

本日は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)の相場分析となります。

ビットコイン(BTC)円日足チャート分析

ビットコイン(BTC)円日足チャート分析
出典:DMM Bitcoin BTCJPYレバレッジ日足

サポートラインであった90万円前後を下ヒゲをつけて現在割り込んできております。

1時間足や4時間足でみてみると、サポートラインをブレイクしたものの、再度走る様子はなく、徐々に買いが入ってきており、トレンドが加速する形状にはなっておりませんでした。

大口の成行き売りが出た場合によくある現象で、意図的に相場を押し下げる投機筋とは違いますのでその点では多少安心ですが、レンジの上限付近まで上昇しますと、やはりまた売りが出てくるのでしょう。

価格帯の安いところでは売ってくる作業があるとはあまり思えませんので、ボリンジャーバンドの−2σを割り込んだら買いシグナルと考えて良いと思います。

日足ベースでボリンジャーバンドのレンジトレードが当面有効ではないでしょうか。
MACDは日足ベースで0.00ラインまで沈んできました。

マイナス圏に突入しますと、新規の下落トレンド発生が濃厚になりますのでタイミング的には悪いのですが、しばらく価格が停滞することもよくありますので、90万円を挟んだ展開が週末予想されます。

イーサリアム(ETH)/ビットコイン(BTC)日足チャート分析

イーサリアム(ETH)/ビットコイン(BTC)日足チャート分析

出典:DMM Bitcoin ETH/BTCレバレッジ日足

代わってイーサリアム(ETH)分析です。

BTCに対してはETHは上昇傾向です。ETH円では下落をしておりますが、直近の安値を割り込んでおりませんので、仮想通貨全体の中ではあきらかに堅調です。

マウント・ゴックス管財人からの売りはBTCとBCHのみですので、その影響も大きいのでしょう。

アルトコインの多くは、BTC建てで時価総額が計算されていることが多いので、この売り圧力がダイレクトに影響がでてきます。

こういった観点から考えますと、イーサリアムは引き続き堅調に推移する可能性が高いです。

時価総額が大きいことも利点でしょう。世界のICOの資金調達は殆どがイーサリアムが使用されているため、実需の買い支えが定期的に起こります。

やはり、今後も当面イーサリアムの価格が堅調に推移することが長くなりそうです。
ETH/BTCチャートもみながら戦略を建てていくと今後もよさそうです。

▼リアルタイムレートはこちら!
ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート
イーサリアム(ETH)の価格・相場・チャート

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット