リップル(XRP)価格の上昇、次の目標はいくら?仮想通貨トレード戦略

7809

編集部ピックアップ

リップル(XRP)価格の上昇、次の目標はいくら?仮想通貨トレード戦略

仮想通貨市場に資金が戻って来ました。
特にリップル(XRP)については良いニュースに反応するようになり、期待が持てます。今回はXRPのチャート分析や次のターゲットなどを解説します。

リップル円(XRP/JPY)日足チャート分析

出典:BitTrade(2018年5月からの日足チャート)

8月の前回記事では、リップル価格の節目48円を割り込み下落したリップルを買い増ししたのが28円。そこからまた48円ラインを上抜ける時に、大きなパワーが必要だったことが分かります。そして執筆時9月28日には1XRP=61円となり、2倍以上になりました。

関連:仮想通貨リップル(XRP)の買い増しターゲットポイントとは?

今回の上昇でとりあえず48円以上をキープしてもらえば、次なる節目が目標価格となります。

リップル(XRP)の価格・相場・チャート

次なるXRPの価格ターゲットは「80円」

出典:BitTrade
(2017年6月~2018年9月:XRP/JPY日足チャート)

期間を長くして2017年6月からの日足チャートを見ると、80円のラインではこのような傾向が見られます。

①昨年12月、急騰後の下げ止まり地点
②2月、1月からの下落が止まった地点
③3月、下落の勢いが増し、反発が押し返された地点
④4月、上昇の勢いが増した地点
⑤5月、下げ止まりレンジを形成した地点
⑥6月、再び反発が押し返された地点

このあと6月以降は価格は低迷、しかし「出来高」が増加しています。
特に売り優勢の赤色よりも上昇時の緑色が増えていることが分かります。

この期間、価格が全然付いて来なかったのですが、割安感からの買い支えが、利益確定または投げ売りよりも多かったのでしょう。

リップル(XRP)の価格・相場・チャート

リップル(XRP)独自要因も

今回のリップルの上昇は、ファンダメンタルズ要因もあります。

出典:Tradingview

XRP/USDの日足チャートに、

  • BTC/USD(ブルー)
  • BCH/USD(ピンク)
  • ETH/USD(オレンジ)

の比較ラインチャートを表示しています。

アルトコインの相場動向はビットコインの動意に連動しやすいのですが、今回の上昇に関してはリップル(XRP)独自に上昇したものと思われます。要因としては9月18日のCNBCによるxRapid商用化への報道、その後もリップル(XRP)にとって好材料が出ています。

しかしこれまでも(価格低迷期にも)リップル関連の情報は出ていたので、あくまでもきっかけにすぎません。相場は、過熱感なども踏まえ様々な情報をもとに先回りして動くので、一喜一憂せず行きたいものです。

リップル(XRP)のトレード戦略

再び価格が80円以上を目指すには、過去のチャートが示したように、かなり劇的な動きになるかもしれません。そして、80円を勢いよく抜けることができたら100円も視野に入れられると思います。(リップラー希望的観測)

これを踏まえ、長期ホルダーは100円を目指し、短期トレーダーは80円を付けたら利確(売り指値)を入れておくといいでしょう。安値で拾いたい人は買い指値:48円。ビットトレード(BitTrade)のような取引所の場合、長い下ヒゲがタッチするかもしれませんから。

現在のリップル(XRP)の価格・相場・チャートはこちらからチェック!

関連
リップルネットにサウジアラビアの国立商業銀行(NCB)が加盟
SBIホールディングス、リップルDLT活用のスマホ向け決済アプリMoneyTapを今秋にも稼働

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット