「変革」か「回帰」か?3分で読めるビットコインキャッシュ(BCH)ハードフォークまとめ

編集部おすすめ

「変革」か「回帰」か?3分で読めるビットコインキャッシュ(BCH)ハードフォークまとめ

今月、クリプト界隈で最もホットな話題と言えば、11月15日に行われる予定の「ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォーク」だろう。この記事では、来たる日に備えて現在の状況を簡単に俯瞰する。

ビットコインキャッシュ(BCH)内における2派閥の対立

現在、ビットコインキャッシュ(BCH)には大きなブランチ(枝)が二つある。一つは、Bitcoin ABCのものである。これは、昨年8月1日のビットコイン(BTC)誕生に大きな役割を果たしたクライアントだ。特徴として、従来のビットコインの考えに囚われない新しい機能を次々と実装していく方針で、次のアップデートでも機能を拡張させていこうとしている。

これに大きく反対したのが、Nchain社のCraig Wright(クレイグ・ライト)氏だ。同氏はABCのアップデート内容が、Satoshi Nakamoto(サトシ ナカモト)の理念から外れるとして、独自のBitcoin SV(Satoshi Vision)と呼ばれるアップデートを実施しようとしている。SVを支持するマイニングプールとしては、SV pool、Coingeek、BMG poolなどの大手であり、過去7日間のシェア率を合計すると37.4%にも上る(下図参照)。

わかりやすくいえば、この対立は「変革(ABC) VS 回帰(SV)」の争いといえるだろう。

(出典:CoinDance)

ハードフォークをサポートする取引所の動向

これまでのところ、数多くの取引所がビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークに対応すると表明している。コインベース(Coinbase)は両バージョンをサポートする予定だ(2つ目のチェーンが実行可能と証明された場合のみ)。つまり、ビットコインキャッシュ保有者は「ビットコインSV」が付与される可能性がある。

OKEx(オーケーイーエックス)、Binance(バイナンス)、Huobi(フォビ)なども同様の対応をするようである。国内でもいくつかの取引所はサポートを表明している。ただし、各取引所の対応はそれぞれ細かく異なっており、また変更される可能性もあるため、必要であれば各自で公式情報をチェックすることをお勧めする。

コミュニティーの分割はセキュリティを低下させるのでは?

ビットコインキャッシュ(BCH)は、ハードフォークを随時行うことでアップデートをしていく方針をとっているので、ハードフォークすること自体に問題はない。ただ今回のように、アップデートの内容に対立が生まれると、コミュニティが分裂する。

しかし、コミュニティーがハードフォークの度に分割されていては、ネットワークの規模が縮小されていき、攻撃に対する耐性が低下していくのではないかと懸念する。いずれにしても、このハードフォークは重要な意味を持つ出来事となるだろう。経過を観察しよう。

(文・師田賢人)

ビットコインキャッシュ(BCH)のリアルタイム価格・チャートを確認>>

関連:ヨーロッパで仮想通貨のATMが増加、ビットコインキャッシュ(BCH)の普及が拡大

参考:NullTX


この度 無料メルマガ『週刊Crypto Journal』配信開始しました。このメルマガでは、仮想通貨/ブロックチェーンの注目ニュースをピックアップしてわかりやすく解説します。配信は、毎週日曜22:00ごろです。詳細→ 『週刊Crypto Journal』


前のニュースロシアでルーブル担保型の仮想通貨の発行準備進む
次のニュース仮想通貨のATM増加傾向続く、今月中に4,000台到達か
師田賢人
フリーライター。「もろた」と読む。仮想通貨(暗号資産)とブロックチェーン技術を日本一わかりやすく解説する。一橋大学 → コンサル → エンジニア → ライター。2017年にビットコインの論文と出会い衝撃を受け、クリプトの世界に足を踏み入れることに。論理と感性を行き来して言語化することが強み。Official Page:https://w-mokumoku.com