2018年ビットコインや取引所にはどのようなトレンドが見られるのか?

3105

本年も宜しくお願い致します。早速ですが、いくつかビットコインに関して、新年の抱負的なことを書きたいと思います。

ビットコインは上がるのか?

でも、ビットコインより上がる仮想通貨がいくつかある。ビットコインは、なんだかんだ言って順調に上昇しています。

ビットコイン時価総額
参考:https://www.cryptocompare.com/

金との比較記事に書きましたが、1ビットコインが2000万円を超えたとしても不思議ではないと思っています。但しこれは、安易な上昇を暗示することでありませんし、再度、上記の記事を読んでいただきたいと思います。

一方で、ビットコインのに関して、より活発な議論がされることによって、ビットコインと他の仮想通貨の比較がさらに詳しくされると予想されます。そして、いくつかの仮想通貨は、技術的な面で、若干ビットコインより高度な機能を備えている部分があります。

よって、ビットコインよりも、上昇率が高い通貨が現れるかもしれません。しかし、そのビットコインの揺るぎない優位性は、圧倒的な参加者の多さと認知度の高さです。

そして、現在の価格を左右するのは、技術的な側面でなく、心理的な側面だと感じられます。どの仮想通貨も、取引所での売買以外に取引方法がほとんどないことを勘案すると、まだビットコインの方が総合力が高いかと思われます。

ICO後の仮想通貨上場により、取引所の取扱い仮想通貨が増える!?

以前、ビットコインのハードフォーク(分岐)について記事を書きました。

しかし、今後は、取引所で追加される通貨が違う形で増えると予想されます。昨年、急速にICO(Initial Coin Offering)による資金調達が一般化しました。

今年は、ICOによりトークンを発行した企業がそれを仮想通貨取引所に上場させると思われます。ICO(Initial Coin Offering)のほどんどは、詐欺?なのか?っという議論はありますが、結局、取引所で売買できるようにして、買う人がいるならそれを止める力はあまり働きません。

ある程度厳格な日本の仮想通貨取引所は、初期は、積極的にはICOしたトークンの受け入れをしないと思います。一方で、海外の「投資は自己責任ですよ!」っという意識を徹底している一部の取引所は、ほとんどノーチェックでICOしたトークンの受け入れをするものと思います。

なので、2018年は、ほとんど少数の仮想通貨しか扱わない取引所と、数百の仮想通貨を扱う取引所に別れるのではないでしょうか。