2018年のビットコインのトレンドキーワード予測、ダークホースは?

17379

Junya Hirano 平野淳也(@junbhirano

あけましておめでとうございます。

恐らく2018年の暗号通貨業界予想や、価格予想みたいな記事は多くにところで出回っていると思いますので、僕も乗っかりたいと思います。

2018年も、暗号通貨業界では様々なことが起こると思います。

2018年にトレンドキーワード予想

トレンドになるであろうキーワードとしては、まず、Lightning Networkや、クロスチェーンアトミックスワップなどがついに実装フェーズに入ります。

ビットコインのスケーリング問題の解決を大きく前身させるLightning Networkは、すべての結合テストを完了し、ビットコインのメインネットで動かせる1.0RC版のプロトコル実装がリリースされました。

支払いデモ動画がyoutubeで公開されています。

実装は間近です。

2018年上半期にも、いくつかの取引所やウォレットプロバイダがライトニングノードを立て始めるでしょう。

他、Rootstock等をはじめとしたサイドチェーン、オラクルなどは注目しているキーワードで、大きな進歩が見込まれる年になると思います。

また、Lightning Networkが実装したからと言ってもすぐに普及期には入りません。

Segwitのトランザクションがまだネットワークの半分も占めていないことを考えれば、Lightning Networkの普及はかなり時間がかかると予想せざるを得ません。

普及に時間がかかる間、ペイメントプロセッサ等サードパーティーのビジネスレイヤーの取扱いが始まるビットコインキャッシュが存在感を強めるだろうシナリオも予想しています。

ダークホースの仮想通貨キーワードは「筋トレ」

これ以外にもまだトレンドになるであろうキーワードは存在します。

それは「筋トレ」「格闘技」です。

というのも、最近は、世界中でビットコイナーを狙った犯罪が非常に多いです。

直近では、イギリスのビットコイン取引所「EXMO 」の役員が、会社から帰宅中に誘拐にあうとの報道もありました。

参考:Bitcoin exchange chief kidnapped as he leaves work

誘拐されたPavel Lerner氏は、犯人から約1億円の身代金を払って開放されたとのことで、似たような犯罪が非常に増えています。

本当にビットコイナーは気をつけなくてはいけない世界になっています。

これは2018年もますます増えてくると言わざるを得ないでしょう。

このことが意味をすることは何かというと、ビットコインだけでなく、ビットコインを保有をするビットコイナーもまたプロトコルのアップグレードが求められてると言わざるを得ません。

ここから予測できる2018年のトレンドは、ビットコイナーの筋トレがブームになり、護身術や格闘技の習得者も増えるだろうということです。

ビットコイナーの筋トレがブームになってライザップは特需になり、同社の株は、ビットコイン関連株と認知される高騰の可能性もあります。

こういったトレンドは突然始まったものでもなく、2017年から予兆はありました。

その1つは、EthereumのファウンダーであるVitalikを筋肉質にするICO「fit Vitalik」などが挙げられます。

もはや時価総額数兆円の規模に成長し、様々なプロジェクトが走っているEthereumネットワークの開発が、お世辞にも健康そうとは言えない体の持ち主のVitalikに大きく依存していることは、Ethereumにとって大きなリスクで、そのリスクを取り除くために行われたICOです。

同プロジェクトにはしっかりロードマップも公開されています。

ロードマップによると、Vitalikは2018Q3には屈強な体を手にすることになる予定なので、このコラムを読んでいる読者も是非負けずに頑張ってもらいたいところです。

同ICOはなぜか約30ETHを調達完了しました。

すでに筋肉というトレンドは始まっているのです。

いずれにしても、ビットコイナーや、暗号通貨諸氏には、治安や犯罪などには気をつかって過ごすことが懸命です。

本当に犯罪などは多くなっているので、いざという時のために自身のプロトコルをアプデートしておくことが求められるだろうと言えます。

2018年の健康と安全を祈っています。

今年も宜しくお願いします。