6月対応か?「スイカ(Suica)」など電子マネーに仮想通貨チャージ

編集部おすすめ

スイカ(suica) 仮想通貨チャージ

JR東日本は、仮想通貨交換事業者の「ディーカレット」に出資しており、ディーカレットは、3月25日に金融庁に仮想通貨交換事業者として正式に登録された。

スイカ(Suica)は、7500万枚発行されており大手コンビニでも58万店舗で利用が可能。スイカと仮想通貨が連携することで、普及が進むことが期待される。

参考:ANNnewsCH


前のニュースビットコイン(BTC)先物開始予定のバックト(Bakkt)、なぜCFTCの認可が下りないのか?
次のニュースSTOプラットフォームを構想する「ABE GLOBAL」の決め手は各国規制下でのアービトラージ?
コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。