取引所だけじゃない!仮想通貨へ投資できる4つの方法とは!?

8054

編集部ピックアップ

取引所だけじゃない!仮想通貨へ投資できる4つの方法とは!?

五月雨まくら(@samidare_makura)です。

仮想通貨への投資をするとなれば誰もが真っ先に思い浮かべるのは取引所における売買でしょう。確かに、取引所は取り扱い銘柄も多く、買い手と売り手がマッチングしやすいため、望み通りの取引を行える可能性が高いです。しかし、仮想通貨に投資する方法は取引所だけではありません。本記事では、4つの投資方法について解説します。

方法①:仮想通貨取引所(Cryptocurrency Exchanges)

まずはみなさんご存知の仮想通貨取引所です。これは買い手と売り手がリアルタイムの仮想通貨の市場価格に応じて取引を行う証券取引所のように機能するプラットフォームです。日本ではbitFlyerDMM BitcoinZaifなどが有名ですね。

取引所ではあらゆる取引に手数料が必要となります。さらに、仮想通貨同士の取引しか行わない取引所もあればUSドルのように法定通貨と仮想通貨の取引を扱う取引所もあります。CoinbaseのGDAXは前者で、Krakenは後者です。また、取引所の中にはEtherDeltaやKyberNetworkのように第三者が介在しない分散型取引所(Decentrized Exchange)も存在します。

関連:分散型取引所(DEX)とは?国内の仮想通貨取引所との違いを解説

方法②:仮想通貨のブローカー(Crypto Brokers)

これはブローカー(仲買人)によって決められた価格で(オンライン上で)仮想通貨を売り/買い する方法です。日本ではbitbankなどが、海外ではCoinbaseやShapeshiftなどはこのようなサービスを提供しています。この方法はユーザにとってわかりやすい仮想通貨の取引方法です。しかし、それらの利便性をもたらす代償として利用手数料が他の方法より上乗せされます。

方法③:仮想通貨ファンド(Cryptocurrency Funds)

仮想通貨ファンドでは、専門家によって膨大な量の仮想通貨が管理・運用されています。投資家はファンドを通じて直接的に仮想通貨を購入・保有する必要が無く、仮想通貨に対して間接的な方法で分散投資を行うことができます。このような仕組みとしてはGBTCがいい例でしょう。

方法④:直接取引プラットフォーム(Direct Trading Platforms)

これらのプラットフォームでは、買い手と売り手の間で直接取引を行うことができます。基本的に、ここでは市場の固定価格を使用しません。売り手は独自の為替レートを選択、買い手はプラットフォームを介して売り手を探し、店頭取引(OTC:Over the Counter)を行うか、購入レートを選択して、プラットフォーム上で条件を満たすまで待ちます。この方法は、効率的であるとは云えませんが、自分の望むように取引をコントロールできるメリットがあります。

関連:仮想通貨の相対取引が大ブレーク?リスク回避にSkype取引が目立つ

自分にとって最適な取引方法を選択しよう!

以上、仮想通貨を取引できる4つの方法について説明しました。取引所以外でも仮想通貨の売買が行える方法があるということがわかったのではないでしょうか?ただ、どの方法が自分にとって一番良いかを決めることは容易ではありません。なぜなら、利便性や手数料、安全性など数多くのファクター(要因)が判断基準として存在するからです。

それぞれ何に重点を置くかは、投資家によってさまざまです。つまり絶対的な回答はありません。いくつかの方法を試しに利用してみて自分にとって最適な取引方法を探してみましょう。

現在のビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート