仮想通貨の管理方法5つを紹介!その内のひとつ「カストディアン」って知ってる?

4894

編集部ピックアップ

仮想通貨の管理方法5つを紹介!その内のひとつ「カストディアン」って知ってる?

五月雨まくら(@samidare_makura)です。
仮想通貨の世界では日夜セキュリティ問題が発生しています。ブロックチェーン技術は全てのトランザクションを改ざん不可にすることを保証しますが、仮想通貨、特に中央型取引所で取引されるコインはハッカーの攻撃に対して脆弱です。本記事では仮想通貨の管理方法を紹介します。

管理 (Custody)の定義とは?

安全・安心に仮想通貨を管理(Custody)する方法にはさまざまな選択肢があります。SEC(米証券取引委員会)の定義によれば「管理(Custody)」とは「顧客の資金や証券を直接的あるいは間接的に保有しているか、または所有権を得る権限を有する」ことです。

ここから5つの管理の方法を見ていきましょう。

自己管理-ウォレット(Wallet)

一般的に仮想通貨を管理するには「ウォレット」を利用します。これによりデジタル資産を「自己管理」することができ、外部の管理人を必要としません。ウォレットには仮想通貨を受け取るために必要な「公開鍵」と資産にアクセスして送金するために利用される「秘密鍵」が存在しています。

ホットウォレット(Hot Wallet)

「ホットウォレット(Hot Wallet)」はインターネットに常に接続されています。資産にアクセスするためには秘密鍵が必要です。ホットウォレットは取引所にプールされるウォレットよりはセキュリティの高い方法ですが、もしハッカーがみなさんのスマホやPCに外部からアクセスすると管理されている仮想通貨が盗まれるリスクがあります。そのためホットウォレットには少額かつ短期間のみ仮想通貨を保管することをオススメします。

コールドウォレット(Cold Wallet)

「コールドウォレット(Cold Wallet)」はホットウォレットとは異なりインターネット接続がありません。そのためハッキングにより仮想通貨が盗まれる可能性が低くなります。資産を自己管理するのであれば手持ちの仮想通貨のほとんどはコールドウォレットで管理すると安全です。

ペーパーウォレット(Paper Wallet)

ペーパーウォレットはコールドウォレットのタイプの一つです。公開鍵と秘密鍵の詳細がQR形式の用紙に印刷され、安全な場所で管理されます。バックアップとして複数のコピーを作成すると良いでしょう。公開鍵と秘密鍵はブラウザのJavaScriptエンジンで作成されるため、インターネットにブロードキャストされません。(不特定多数に同時に送られないということ)

ハードウェアウォレット(Hardware Wallet)

仮想通貨を専用のデバイスであるハードウェアウォレットに保管します。しかし、ペーパーウォレットとは異なりユーザの秘密鍵はハードウェアデバイスに格納されます。ハードウェアウォレットではユーザが望む時にだけUSB経由でネットワークに接続されます。

委託管理-カストディアン(custodian)

カストディアンとは「証券の受渡及び保管の常任代理人」を意味します。ウォレットで資産を自己管理する場合、ハッキングされたりウォレットを紛失する危険性が存在します。そのためカストディアンに管理を委託すれば資産を安全に管理してくれます。ヘッジファンドなど大量の資金を運用する機関にとっては有力な選択肢になります。

取引所によるカストディ(委託管理)

デジタル資産の委託管理を請け負っている取引所がいくつか存在します。Gemeniはデジタル資産の管理サービスを提供するライセンス付き取引所のいい例です。同社は個人・法人のデジタル資産を独自のコールド管理システムで保管します。

カストディ(委託管理)の専門機関

カストディの専門機関は取引所の一部のサービスでくデジタル資産の委託管理を専門に行っている機関です。ハッキングリスクは更に小さくなり、業績による破産の心配も基本的にはありません。

ガバナンスの視点からみると、取引の実行と委託管理プロセスがはっきりと区分けされていると投資家と専門機関のどちらにとってもメリットがあります。たとえ、専門機関の委託管理の手数料が高価であっても利用する価値はあるでしょう。手数料は通常、管理する資産の0.50%~1.00%です。

デジタル資産管理方法の未来

仮想通貨市場が今後も注目を浴びていき、監査当局がデジタル資産を管理するための要件を明確にするにつれて、資産の委託管理の需要が急速に高まると想定できます。マッキンゼー(米国を拠点とするコンサルティング会社)によれば「将来的には証券会社がデジタル資産の委託管理で重要な役割を果たす」ということです。今後のトレンドを注視する必要がありますね。

関連
ビットコインウォレットの仕組み
仮想通貨のペーパーウォレットを使うメリットとは?5ステップで簡単作成!

参考
Bravenewcoin