仮想通貨に投資した人の70%が儲かっている事実!利益を出している人の特徴とは?

編集部おすすめ

仮想通貨に投資した人の70%が儲けている事実!利益を出している人の特徴とは?

ここ最近ビットコイン(BTC)や仮想通貨、暗号資産という言葉をよく耳にするという人も多いのではないでしょうか?

それと同時にビットコインで儲かったという話は聞くけど、本当かどうか疑わしいという人もいると思います。

結論から言うと、仮想通貨はまだ儲かる可能性が高いと言えます。

なぜなら、当サイトが行った仮想通貨への投資経験を持つ人を対象に行ったアンケート調査では、約70%の人が仮想通貨投資で利益を出していました。

今回の調査を通じて分かった仮想通貨で利益を出している人の投資スタイルやコイン、人気の取引所なども解説します。

\最短5分で申込み完了/

まだ仮想通貨で利益を出すチャンスはあり!約70%人が儲かっていると回答

結論から言うと、仮想通貨への投資で儲かるチャンスはあると言えるでしょう。

なぜなら今回のアンケート結果で、69%の人が仮想通貨の投資で利益を出していることが分かったからです。

利益は、24%の人が1万円未満、ついで23%の人1万円~10万円未満の利益でした。また10万円以上の利益を出している人は22%いました。中には1,000万円以上の利益を出しているという回答もありました。

逆に仮想通貨への投資で損失が出ている人の中で、最も回答が多かったのがマイナス1万~10万円の損失で14%でした。

人気の通貨はビットコイン(BTC)

今回の調査で、最も人気のある通貨はビットコイン(BTC)で65%の人が保有していました。
次に人気だった仮想通貨は、イーサリアム(ETH)とリップル(XPR)で、ともに9%で2位となっています。

今回の調査では、仮想通貨の保有者はやはりビットコインをメインの投資先としていました。

\ビットコインを買うなら1番人気の取引所/

今後も仮想通貨への投資を続ける人が多数

2020年から21年にかけてビットコインの価格は大きく値上がりし、バブル相場だという意見もあるため、これから投資するのはリスクが高いのではないかと思う方もいるかもしれません。

しかし、2021年3月に行ったアンケートでは、81%の人が今後も仮想通貨への投資を続けると回答しました。

一方で、「今後も仮想通貨への投資を続けますか?」という質問に「いいえ」と回答した人の割合は19%でした。

今後も仮想通貨への投資を続けるつもりの人と、もう仮想通貨へは投資しないとする人はそれぞれどのような理由があるんでしょうか?それぞれの意見を紹介します。

【今後も投資を続ける人の意見】

「長期投資を想定して購入しているため、ある程度の値動きでは売却しません。長期的にはまだまだ成長が見込める分野なので、期待感を持って投資を継続したいと考えています。」
20代男性会社員(損益額:プラス100万円~500万円)
少額から始められ、今から他の投資を考えるよりも、仮想通貨への投資を継続した方が効率的だと思います。
30代男性会社員(損益:プラス1万円~10万円)
調整や暴落による損失やデメリットもあるが、大体は寝ているだけでお金が増えていくというメリットがあるから。
20代・女性・自営業(損益:プラス1万円~10万円)

【続けない人の意見】

今は一番話題になっているので、ここらへんが引き際だと考えています。
20代男性会社員(損益:プラス50万円~100万円)
株式と違い、配当があるわけでないので、金融バブルによる投機だと思うから
60代男性(損益:プラス1万円~10万円)

仮想通貨で儲けるためのヒントは「長期投資」にあり

仮想通貨で利益を出すための投資スタイルは「長期投資」が良さそうです。

なぜなら今回のアンケートで通算の利益が「10万円以上」の人の投資傾向を調査したところ、仮想通貨で儲かっている人の41%が「長期投資」でした。

次に多かったのが39%で「中期投資」、最も少なかったのが20%の「短期投資」でした。

一方で通算の損益がマイナスの人の56%が「短期投資」と回答していました。

損失を出してる人の投資スタイルは、利益が出ている人と真逆の傾向にあることが分かりました。

仮想通貨への投資は長期目線で考える方が利益を出せる可能性が高いと考えられます。

仮想通貨投資で儲けるために知っておきたい3つの仕組み

仮想通貨で利益を出す方法は主に3つの方法があります。

仮想通貨に関連する利益を出す方法はマイニングやステーキングなどさまざまな方法があります。今回は初心者でもできる3つに絞って紹介します。

①シンプルな仮想通貨の現物取引

最もシンプルなのが「現物取引」です。その名の通り、ビットコインをはじめとする仮想通貨を購入して保有する方法です。価格が安い時に買って、高くなったタイミングで売却すると利益がでます。例えば、1BTCが100万円の時に買って、1BTCが150万円になった時に売れば差額の50万円が利益になるわけです。

現物取引を行う場所は、販売所と取引所の2つがあります。詳しい違いはこちらの「知らないと損する?ビットコインの取引所と販売所の違い」をご覧ください。

②短期トレードにオススメのレバレッジ取引

レバレッジ取引とは、元手となる資金の何倍かの金額のトレードができる仕組みです。仮想通貨の場合は価格変動が大きいこともあり、レバレッジ取引の倍率は最大2倍と決められています。レバレッジ取引で大きな利益を狙いたいという方は、ある程度まとまった資金を準備してから始めることをおすすめします。

レバレッジ取引についてさらに詳しく知りたい方は、「ビットコイン(BTC)FX・レバレッジ取引は儲かる?初心者に向けて解説!」をご覧ください。

③長期で保有するならレンディング・貸仮想通貨がおすすめ

仮想通貨の長期保有を考えている人におすすめなのが、「レンディング」という方法です。日本語では「貸仮想通貨」とも言われるこの方法は、自分が保有する仮想通貨を一定期間預けることで金利を得ることができる仕組みです。

例えば、年率5%のレンディングサービスに1BTCを1年預けると、1年後に金利として0.05BTCが増えて、1.05BTCになって戻ってきます。仮に1BTCが100万円だと、1年後に105万円にもなります。

もし1年間の間にビットコインの価格が上昇した場合、1年後に1BTCが200万円になっていれば、同じ0.05BTCの増加でも円換算した場合は10万円の増加です。ただし、ビットコイン価格変動は激しく下落することも頭に入れておきましょう。

レンディングにおすすめの3つの仮想通貨取引所

取引所名 対応通貨 年率と貸出期間
コインチェック 15通貨 1%/14日、2%/30日、3%/90日、4%/180日、5%/365日
GMOコイン 12通貨 1%/1カ月、3%/3カ月
BITPOINT 6通貨 2%/30日(再貸出しの場合)※初回は募集毎に異なる

儲かっている人の間で人気の仮想通貨取引所は「ビットフライヤー」

仮想通貨への投資で利益が出ている人の間で最も人気のあった取引所は「ビットフライヤー(bitFlyer)」でした。

また多くの人が仮想通貨取引所を選ぶ基準として「信頼・安全」を重視していることが分かりました。

人気の仮想通貨取引所TOP3

1位の「ビットフライヤー(bitFlyer)」をメインの取引所として利用している人の割合は29%でした。続く2位が23%で「コインチェック(Coincheck)」、3位が「GMOコイン」という結果でした。

\1番人気の取引所/

取引所を選ぶ際に重視すること

最も多くの回答を集めたのが31%で「信頼性・安全性」でした。仮想通貨を始めるに当ってハッキングは最も気にすべきリスクの1つです。そのため、きちんとセキュリティ対策に取り組んでいることを重視するのは自然な結果でしょう。

次に多かったのが22%で「キャンペーン」です。それぞれの取引所で独自のお得なキャンペーンを開催していることが多く、口座開設をする際にはどのようなキャンペーンを実施しているか確認するのをオススメします。

まとめ

いかがでしたか。今回のアンケートでは、70%の人が仮想通貨への投資で利益を出していることが分かりました。これまで仮想通貨は危ないという漠然としたイメージを持っていた人は、少しはその印象が変わったのではないでしょうか。

また、仮想通貨で儲かっている人は長期投資の傾向があり、逆に損失を出している人ほど、短期投資の傾向にあることも今後の仮想通貨の投資を考えている人の参考になると思います。

noteでもとっておきの仮想通貨情報を配信しています(一部有料含む)


前のニュースビットコイン(BTC)と共倒れか?マイクロストラテジー社の株価が危険な水準に
次のニュース日本発のレイヤー2のNFTマーケットプレイス「nanakusa」がローンチ
コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。