ICOに代わるエアドロップ(AirDrop)の利点とは?Waves(ウェーブス)の成功例などから探る

編集部ピックアップ

ICOに代わるエアドロップ(AirDrop)の利点とは?Wavesの成功例などから探る

時価総額約2億5000万ドル(執筆時点で47位)のカスタムブロックチェーントークンであるWaves(ウェーブス)は、エアドロップ(AirDrop)する最も効率的で低コストのプラットフォームに変身したといわれています。変身できた理由は、その最新鋭のインフラストラクチャーと独自のスケーリング(拡張)ソリューションおかげでしょう。

ICO(initial coin offering)は、特に2017年以来、仮想通貨空間を支配する勢いでしたが、規制強化によって、ICOの全盛期は去りつつあるとの見方が出ています。これに取って代わって、エアドロップが業界で再評価され、注目されています。

「空からコインが降ってくる」エアドロップが再評価

エアドロップ(AirDrop)とは、文字通り「空から投げ落とす」の意味です。トークンをエアドロップするには、2つの方法があります。1つは受け取り側が知らないうちに突然エアドロップする方法、もう1つが事前に発表し、受取人が何らかの形でそれを受け入れる方法です。

仮想通貨の世界にあるエアドロップは、ユーザー基盤と活発なコミュニティーの両面を即座に取得できる可能性があり、新たなユーザー集団に新規トークンを配布して、結果的にユーザーを広げる戦略として再評価されています。

エアドロップはこれまで、多くのフォーク(分岐・分裂)の中で実行されてきました。その代表的な例がビットコイン(BTC)から分裂したビットコインキャッシュ(BCH)であり、新しいブロックチェーン上で共通のプライベートキーとアドレスを利用して、従来のビットコイン(BTC)所有者に無料で1対1の比率でエアドロップされたのが始まりです。

エアドロップされるWavesトークンのトランザクション能力に注目

2018年に入って、エアドロップは大きく変化し始めています。今注目されているトークンの1例がWaves(ウェーブス)です。

Wavesは、Waves NGと呼ばれる堅ろうな合意形成アルゴリズム(Comsesus algorithm)が特徴で、極めて短時間に数十万トランザクションを処理することができます。開発者によると、1日に世界最速の1000万トランザクションを処理できるとのことです。Waves NGの処理手数料が、僅かに0.001WAVES(執筆時点約0.005ドル)も魅力です。

Wavesは、そのスケーラビリティと高い処理能力のおかげで、大規模エアドロップを実行するのに最も適したプラットフォームの1つとされています。Wavesは仮想通貨Nxt(ネクスト)からフォークした分散型台帳型の金融取引プラットフォームです。Ethereumと同様のスマートコントラクト機能やメッセージング、クラウドストレージなどの機能を備えています。

ICOが規制されてもエアドロップは合法で生き残る可能性

エアドロップは特に2018年に入って戦術から戦略に変わろうとしています。何かとトラブルが目立つICOを避けて、無料でパブリックトークンを配布するやり方は、ICOが厳しく規制された場合でも、恐らくですが合法な手段として生き残る可能性があります。

ICOは投資家にとって、本来リスクが大きいことで知られています。エアドロップはそれに代わる手段として注目されましたが、その人気上昇の主たる理由は、マーケティングの側面です。より多くの投資家が関心を抱き、ICOに比べて人気が高まる潜在的可能性があります。ソーシャルメディアで共有されて人気が高まれば、エアドロップされたトークン発行プロジェクトは瞬く間に広がる可能性がります。

将来性のあるエアドロップを一目で発見できるサイト(Airdrop Addict や Airdrop Alert)があります。※これらがエアドロップがどれほどあり、どのような 価値(価格)を生んでいるか、特に調査した数値はありません。

今や多くて月間数百のエアドロップがあるそうです。そんなエアドロップも、詐欺行為のリスクは避けられません。エアドロップに金銭もしくはプライベートキーを不用意に送り返すことだけは避けて、十分見極めてください。

関連
仮想通貨が無料でもらえる仕組み「エアドロップ(Airdrop)」に参加するための7つのヒント

参考
Globalcoinreport
Financemagnates

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット