2018年注目の「ブロックチェーン×AI(人工知能)」プロジェクト6選

4149

2018年注目の「ブロックチェーン×AI(人工知能)」プロジェクト6選

五月雨まくら(@samidare_makura)です。

ブロックチェーンとAI(人工知能)を組み合わせるプロジェクトは数多く存在します。これらの中には、AIという人気のあるワードを取り入れて評価を得ようとするだけで、一体どこにAIが利用されているのかわからないモノもたくさんあります。

それらを一つ一つチェックしていくのは手間がかかるだけではなく、どのプロジェクトが有望か判断するコトは簡単ではありません。この記事では、2018年注目のAIプロジェクトを6つ紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

SingularityNET

SingularityNETは、世界中の誰もがAIサービスを作成、共有、収益化することができるフルスタック分散プロトコルです。

SingularityNETは、機械学習(Machine Learning)とブロックチェーンに長けたチームにより開発されており、AI技術の民主化を目指しています。SingularityNETによって、AIアルゴリズム、サービス、エージェントのグローバルネットワークは、世界中の人々に開かれています。

SingularityNET出典:SingularityNET

MATRIX

MATRIXのプラットフォームは、ビジネスの課題を解決するために、最新のAI技術を活用することによって、新しい世代のブロックチェーン技術を先導します。

MATRIXは、ブロックチェーンとAIを融合させ、トランザクションを高速化します。また、悪意のある攻撃に対する強力なセキュリティを備えて、ユーザに幅広い機能を提供します。

MATRIX出典:MATRIX

Peculium

Peculiumは、現在の貯蓄経済(Savings Economy)と仮想通貨市場をシームレスに接続して、AI、機械学習、ビッグデータおよびEthereumのスマートコントラクトを活用した独自の貯蓄プラットフォームを作成します。

Peculiumは、伝統的な経済と新時代の(暗号)経済の橋渡しとして効果的に機能、双方に対して利益をもたらすという点でユニークなプロジェクトです。

Peculium出典:Peculium

AUTONIO

AUTONIOは、ウォール・ストリートの自動高頻度取引産業(automated high-frequency trading industry)の長年の知識を利用して、仮想通貨のトレンドに関する優れた分析から売買シグナルを生み出す、初の分散型AI駆動取引ロボットであるといいます。

AUTONIOでは、時間や価格、注文や数量などの市場行動を分析する取引ボットとアルゴリズム取引を使用しています。AIを活用して仮想通貨取引を行うことに興味がある人はチェックしてみると良いでしょう。

AUTONIO出典:AUTONIO

AdHive

AdHiveは、スケール容易かつグローバルな広告の未来を見据えたAIベースのマーケティング・プラットフォームです。AdHiveでは、AIを利用して広告配置を完全に自動化、スマートコントラクトにより支払いの実行を指示します。Adhiveは、ネイティブ広告の新しい標準を確立することを目指しています。

AdHive出典:AdHive

DateCoin

DateCoinは、オンラインデート市場への参加者を増やすためのグローバル戦略に基づいて、新しいデートサービスを提供することでイノベーションを起こすことを目指しています。

DateCoinは、ブロックチェーン技術を利用して、オンラインデート産業における問題の1つ、ユーザの身元確認に取り組みます。誰も、なりすまし業者やボット(Bot)の相手をすることで時間を無駄にしたくはないですよね?DateCoinは、AIをニューラルネットワーク(人の脳内にある神経細胞とそのつながり)と融合させることで、このような望ましくない経験を防止します。

DateCoin出典:DateCoin

以上、2018年注目のAIプロジェクトを6つご紹介しました。投資などのご参考にどうぞ。

関連
ブロックチェーン技術とAI/ML(人工知能と機械学習)の相乗効果は計り知れない…
MoxyOneとは?仮想通貨が普段の生活で使われるためのプロジェクト

参考:NewsBTC