仮想通貨を決済手段と認めるようAmazonに求める署名が1万件以上集まる

編集部おすすめ交換所

仮想通貨を決済手段と認めるようアマゾンに求める署名運動が話題に

これまで仮想通貨の取り扱いを行ってこなかったアマゾン(Amazon)に変化を求める声が集まっている。オンライン署名サイトの「Change.org」で、アマゾンのCEOジェフ・ベゾス氏(Jeff Bezos)にドージコイン(DOGE)を決済手段として認めるよう求めるキャンペーンに1万2000件以上の署名が集まっている。

「仮想通貨を決済手段として認めるべき」と主張

同キャンペーンの発起人は、「現在アマゾンは仮想通貨を決済手段として認めておらず、銀行口座を所有していいない多くの人を排除している」と主張し、イノベーションを起こす企業としてドージコインを受け入れるよう求めている。

また、「ドージコインは早くて安く、価格が安定している。他の主要な仮想通貨と比較して 取引手数料も安価で、供給量も多く、活発な大きいコミュニティが成長を遂げている。今こそアマゾンは、ドージコインの力を知り、決済手段として認めるべきだ」と述べている。

支持者からは「アマゾンにとっても有益なはず」との声

キャンペーンの賛同者中からは、「ドージコインを受け入れることでアマゾンは、新しい市場に参入することができ、アマゾンの投資家たちにも有益になことだ」といったコメントや、「銀行口座を持たない人だけでなくアマゾンにも利益がある」といった意見が集まっている。

昨年11月にはアマゾンが3つの仮想通貨に関するWebドメインを取得していることが判明し、決済手段として仮想通貨が受け入れられるかもしれないとの期待が高まっていた。その一方で、ベゾス氏はアマゾンで独自の仮想通貨を発行するまで仮想通貨を決済手段として受け入れいないのではないかといった見方もある。

関連
大手企業Microsoft(マイクロソフト)とAmazon(アマゾン)のブロックチェーンに対する取り組み
Amazon仮想通貨参入?イーサリアムなどのドメイン取得

参考
Null TX
Change.org

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット