AmazonとConsensysが提携、イーサリアムブロックチェーン利用の「kaleido」を開発へ

編集部おすすめ交換所

センタリング

海外大手仮想通貨関連ウェブメディアの一つである、Coindeskが毎年ニューヨークで開催しているイベント、「consensus(コンセンサス)」。仮想通貨の基幹技術である、ブロックチェーン関連サミットであり、今年で4度目の開催となる。

2018年は5月14日~16日の計3日間の日程で開催され、期間中250人以上の専門家によるプレゼンテーションが行われ、延べ4,000以上のブロックチェーン関連スタートアップ、投資家、金融機関が参加した。

2018年consensusの2日目である、5月15日火曜日に世界最大規模の、イーサリアムブロックチェーン研究を行うフィンテック関連企業Consensys社、イーサリアム社のCo-founder(創設者)であるジョセフ・ルビン(Joseph Lubin)氏が登壇、EC世界最大手アマゾンのクラウドベースITインフラサービスであるAWS(アマゾンウェブサービス)との提携を発表した。

AmazonとConsensysが新たなブロックチェーンサービスkaleidoを設立

両社が共同で設立することになったのが、新たなブロックチェーンプラットフォームサービス「Kaleido(カレイド)」だ。まだ明確なサービス内容が発表されたわけではないが、イーサリアムのブロックチェーンをベースとしており、同発表によれば、技術の企業使用をスピードアップし単純化するためのオールインワンブロックチェーンプラットフォームになるという。

仮想通貨の基幹技術であるブロックチェーンは新たなソリューションとして、注目を集めている。だが、ブロックチェーン技術の導入を検討しつつも、技術的、コスト的な問題から導入を断念する企業は多い。

Kaleidoの創設者の一人である、スティーブ・チェルベニー(Steve Cerveny)氏は米ニュース専門局CNBCのインタビューに対し、こう語っている。

「Kaleidoは企業にブロックチェーンを導入するためのシンプルなプラットフォームを提供する。このことによって企業はブロックチェーンの導入に際して、博士号を持つような高度な技術者を雇い入れる必要はなくなる」

進む企業向けブロックチェーンソリューションの開発研究

Amazon社は2016年頃から、ブロックチェーン関連新興企業と提携を結ぶなど、企業へのブロックチェーンソリューションを提供できるパートナーを求めてきた。Consensys側も、2015年にMicrosoft社のクラウドプラットフォームであるAzureと提携、イーサリアムをベースとしたBaas(ブロックチェーンアズサービス)の研究開発を進めている。

今回の提携発表はAmazonの思惑、そして、Consensysの研究開発を実際にサービスという形で実現するための大きな一歩になったと言えるだろう。アマゾンウェブサービスはConsensys以外にも、複数企業にまたがる、ブロックチェーンコンソーシアムであるHyperledgerのSawtooth、R3のCordaの両プラットフォームもサポートしているだけでなく、前述のMicrosoft社とも連携を図っている。

こうしたつながりが、今後どのように生かされていくのか注目していく必要があるだろう。

関連:大手企業MicrosoftとAmazonのブロックチェーンに対する取り組み

参考
CNBC
coincentral

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット