アマゾン火災で米団体がビットコイン(BTC)など仮想通貨での寄付募集

編集部おすすめ

アマゾン火災で米団体がビットコイン(BTC)など仮想通貨での寄付募集

南米のアマゾンで拡大する森林火災の問題を受け、アメリカのニューヨークに拠点を置くレインフォレスト・ファンデーション(Rainforest Foundation)が9月4日、仮想通貨コミュニティーに対して支援を呼び掛けた。

ビットコイン(BTC)など4通貨での寄付求める

レインフォレスト・ファンデーションのウェブサイトでは現在、ビットコイン(BTC)とライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)のアドレスを公開して、寄付を募っている。その他の仮想通貨での寄付を希望する場合は、メールでの問い合わせに応じている。

今回のビットコインなどでの寄付受付開始は、非営利団体が仮想通貨での寄付を簡単に受け入れることを目指すザ・ギビング・ブロック(The Giving Block)とのパートナーシップにより実現した。

レインフォレスト・ファンデーションは仮想通貨を利用する理由として、同団体が仮想通貨との関わりがあると説明している。発表によると、同団体は2014年5月にビットシーズ(BitSeeds)という仮想通貨を開発。このコインはビットレックス(Bittrex)に一時上昇されたが、最終的には上手くいかなかったことを同団体は認め、引き続き仮想通貨とブロックチェーンの活用方法を模索していたと報告している。

ブロックチェーンを活用したパイロットプログラムも始動

またレインフォレスト・ファンデーションは、レーゲン・ネットワーク(Regen Network)と協業しブロックチェーンを活用したパイロットプログラムを開発中であることを発表。このプログラムでは、寄付者はアマゾン熱帯雨林での同団体の活動を追跡できるようになり、森林を守る地元コミュニティーには仮想通貨で報酬が支払われるという。

同団体で事務局長を務めるスザンヌ・ペルティエ(Suzanne Pelletier)氏は、「私たちには革新的な解決策が必要で、仮想通貨ユーザ以上に革新的な人はいない」とのコメントを発表している。

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

参考
CRYPTOCURRENCY “HODLERS”: THE AMAZON RAINFOREST NEEDS YOU

【こんな記事も読まれています】
不要な服を寄付して仮想通貨がもらえる、カナダのチャリティー団体サービス拡大
「ビットコイン・ベイビー」、両親がBTCで学費の寄付求める
ユニセフ(UNICEF)が6つのブロックチェーン・スタートアップ企業に10万ドル投資