マイニング企業アルゴ(Argo Blockchain)社、ロンドン証券取引所上場へ

3410

マイニング企業アルゴ(Argo Blockchain)社、ロンドン証券取引所上場へ

世界で最も歴史が長い証券取引所であるロンドン証券取引所(LSE)は、会員制マイニング企業アルゴ・ブロックチェーン(Argo Blockchain:以下アルゴ)社の上場を許可した。

アルゴ社は何故、証券取引所上場したのか?

6月11日(月)、アルゴ社の表明によると、同社は証券取引所上場後の新規株式公開(IPO:未上場の企業が証券所に上場し株式を売ること)によって、2,000万ポンド(約30億円)の出資を募った。そしてそれが将来4,000万ポンド(約60億円)に相当すると予測している。今年初め、既に個人投資家からの出資で190万ポンド(約2.7億円)の資金調達をしている。

この企業は、2週間前にUK Listing Authorty(イギリスの上場所轄機関)から、株式公開の許可を受けたのだ。アルゴ社の共同創設者兼経営者であるJonathan Bixby氏は今回の件に関して、アメリカのビジネスニュースサイト「ビジネスインサイダー」(Business Insider)に以下のように語った。

「私たちがロンドンの取引所を選んだのは、ロンドンがグローバル社会における金融技術の中心地となっているからです。ロンドン証券取引所での上場によって、アルゴ社に実体と信憑性が付き、さらにグローバル資本にも手が伸ばせるようになりました。このことは、アルゴ社を更なる発展へと導き、長い期間にわたって金融技術業界でリーダーシップを取り続けることになるでしょう。」

アルゴ社は、月会費25ドル(約3000円)で会員のコンピューターに演算能力を新たに提供し、アルゴ社のマイニング装置を使って4種の仮想通貨(ビットコインゴールド“BTG”、イーサリアム“ETH”、イーサリアムクラシック“ETC”、Zcash“ZEC”)のマイニングを遠隔操作でサポートする事業を展開している。

この動きは、仮想通貨業界の前進を象徴するものである。この業界は従来まで金融業界とは幾分違った収益構造を持っていると見なされていたのだが、現在では着実に自信を付けていき、社会にも認知され始めている。

仮想通貨マイニング企業:アルゴ社とは

2017年に設立したアルゴ社は、クラウド上で仮想通貨のマイニングを行う企業であり、会員制のビジネスモデルを採っている。この企業は、個人による仮想通貨のマイニングをサポートする目的で設立された。

この背景にあったのは、演算能力を上げるアプリ特化型集積回路(ASICs)の普及とマイニングの効率を上げる集団マイニング(マイニングプール)方式の主流化である。この2つの要因によって、マイニングの難易度とそれに必要な演算能力が引き上げられ、個人でのマイニングがより困難になっていたのだ。

Bixby氏自身、このスタートアップ企業は仮想通貨のマイニングを、高性能なサーバーと大量の電力を扱える少数の技術者だけでなく、大衆向けのサービスとして利用可能にしたいと述べている。

「仮想通貨のマイニングは、その9割以上が少数のエリートによって企業規模で行われています。なぜなら、マイニングは技術的に難しく一般個人が扱える代物ではないからです。また、マイニングを始める初期費用も非常に高く、必要なハードウェアも1台あたり5,000ドル(約55万円)もします。私たちは仮想通貨サービス界のAmazon(世界大手通販サイト)になりたいと考えています。」

この企業の運営はカナダのケベック州で行われている。なぜならこの州は、水力発電による電力が非常に安く、また冷涼な気候で機器を冷却でき、運営コストを大幅に削減できることから、マイニングを行うのに最適な場所として注目を浴びている場所だからである。

さらに、アルゴ社が現在ターゲットとしている市場はヨーロッパ、北米、オーストラリアである。そのため、この企業は、アイスランドや中国にもマイニングの運営を拡大させる予定だ。また、再生可能エネルギー、もしくは水力や太陽光からの電力のみを運営に利用する計画も立てている。

「仮想通貨のマイニングは綺麗な電力で行うべきだ」とBixby氏は述べる。

アルゴ社の共同創設者によると、この企業はアイスランドで急成長を遂げているジェネシス・マイニング(Genesis Mining)社のビジネスモデルを模倣しているとのことだ。この企業は3年前にマイニングの遠隔サービスを提供し、今では200万人のユーザーを抱えている。アイスランドの首都レイキャビクに拠点を置くこの企業は、会費179~3,975ドル(約3000円~44万円)の3年契約をとっており、現在では6~8か月まで予約が埋まっている。

マイニングサービス企業は、決してアルゴ社とジェネシス・マイニング社だけではない。その他、ハイドロマイナー(Hydrominer)社のようにロンドン証券取引所の上場を噂されている企業も出てきている。アルゴ社はこれらのライバル企業から抜きん出る為に、株式公開に踏み出したのだ。

※日本円レートはすべて執筆時点の数値

関連:タイ証券取引所、ブロックチェーン利用のクラウドファンディング・プラットフォームを運用開始

参考:NEWS BTC