ASローマのファントークンが販売開始、練習場の名称についての投票へ

編集部おすすめ

ASローマのファントークンが販売開始、練習場の名称についての投票へ

イタリアのサッカーチームであるASローマが2月11日、仮想通貨チリーズのプラットフォームであるソシオスドットコムを通じて独自のファントークンである「$ASR」の販売とファントークンを利用した投票を開始したことを発表した。

ASローマ第1回投票テーマは練習場の名前

$ASRを使ったASローマの第1回目の投票テーマは、現在トリゴリアトレーニングセンターと呼ばれている練習場の新名称である。クラブ初期の5人である以下の偉人の名前が候補として挙げられている。

  • ギド・マセッティ
  • アッティリオ・フェラーリス
  • アメデオ・アマデイ
  • ペドロ・マンフレディーニ
  • アルド・マルデラ

ファントークンを使った投票は、ブロックチェーンに登録されるため結果は透明性があり変更できない。また今回の投票はバインディングという投票オプションで、クラブは投票結果を遵守することを約束している。

なお今回の投票は3月11日までを期限としており、最大200$ASRまで個人の影響力を高めることができる。$ASRは投票に使用しても消費されることはない。

$ASRはソシオスドットコムの提供している同名のアプリ内で購入可能であり、ファントークンオファリング(Fan Token Offering:FTO)の期間は約2ユーロに固定される。$CHZの為替レートは変動するため、約2ユーロになるように調整が行われる。

ファンは投票に参加することで報酬ポイントを獲得し、ユニークな経験やクラブ限定商品を獲得する機会が与えられる。体験には、ローマのホームスタジアムであるスタディオ・オリンピコのVIPエリアでの観戦、チームやクラブの伝説のスターと出会うチャンスが含まれている。

「クラブの過去の英雄を不滅にする素晴らしい機会」

ソシオスドットコムのアレクサンドレ・ドレイファス(Alexandre Dreyfus)最高経営責任者(CEO)兼創設者は今回の発表に関して、「世界中のローマのファンは今、クラブの過去の英雄を不滅にする素晴らしい機会を得た」とコメント。

また同氏は、「ASローマのレガシーの一部を作り上げると言っても過言ではない今回の投票第一弾は、$ASRファントークンがクラブとサポーターの距離をいかに縮めることができるかの良い例になることでしょう。$ASRファントークンによって、サポーターの皆さんはクラブチームと新たな形で関わることができるだけではなく、心が躍る特別体験や報酬を手に入れることもできます」と述べている。

参考
・SOCIOS LAUNCHES POLL FOR FANS TO DECIDE NAME OF CLUB’S TRAINING PITCH!

【こんな記事も読まれています】
仮想通貨チリーズがスポーツ&エンターテイメントの仮想通貨取引所をローンチ
チリーズのプラットフォームソシオスドットコムのアプリでファントークンの獲得可能に
仮想通貨チリーズの発行するユベントスファントークンによるゴール祝福曲の投票が開始

文:かにたま


前のニュースカイバーネットワーク(Kyber Network)における月間取引量が過去最高に
次のニュース暗号資産(仮想通貨)規制に関するメディア共同文書ならびにパブリックコメント支援のお願い
コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。