オーストラリアで初めて「仮想通貨フレンドリー」の観光都市が誕生したと話題

編集部おすすめ交換所

オーストラリアで初めて「仮想通貨フレンドリー」の観光都市が誕生したと話題

ブリスベン国際空港の北に5時間ほどのクイーンズランド州に位置するビーチタウンであるアグネス・ウォーターは、オーストラリアで最初の「仮想通貨フレンドリー」な観光都市であることを宣言した。わずか2000人ほどの住人にも関わらず、30をこえる企業がアグネス・ウォーターでの支払い方法として仮想通貨を受け入れた。

仮想通貨を観光促進の為に活用するアグネス・ウォーター

今回の街(アグネス・ウォーター)が仮想通貨を受け入れるという決定は、地元の不動産業者のゴードン・クリスチャン氏の原案だと報じられている。

クリスチャン氏が初めてビットコインに関心をもったのは、顧客にビットコインの支払い方法について尋ねられたときだったという。そしてそのすぐ後にブリスベン空港が仮想通貨決済を受け入れると発表したことを受け、彼の関心はさらに高まった。

関連:空港でもビットコイン(BTC)が使える?ブリスベン空港の試み

仮想通貨は「考えてみる価値のあるものだと思っていた」とクリスチャン氏は話す。彼はまず、いくつかの企業とこの話を共有したところ、その企業は前向きな姿勢だったいう。その時話した企業らは、旅行客が仮想通貨の支払い手段を認知しており、興味があると考えた。さらに、優秀な企業10社が仮想通貨を採用しようとすぐに決断したことで、この取り組みは始まった。

仮想通貨の支払いのサポートが地元の企業で急速に進む

彼は、仮想通貨の支払いを受け入れている会社が急速に伸びていることを言及している。そして、もともとアグネス・ウォーターのビジネスで考えられていた通り、クリスチャン氏は街を「デジタル旅行者」に向け、観光関連を強化すべく調整していきたい旨と述べている。

「どうしたらこの街に観光客がにくるようになるでしょうか。案として、私たちは観光地へと案内するためのシャトルサービスを駅や空港から運用できるかどうか検討しています。そして、彼らがどこへ滞在し、ここに来たら何をするのかについて真剣に考えています。」

既に、31の地元企業(リゾート、旅行会社、レストランや、地元のパブなど)が、アグネス・ウォーターでの仮想通貨決済を受け入れている。

世界各国の観光客がアグネス・ウォーターを訪れる

仮想通貨を受け入れているこの街は、Travelbybi社(旅行客に仮想通貨が使える旅行サービスを提供する会社)が提供しているサービスによって支援されている。この会社の最高経営責任者(CEO)であるCaleb Yeoh氏は、2017年11月にクリスチャン氏がブリスベン空港の仮想通貨決済に関するPOSアプリケーションの公開に注目した時期から、この取り組みを支援するために動いていた。

Yeoh氏は仮想通貨の可能性について下記のように語った。

「世界中を旅する旅行者の場合、複数の通貨を扱う必要があるため、為替レートに混乱することや、時にはATMを見つけることに苦労すること、そして外貨両替業者に騙されることもあるかもしれません。しかし、ビットコインのような仮想通貨による決済は、これらの問題を解決します。」

続けて同氏は、仮想通貨の決済を導入する理由を述べた。

「この街は一部の観光客に着目するニッチな戦略を採用しました。仮想通貨を使用する人たちは、いわゆる社会運動のようなものであり、彼らはそれを信じている。そして、仮想通貨を使用できる場所をサポートするでしょう。だからこそ、この街が仮想通貨の決済を可能としたことは、多くの国から観光客を呼ぶことのできる意味のあることなのです。」

(翻訳者:RAVA)

参考:Bitcoin.com

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット