コインチョイス編集部 (2ページ目)

コインチョイス編集部の記事一覧
コインチョイス編集部の仮想通貨に関するコラムを掲載しています。

英金融グループ最大手バークレイズがブロックチェーン活用で3特許申請

英金融グループ最大手バークレイズがブロックチェーン活用で計3特許申請へ

英国の金融グループ最大手バークレイズ(Barclays)が先日、デジタル通貨の送金とブロックチェーン技術を利用したデータ保存に関する2つの特許を申請した。また、同日にもう1件ブロックチェーン関連システムの特許を申請。これら3件の内容を紹介。
仮想通貨の取引事業者(Binanceなど)が、銀行業を開始する動き目立つ

仮想通貨の取引事業者(Binanceなど)が、銀行業を開始する動き目立つ

仮想通貨の取引関連企業(Binance、coinbase、Litecoin財団、Circle等)で、銀行業を開始しようとする動きが目立ち始めている。どの企業も新たなビジネスモデルを確立しようと必死である。本稿では各企業の動向を追ってみた。
米トランプ大統領の元側近バノン氏が「ポピュリスト運動を高めるユーティリティトークン」発行へ

米トランプ大統領の元側近バノン氏が「ポピュリスト運動を高めるユーティリティトーク...

アメリカのトランプ大統領元側近であるスティーブ・バノン氏が、ポピュリスト運動を高める為ユーティリティトークンを発行しようとする計画があることがわかった。海外メディアCNBCのインタビューで語ったものだが、トークンの詳細まではわかっていない。
中国ビットコインマイニング企業3社、市場価値“10億ドル”リスト入り

中国ビットコインマイニング企業3社、市場価値“10億ドル”リスト入り

中華圏版ユニコーンリスト(市場価値10億ドル以上の非上場ベンチャー企業のリスト)が発表された。同リストは3回目の実施で、マイニング機器メーカー3社がリスト入りした。仮想通貨関連企業が登録されるのは今回が初。中国仮想通貨市場規模も併せて紹介。
韓国の仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)が日本とタイにサービス展開計画

韓国の仮想通貨取引所Bithumb(ビッサム)が日本とタイにサービス展開計画

韓国大手の仮想通貨取引所であるBithumb(ビッサム)が取引所プラットフォームをグローバル展開する計画であると発表した。まずは日本とタイに進出計画があるようで、タイに関しては2018年10月下旬にサービス開始するのではと報じられている。
仮想通貨市場は「脅威ではない」パウエルFRB議長が米下院公聴会で証言

仮想通貨市場は「脅威ではない」パウエルFRB議長が米下院公聴会で証言

FRBのパウエル議長が米下院公聴会にて、仮想通貨市場に対して「金融安定における脅威ではない」と発言した。仮想通貨を通貨とは定めていない為、FRBが規制を求めることもないことを示した。しかしマネーロンダリングなどの問題には注視する発言をした。
TOYOTA(トヨタ)はじめ大手自動車メーカーがブロックチェーン技術開発で激しく競争

TOYOTA(トヨタ)はじめ大手自動車メーカーがブロックチェーン技術開発で激しく...

大手自動車メーカー各社(トヨタ、フォード、ゼネラルモーターズ等が含まれる)がブロックチェーン技術を自社に取り入れようと開発競争が行われている。現在開発が進められているプロジェクト、各社の進捗状況などをまとめて紹介。
米カメラ大手コダック社ブランドのマイニング機、詐欺疑いでリリース前に差し止めへ

米カメラ大手コダック社ブランドのマイニング機、詐欺疑いでリリース前に差し止めへ

米カメラ大手コダック社ブランドを掲げてリリース予定だったマイニングマシンがSECによって差し止めとなった。このマイニングマシンは現実的ではない高リターン保証を謳っていて以前より「スキャム」ではないか、と疑問の声が上がっていた。
英国のモスクが仮想通貨で寄付金を募り、法定通貨の4倍上を集めることに成功

英国のモスクが仮想通貨で寄付金を募り、法定通貨の4倍以上を集めることに成功

仮想通貨の寄付を受け入れていたイギリスのモスクが世界中からの寄付をスタートさせ、結果的に仮想通貨での寄付金額は、法定通貨の4倍以上を集めた。こういった仮想通貨を利用したチャリティー活動は世界各国で行われている。いくつかの例を紹介。
たむらけんじ 仮想通貨インタビュー

たむらけんじ インタビュー:仮想通貨・ブロックチェーンへの想いとは?

仮想通貨芸人のたむらけんじ氏のインタビュー記事です。炭火焼肉たむらの独自通貨発行理由、現在の自主規制の流れ、仮想通貨学習方法、投資に関する注意点、NEM(XEM)の魅力などに答えて頂きました!
イラン政府:仮想通貨の利用でアメリカの経済制裁回避を検討

仮想通貨の導入でアメリカの経済制裁回避を検討するイラン政府

イランでは米国の経済制裁回避のために仮想通貨を利用することを検討中だという。イランでは度重なる経済難の経験から価値が国家情勢に左右されにくい仮想通貨が国民の支持を得ている。イラン政府の期待と今後の取り組みを紹介。
香港金融管理局、21銀行間でブロックチェーン金融プラットフォームを運用へ

香港金融管理局、21銀行間でブロックチェーン金融プラットフォームを運用へ

香港にて、ブロックチェーンを活用した貿易金融プラットフォームが運用することが判明した。早くとも2018年9月までには運用がスタートされる見込み。このプラットフォームには21の銀行が参加するとのことで大規模プロジェクトということが伺える。
LINE、仮想通貨取引所「BITBOX」サービス開始! 日米は対象外

LINE、仮想通貨取引所「BITBOX (ビットボックス)」サービス開始! 日米...

LINEが仮想通貨取引所「BITBOX」の運営を開始した。ビットコイン(BTC)を含む30の通貨を取り扱う。制度上の関係で日米は非対応となる。LINEでも大きな市場を占める日本でBITBOXが使えないことで今後どのような影響が出るのだろう。
金融安定理事会(FSB)「仮想通貨は現時点で金融安定のリスクではない」と、G20に報告

金融安定理事会(FSB)「仮想通貨は現時点で金融安定のリスクではない」と、G20...

FSB(金融安定理事会)が公表した仮想通貨に関する報告書の中で「仮想通貨は現時点でリスクにはならない」という旨を説明している。そしてこの事を7/21-22開催予定のG20に既に報告済みだという。G20はそれに対して異を唱える動きはない。
韓国ブロックチェーン協会が自主規制強化したビッサム、アップビットなど12取引所を認可

韓国ブロックチェーン協会が自主規制強化したビッサム、アップビットなど12取引所を...

韓国ブロックチェーン協会(KBA)が実施した仮想通貨取引所に対する審査において、加盟23社中14社が審査を受入れ、その内12社が審査に通過したことを発表。キムチプレミアムが消滅して安定というが、一部の投資家の間では疑問の声もあるのが現状だ。
ロンドン証券取引所(LSEG)ら、株式トークン化に向けてブロックチェーン企業と共同事業へ

ロンドン証券取引所(LSEG)ら、株式トークン化に向けてブロックチェーン企業と共...

ロンドン証券取引所(LSEG)とイギリス金融行為監督機構(FCA)がブロックチェーン企業と提携を結んだ。国内企業株式のトークン化の発行・取引を目的とした共同事業で期間は1年ほどだという。株式トークンを取り巻く情勢や法整備について紹介。
7月16日配信 仮想通貨ニュースエクスプレス:仮想通貨の税金支払い簡略化、新種のクリプト詐欺に要注意!…など

7月16日配信 仮想通貨ニュースエクスプレス:仮想通貨の税金支払い簡略化、新種の...

ビットコイナー反省会で配信中の仮想通貨ニュースエクスプレス(7月16日配信)の紹介。駐車違反者のBTCを差し押さえた件や仮想通貨の税金支払い簡略化の件、新種のクリプト詐欺に要注意!といった内容を約5分間でまとめています。
R3が初のブロックチェーンファイヤーウォール機能を備えた“Corda Enterprise”をローンチ

R3がブロックチェーンファイヤーウォール機能を備えた“Corda Enterpr...

R3(ブロックチェーンスタートアップ企業)が初となるブロックチェーンファイヤーウォール機能を備えた“Corda Enterprise”をローンチ。機能の仕組みや特徴、R3のCTOが語るCordaの今後についてCoindeskに語った内容を紹介。
ブラジルの人気サッカー選手ロナウジーニョが意欲的なプロジェクトでICO発行へ

ブラジルの人気サッカー選手ロナウジーニョが意欲的なプロジェクトでICO発行へ

2018年内に引退を表明しているブラジルの人気サッカー選手ロナウジーニョがサッカー界をブロックチェーンで盛り上げる為ICOプロジェクトを実施することを発表した。どのようなプロジェクト内容なのか、ロナウジーニョが考える将来とは?
「HashHubカンファレンス2018」が7月21日(土)に開催、仮想通貨の業界著名人も多数登壇

仮想通貨の業界著名人も多数登壇「HashHubカンファレンス2018」が7月21...

2018年7月21日、ブロックチェーン業界を後押しするHashHubが大規模な「HashHubカンファレンス2018」を開催する。仮想通貨の業界著名人も多数登壇予定で、仮想通貨の最新トレンド情報や講演、パネルディスカッション等が行われる。
イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンが毎秒100万トランザクションの第2フェーズへ

イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンが毎秒100万トランザクションの...

先日開催されたRISEカンファレンスにてイーサリアムの共同開発者ジョセフ・ルービン氏が「イーサリアムは第2フェーズに入る。毎秒100万トランザクションを目指す」旨の内容を語った。第2フェーズは2018年中に実装予定だという。

7月11日配信 仮想通貨ニュースエクスプレス:eToroが仮想通貨の10年後につ...

ビットコイナー反省会で配信中の仮想通貨ニュースエクスプレス(7月11日配信)の紹介。eToroが「仮想通貨は10年後メインストリームに?」と報告した件や、仮想通貨トレード中毒に注意!といった内容を約5分間でまとめています。
米国金融規制当局FINRA、証券販売企業に仮想通貨関連の業務内容開示を求める

米国金融規制当局FINRA、証券販売企業に仮想通貨関連の業務内容開示を求める

アメリカの金融取引業規制機構(FINRA)が、証券会社に対して仮想通貨関連の業務を行う場合FINRAに開示することを求める通知を公表した。こういった通知は今後、仮想通貨(ICO含む)が発展することを踏まえての対処だと考えてよいだろう。
コインベース(Coinbase)アプリのダウンロード数減少、ユーザーの要望に対応追いつけず

コインベース(Coinbase)アプリのダウンロード数減少、ユーザーの要望に対応...

米国大手仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)のアプリダウンロード数がかつてないほど落ち込んでいる。要因は仮想通貨価格の下落?トレーダーの減少?ユーザーの要望や業界、その他コインベースを取り巻く状況を整理し解説。
ビットコイン(BTC)のプライバシー保護に強力な新ツール「わさびウォレット」が誕生

ビットコイン(BTC)のプライバシー保護に強力な新ツール「わさびウォレット」が登...

わさびウォレット(wasabi wallet)というセキュリティ強化のツールがリリース予定だ。このウォレットは記録を匿名性にすることで犯罪者からの侵入を防ぐとされている。使用手数料はかかるがかなり安価(0.3%)というのも注目である。
韓国が政策転換か?ブロックチェーン、仮想通貨産業を体系化して正式認可へ

韓国が政策転換か?ブロックチェーン、仮想通貨産業を体系化して正式認可へ

韓国では仮想通貨やブロックチェーンに対する政策について緩和する動きが出てきている。2017年のICO禁止から約1年、政府は今後 仮想通貨ベース資産に対する段階的な転換を考えているようだ。本稿では海外メディアで報道された内容をまとめて掲載。
バイナンス(Binance)が2018年純益を最大10億ドルと予想、西日本大水害に100万ドルを寄付

バイナンス(Binance)が2018年純益を最大10億ドルと予想、西日本大水害...

バイナンスは2017年7月に発足したばかりの仮想通貨取引所だが、2018年の純利益は最大で10億ドルになると予測されている。また、先日の「平成最悪の被害」として連日被害が拡大中の西日本豪雨の被災者に寄付金を準備すると発表し話題となっている。

イスラエル大手仮想通貨取引所「Bits of Gold社」、顧客情報を税務当局と...

イスラエルの大手仮想通貨取引所「Bits of Gold」は、顧客の取引情報を国家の税務当局と共有することに合意した。プライバシー保護から取引情報の共有は義務化されていなかったが、大手取引所が応じたことで他取引所の提供も進める見込みだ。
YouTube、仮想通貨コミュニティBitConnect(ビットコネクト)集団訴訟にて被告として追加

YouTube、仮想通貨コミュニティBitConnect(ビットコネクト)集団訴...

仮想通貨コミュニティのプラットフォーム、BitConnect(ビットコネクト)集団訴訟で、YouTubeが被告として加えられた。なぜYouTubeも訴えられることとなったのか。YouTubeは何をすべきだったのだろうか。
仮想通貨版ダウ指数「CIX100:クリプト指数100」登場! CIXトークンのプライベートセール開始

仮想通貨版ダウ指数「CIX100:クリプト指数100」登場! CIXトークンのプ...

ダウ平均株価:ダウ・ジョーンズ(DJ)と類似する、仮想通貨市場指数「Cryptoindex100(クリプト指数100:CIX100)」が登場した。それに伴いCIXトークンのプライベートセール開始が開始。本記事では利用方法等を紹介。

7月7日配信仮想通貨ニュースエクスプレス:仮想通貨が金融商品になる? 金商法検討...

ビットコイナー反省会で配信中の仮想通貨ニュースエクスプレス(7月7日配信)の紹介。仮想通貨が金融商品になる? 金商法検討に関する件や、バイナンス西日本の洪水被害者へ1.1億円寄付表明といった内容を約5分間でまとめています。
仮想通貨のマネーロンダリング被害額が2018年中に最も多額になる可能性

仮想通貨のマネーロンダリング被害額が2018年中に最も多額になる可能性

仮想通貨のマネーロンダリングの被害額が2018年に過去最高を記録したことがCiphertrace(AMLなどの分析会社)のレポートでわかった。同社のCEOによると、おそらく2018年中には15憶ドルの被害額にまでのぼるのでは?とされている。
バミューダが銀行法改正を計画、ブロックチェーンのスタートアップ企業を支援

バミューダが銀行法改正を計画、ブロックチェーンのスタートアップ企業を支援

バミューダが銀行法を改正し、ブロックチェーンやフィンテック企業の要求に応じることを発表。報道によると改正はすでに成立しているという。新法案によりフィンテック産業の成功が期待される。これまでのバミューダの動向も振り返り、まとめたものを紹介。
複数のタイの証券会社が共同で仮想通貨取引所を開設する計画が明らかに

複数のタイ証券会社が共同で仮想通貨取引所を開設する計画が明らかに

タイ証券会社協会(ASCO)は、複数社共同で新たに仮想通貨取引所を開設する計画があることを、地元メディア誌バンコク・ポストが報じた。いつ頃開設するなど計画の詳細は発表されていないが、今回開設するにあたり現在SECに登録申請をしているという。
仮想通貨市場へ機関投資家の参入、ビットコイン(BTC)価格への影響やその他問題点とは?

仮想通貨市場への機関投資家参入、ビットコイン(BTC)価格の影響やその他問題点と...

米仮想通貨取引所Coinbaseが、機関投資家向けの新サービス「Custody」を開始したことで機関投資家やヘッジファンドが容易に投資が可能。これによるビットコイン(BTC)価格への影響やその他の問題点を紹介。
ビットコイン(BTC)価格はソーシャルメディアの「声なき声」に左右される

ビットコイン(BTC)価格はソーシャルメディアの「声なき声」に左右される

アメリカのスティーブンス工科大学の准教授らがビットコイン価格とSNSの関係について研究を行った。発表された結果によるとソーシャルメディアのサイレントマジョリティ(声なき声)の影響でビットコインの価格が動いたという。その他結果内容を紹介。
ビットコイン(BTC)はブロックチェーンに投資する最善の方法なのか?

ビットコイン(BTC)はブロックチェーンに投資する最善の方法なのか?

ビットコイン(BTC)はブロックチェーン技術を広めたものの一つであることは有名であるが、今後もブロックチェーンに投資するにはビットコインが最善なのだろうか
サトシ・ナカモトが財団ウェブ上に署名入り文書を掲載、謎につつまれた正体のヒントはあるのか?

サトシ・ナカモトが財団ウェブ上に署名入り文書を掲載、謎につつまれた正体のヒントは...

ビットコイン(BTC)の開発者といわれているサトシ・ナカモトが綴ったとされる文書が、ナカモトファミリー財団のWEBにて公開されたことが話題となっている。文書の内容や、サトシの素性のヒントとなるようなものはあるのだろうか?
支払い手段としての仮想通貨に期待、上場投資信託(ETF)に72%が賛成

支払い手段としての仮想通貨に期待、上場投資信託(ETF)に72%が賛成

米国大手の法律事務所フォーリー&ラードナー(Foley & Lardner)が投資家や経営者など60人程を対象とした2018年の仮想通貨に関する調査を行った。ETFへの投資意欲があると回答したのは72%、その他調査結果の一部を紹介。
ICO人気の陰に著名人によるPR、目に余るバウンティー・キャンペーンとは?

ICO人気の陰に著名人によるPR、目に余るバウンティー・キャンペーンとは?

アメリカでは「バウンティー・キャンペーン」が活発とBloombergが報じている。SNSのいわゆるインフルエンサーがICOの宣伝をして報酬を得るという仕組みで、法律違反ではないとされている。具体的にはどんなキャンペーンなのか等を紹介。
6月29日配信 仮想通貨ニュースエクスプレス:LINE傘下の取引所「BITBOX」発表、韓国取引所Bithumb(ビッサム)ハッキング真被害額…など

6月29日配信 仮想通貨ニュースエクスプレス:LINE傘下の取引所「BITBOX...

ビットコイナー反省会で配信中の仮想通貨ニュースエクスプレス(6月29日配信)の紹介。LINE傘下の取引所「BITBOX」発表の件や、韓国取引所Bithumb(ビッサム)ハッキング真被害額といった内容を約5分間でまとめています。
フィリピン国内で加熱する仮想通貨産業、取引量は月間約40億円にまで及ぶ

フィリピン国内で加熱する仮想通貨産業、取引量は月間約40億円にまで及ぶ

フィリピンでは仮想通貨の取引量が増加傾向にあるとフィリピン中央銀行(BSP)が発表した。2017年末には約40億円以上の取引があったという。BSPは仮想通貨について公的な注意喚起をしていたのにも関わらず取引が増加した形となった。
FBI、130の仮想通貨関連事件を調査中

米国FBI、130件にも及ぶ仮想通貨関連(人身売買やハッキング)の事件を調査中

FBIは仮想通貨関連130件の事件を調査中だという。捜査対象には人身売買、麻薬取引、誘拐ランサムウェアによるハッキングなどが含まれる。本記事では仮想通貨を用いた闇取引など、具体的なケース・サイバー犯罪の特性などを紹介。
マイニング界隈を賑わしている最近のニュース3つを解説

マイニング界隈を賑わしている最近のニュース3つを解説

マイニング界隈は何かと話題に事欠かない。香港ではマイニングチップ製造の億邦通信がIPOを開始、中国ではマイニング時の電力盗難事件が起きた。ロシアのとある州ではマイニングの法的位置についての言及がなされた。マイニングに関する3つのニュースを紹介。
仮想通貨取引総量の69%はビットコイン(BTC)など6種のペアリングによるトークンだった

仮想通貨取引総量の69%はビットコイン(BTC)など6種のペアリングによるトーク...

情報分析をしているDiar社が出したレポートによると、仮想通貨の取引総量の69%はBTCをはじめとする5種、そしてUSDT合わせた6コインからだったことがわかった。このレポートはCoinmarketcap(6/18付)を参考にしたという。
ビットコイン(BTC)のプライベートキーがついに公開へ、その真意とリスクは?

ビットコイン(BTC)のアラート機能を活性化する為のプライベートキーが公開検討へ...

開発者らが内密に温めてきたビットコイン(BTC)のプライベートキー(秘密鍵)が、早くて2018年7月にも公開されるのではとされている。BTCプライベートキーとは一体どういったものなのか?また公開するその真意やリスクはあるのか?等を紹介。
韓国の仮想通貨取引所、相次ぐハッキングに保険会社は業界参入に消極的

韓国:仮想通貨取引所の相次ぐハッキング、保険会社は業界参入に消極的

韓国国内において仮想通貨取引所の相次ぐハッキングは、ユーザーのみならず保険会社にまで影響を与えている。損害時の為に保険を導入したいがあまりにもリスクが高く、保険会社はこういった不安定な業界への参入に消極的だというのだ。
ビットコインは人工知能(AI)によって創られた?という噂を解説

ビットコイン(BTC)は人工知能(AI)によって創られた?という噂を解説

ビットコイン(BTC)はサトシ・ナカモトという恐らくアジア圏の人が開発したとされているが、現状実際に会ったというという人はいない。正体は謎のままだが、他にもBTCは人工知能(AI)によって創られたという説もある。その内容を紹介。
Facebookが条件付きで仮想通貨の広告を解禁?!新たなポリシーを発表

Facebookが条件付きで仮想通貨の広告を解禁?!新たなポリシーを発表

Facebookが仮想通貨関連広告の一部出稿を許可する新たなポリシーを発表した。当初一切の禁止方針を出していたが、条件付きで仮想通貨の広告を解禁するというのだ。大手SNSサービスの発表は市場にどのような影響を与えるのだろうか?
欧州:仮想通貨の犯罪対処を目的とした新たなアンチマネーロンダリング令を採択

欧州:仮想通貨の犯罪撲滅を目的とした新たなアンチマネーロンダリング令を採択

欧州(EU)がアンチマネーロンダリング(AML)の新たな法令を採択した。欧州では5つ目のAML政策となる今回の法令は金融犯罪の早期発見、調査、防止することを目的として出されたものである。欧州が仮想通貨に対して危機を感じている要人発言を紹介。

人気のインタビュー記事

直近1週間で最も読まれた記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@





@coinchoice