• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコインの価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • モナコイン 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • リスク 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イーサリアムクラシック 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (ジャーナリスト)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • BitTrade (ビットトレード)
  • バイナンス(BINANCE)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • coincheck(コインチェック)
  • クラーケン (Kraken)
  • みんなのビットコイン
  • ポートフォリオ
  • PR

コインチョイス編集部 (2ページ目)

コインチョイス編集部の記事一覧
コインチョイス編集部の仮想通貨に関するコラムを掲載しています。

ビットワイズ(Bitwise)が新たなビットコインETFを申請、「2019年はETFの年に」

ビットワイズ(Bitwise)が新たなビットコインETFを申請、「2019年はE...

Bitwise Asset Managementが1月10日、新たなビットコインETF(上場投資信託)を米証券取引委員会(SEC)に申請したことを発表。これまでの違うというビットコインETFの申請の内容を紹介する。
イギリスで仮想通貨やブロックチェーン企業への投資が過去最高を記録、275億円上回る

イギリスで仮想通貨やブロックチェーン企業への投資が過去最高を記録、275億円上回...

イギリスのブロックチェーンや仮想通貨のスタートアップへの2018年の投資が2億ポンド(約275億円)を上回り、過去最高を記録していたことが分かった。どうのような企業が投資を受けたのか、ロンドン&パートナーズの発表を紹介する。
コインチェック(Coincheck)を利用するメリット&デメリット、ハッキング後も復活が期待されるその理由は?

コインチェック(Coincheck)を利用するメリット&デメリット、ハッキング後...

2018年初のハッキングでも有名になったコインチェック(Coincheck)は現在、信頼を取り戻すべくサービス改善に努めてます。本コラムでは同取引所を利用するメリット&デメリットの他に、ハッキング後も期待される理由について紹介します。
世界の中央銀行70%が法定デジタル通貨(CBDC)を調査、近い将来での発行の可能性も示唆

世界の中央銀行70%が法定デジタル通貨(CBDC)を調査、近い将来での発行の可能...

国際決済銀行(BIS)が1月8日、世界の約70%の中央銀行が法定デジタル通貨(CBDC)の導入に関する調査を行っているとのレポートを発表。現在パイロット試験を行っている中央銀行の状況とあわせて紹介する。
リップルネット加入200社越え、仮想通貨XRP活用も

リップルネット(RippleNet)加入200社越え、仮想通貨XRP活用も

リップル(Ripple)社が1月8日、同社が提供する国際送金を目的に作られた決済ネットワークであるリップルネット(RippleNet)に新たに13社が加入し、合計で200社を突破したことを発表した。発表内容を紹介する。
「ビットコインETF実現に尽力」ウィンクルボス兄弟、長期的なBTC価格上昇の見解は維持

「ビットコインETF実現に尽力」ウィンクルボス兄弟、長期的なBTC価格上昇の見解...

ウィンクルボス兄弟がビットコイン(BTC)がゴールドの時価総額を上回るだろうとの見解を明らかにした。またETFの実現に向け引き続き尽力していくことをレディット(reddit)のAMAセッションで表明。2人の見解を紹介する。
謎を解いてビットコイン(BTC)獲得、アーティストが壁画を発表

謎を解いてビットコイン(BTC)獲得、アーティストが壁画を発表

パリ在住のストリートアーティストが、壁画に隠された謎を解くことで11万円相当のビットコイン(BTC)を獲得できる作品を発表した。パリ市内にある壁画とこれまで仮想通貨関連の作品を発表していたアーティストを紹介する。
仮想通貨取引所へのクイック入金が可能なジャパンネット銀行(JNB)とは?

仮想通貨取引所へのクイック入金が可能なジャパンネット銀行(JNB)とは?

仮想通貨の取引をする際、取引所の口座開設をして資産を入金してからスタートするのが一般的ですが、ネットバンクのクイック入金を利用するとかなり便利。本稿ではネットバンク老舗銀行、セキュリティにも強い「ジャパンネット銀行(JNB)」を紹介します。
国内大手の仮想通貨取引所ビットフライヤー(bitFlyer)、完全復活が待ち望まれる理由とは?

国内大手の仮想通貨取引所ビットフライヤー(bitFlyer)、完全復活が待ち望ま...

仮想通貨取引所のビットフライヤー(bitFlyer)は、国内でも大手の取引所。しかし業務改善命令を受けた後から新規口座開設は一時停止。ユーザー数の多く認知度の高い取引所なだけに復活が望まれる今、同取引所の詳細やメリット&デメリットを紹介。
「2019年もビットコイン(BTC)下落継続の気配」中国アナリストの見解

「2019年もビットコイン(BTC)下落相場継続の気配」中国アナリストが見解示す...

多くの仮想通貨業界人が2019年にビットコイン(BTC)の価格が上昇するとの予想を発表している中、中国のアナリストらは今年も下落相場が続くとの見解を示している。気になるその理由や今後の動向、戦略などを紹介する。
日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)がコインチェックやLINE子会社含む5社を第二種会員として加盟を発表

日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)がコインチェックやLINE子会社含む5社を第...

日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)が第二種会員として新たに加盟した5社を公式サイトで発表した。その5社とはコインチェック、みんなのビットコイン、LastRoots、LVC、コイネージだ。現在わかっている内容を紹介。
2019年のビットコイン(BTC)はどうなる!?業界人の価格予想まとめ

2019年のビットコイン(BTC)はどうなる!?業界人の価格予想まとめ

2018年は1年を通して、ベアマーケットだった仮想通貨市場。果たして2019年の市場はどうなるのでしょうか?そこで今回は、さまざまな業界人が予想した2019年のビットコイン(BTC)の価格予想をまとめて紹介します。
業界人の予想は当たったのか?2018年のビットコイン(BTC)価格予想を検証

業界人の予想は当たったのか?2018年のビットコイン(BTC)価格予想を検証

1月1日時点で167万円だったビットコイン(BTC)の価格は、大きく下がり、仮想通貨にとって苦しい1年だったのではないでしょうか。そんななか、さまざまな業界人はビットコイン価格について予想を発表してきました。その予想をまとめて紹介します。
売るに売れない「塩漬けビットコイン」ではじめるバイナリーオプションとは?

売るに売れない「塩漬けビットコイン」ではじめるバイナリーオプションとは?

FXでもおなじみバイナリーオプション(BO)。売ろうにも売れない「塩漬け仮想通貨(ビットコインなど)」で出来るバイナリーオプションについて、体験談とともに紹介。
盗んだ電力で16億円相当の仮想通貨をマイニング、被害額は3億円以上

盗んだ電力で16億円相当の仮想通貨をマイニング、被害額は3億円以上

台湾で3億6,000万円分の電気を窃盗し、仮想通貨のマイニングを行っていた男が逮捕された。16億円相当のビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)をマイニングしていたとされる、その手口などの経緯を紹介する。
ライトコイン(LTC)財団が総合格闘技UFCのスポンサーに、仮想通貨の認知向上へ

ライトコイン(LTC)財団が総合格闘技UFCのスポンサーに、仮想通貨の認知向上へ...

非営利団体のライトコイン財団(Litecoin Foundation)が12月27日、アメリカの総合格闘技アルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ(UFC)のイベントのスポンサーになることを発表。その狙いとは?
仮想通貨取引所:年末年始の営業スケジュールまとめ【2018~2019年版】

仮想通貨取引所:年末年始の営業スケジュールまとめ【2018~2019年版】

2018年も残りわずか。年末年始は仮想通貨取引所もサービスを休止、銀行などの各金融機関も休業するところもあるので、本稿は公式リリースされていた主な仮想通貨取引所の年末年始のスケジュールをまとめてみました。

仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)の魅力とは?注意すべきメリットとデメ...

創業より少しずつその存在感を現してきた仮想通貨取引所のbitbank(ビットバンク)。一時はリップル(XRP)の取引量が世界一になった実績もあるビットバンクについて、最近の動向や利用する際のメリットとデメリットを紹介します。
ビットコインATMが昨年より2倍増、世界で仮想通貨の浸透の兆し?

ビットコインATMが昨年より2倍増、世界で仮想通貨の浸透の兆し?

2018年を通じて仮想通貨の価格は下落が続いた一方で、仮想通貨ATMの設置台数が上昇を続け、昨年より2倍多い4051台が世界で稼働しているという。どこの国で設置が進んでいるのか、また今後の市場規模などを紹介する。
ブロックチェーン開発者も注目する「ラディカル・マーケット」、著者のスピーチを紹介

ブロックチェーン開発者も注目する「ラディカル・マーケット」、著者のスピーチを紹介...

ブロックチェーン開発者界隈で話題となっているという「ラディカル・マーケット(Radical Markets)の著者が2018年5月、イーサリアム(Ethereum)のイベントに登壇し語った将来のビジョンとは?
セントラル・ペイメント・プロセッサとは?イーサリアム(Ethereum)開発者の概要解説動画

セントラル・ペイメント・プロセッサとは?イーサリアム(Ethereum)開発者の...

イーサリアム(Ethereum)開発者であるカール・フローシュ氏が作成した仮想通貨やブロックチェーンを学べる「Cryptoeconomics Study」から、セントラル・ペイメント・プロセッサーの概要を解説した動画を紹介。
仮想通貨の投資の壁は学習リソース不足?関心示すも44%の投資家動かず

仮想通貨の投資の壁は学習リソース不足?関心示すも44%の投資家動かず

投資家の仮想通貨への投資に対する関心は高いものの、学ぶ機会がないことが投資への妨げになっていることが世界最大級の取引プラットフォームのイートロ社の調査で明らかになった。仮想通貨と投資家の関係性についてのさまざまなデータを紹介。
バイナンス(Binance)を利用するメリット&デメリット、名実ともに「世界一」の理由

バイナンス(Binance)を利用するメリット&デメリット、名実ともに「世界一」...

大手仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)は、ユーザー数・取引高も多く人気の海外取引所です。このバイナンスが2018年に行ったあらゆる動きをおさらいし、利用する上でのメリット&デメリット、そして名実ともに「世界一」の理由を紹介します。
仮想通貨のマルウェア4,000%以上増加、IoTが新たなターゲットに

仮想通貨のマルウェア4,000%以上増加、IoTが新たなターゲットに

2018年の仮想通貨のマイニングをターゲットにしたマルウェアが昨年より4,000%以上増加し、新たにIoTデバイスがターゲットになっているという。サイバーセキュリティ企業のマカフィーが発表したレポートを紹介。
レジャーナノ(Ledger Nano S)は公式or正規代理店で購入必須!仮想通貨の安全な保管方法や使い方とは?

レジャーナノ(Ledger Nano S)は公式or正規代理店で購入必須!仮想通...

仮想通貨(暗号資産)を安全に保管するためのハードウェアウォレットレジャーナノ(Ledger Nano S)の紹介。どういったウォレットなのか?購入はどこでするべきか?なぜレジャーナノでの保管がおすすめなのか?詳細をまとめて解説します。
仮想通貨を学んで獲得、コインベースが新たなプラットフォーム「Coinbase Earn」発表

仮想通貨を学んで獲得、コインベースが新たなプラットフォーム「Coinbase E...

仮想通貨取引所のコインベース(Coinbase)が12月19日、仮想通貨を学んで獲得できるシステム「Coinbase Earn」を発表しました。動画を見たりクイズに答えることで仮想通貨を獲得できるこのシステムを紹介します。
コインチェック登録事業者へ

コインチェック(Coincheck)年内に仮想通貨登録業者か

コインチェックが金融庁の仮想通貨登録事業者になると日経新聞より報道が行われた。コインチェックは、この情報を否定している状態となっている。NEM流出事件から約11カ月経過した今現在も仮想通貨業界で話題となる業者だ。
ブロックチェーンに期待高まるニュージーランド、経済成長に重大な影響

ブロックチェーンに期待高まるニュージーランド、経済成長に重大な影響

IT分野が輸出の第三の業界となるニュージーランドでは、ブロックチェーンにより今後さらなる成長が期待されている。キャラハン・イノベーションが発表した同国におけるブロックチェーンの可能性を調査したレポートを紹介。
「2018年はビットコイン(BTC)にとって素晴らしい1年」スペンサー・ボガート氏、将来的に500万円台も?

「2018年はビットコイン(BTC)にとって素晴らしい1年」スペンサー・ボガート...

ブロックチェーン・キャピタルのパートナーであるスペンサー・ボガート氏が、「2018年はビットコイン(BTC)にとって素晴らしい1年だった」と語った。将来的に価格が500万円台になると話す同氏の発言を紹介。
ビットコイン(BTC)に頼る英国のイラン人学生増加?経済制裁により銀行で送金受けられず

ビットコイン(BTC)に頼る英国のイラン人学生増加?経済制裁により銀行で送金受け...

国際銀行間通信協会(SWIFT)が11月にその国際送金網からイランの銀行を除外したことにより、イギリスに住むイラン人の学生が仮想通貨を使い始めているという。イランにおける仮想通貨の状況もあわせて紹介する。
「ビットコイン(BTC)は死んだ」19歳の仮想通貨富豪が明言

「ビットコイン(BTC)は死んだ」19歳の仮想通貨富豪が明言

10代にして仮想通貨で富を築いたエリック・フィンマン(Erik Finman)氏が、マーケットウォッチのインタビューで、ビットコイン(BTC)は死んだと発言していたことが分かった。発言と意図や期待していているという仮想通貨を紹介。
米大統領首席補佐官代行に仮想通貨支持派が就任、トランプ大統領がツイッターで発表

米大統領首席補佐官代行に仮想通貨支持派が就任、トランプ大統領がツイッターで発表

ドナルド・トランプ大統領が12月14日、仮想通貨やブロックチェーンの支持派として知られるミック・マルバニー氏を首席補佐官代行に就任させる意向であること発表。同氏がこれまで仮想通貨やブロックチェーンを支持してきた言動を紹介する。
ビットコイン(BTC)を要求する爆破予告が相次ぐ、アメリカとカナダで避難騒動に

ビットコイン(BTC)を要求する爆破予告が相次ぐ、アメリカとカナダで避難騒動に

アメリカとカナダの各地で12月13日、220万円相当のビットコイン(BTC)を送らなければビルを爆破するとの脅迫メールが相次いだ。「Think Twice(よく考えろ)」という件名のメール内容を紹介。
「ビットコイン(BTC)の適正価格は約178万円」トム・リー氏の見解

「ビットコイン(BTC)の適正価格は約178万円」トム・リー氏の見解

米ファンドストラット社のアナリストであるトム・リー(Tom Lee)氏が「ビットコイン(BTC)の適正価格は約178万円」との見解を示した。その根拠や、これまでの価格予想について強気だった姿勢が一転したコメントなどを紹介。
ビットコイン保有者の80%が持つBTCは1万円以下

ビットコイン保有者の80%が持つBTCは1万円以下

ニューヨークのデジタル資産に関するリサーチを行うデルファイ・デジタルがビットコイン(BTC)に関するレポートを発表。アドレスの80%が保有するビットコインは1万円以下だったことが分かった。その他のデータも合わせ紹介。
仮想通貨の詐欺でアライズバンク創業者に罰金など約3億円の支払い命令

仮想通貨の詐欺でアライズバンク創業者に罰金など約3億円の支払い命令

仮想通貨の詐欺を行ったとしてアライズバンクのCEOとCOOに対してアメリカ合衆国連邦裁判所が罰金など約270万ドル(約3億円)の支払いを命じた。2017年にアライズバンクが行ったICOなど、事件の流れを紹介する。
ブロックチェーンに積極的な米バーモント州が政府機関主導の研究グループ設立

ブロックチェーンに積極的な米バーモント州が政府機関主導の研究グループ設立

アメリカのバーモント州司法長官が12月10日、州の政府機関で構成するブロックチェーンの研究グループを設立することを発表。同グループが取り組むテーマと、バーモント州のブロックチェーンに関する積極的な姿勢を紹介する。
仮想通貨の今後予測される動きは?2019年、その先はどうなる…?

仮想通貨の今後予測される動きは?2019年、その先はどうなる…?

下落相場が続く仮想通貨界隈では今年もさまざまな事件が起こりました。そんな2018年の主な出来事を振り返りました。また2019年のさまざまな予定など、ファンダメンタルな面から仮想通貨のこれからを考察します。
ビットコイン(BTC)暴落の要因は?最高値240万円から40万円までの下落はなぜか

ビットコイン(BTC)暴落の要因は?最高値240万円から40万円までの下落はなぜ...

2018年11月下旬に起きたビットコイン(BTC)の暴落相場。2017年末には240万円を記録したビットコインに一体何が起きたのか?価格が下落したきかっけと考えられる直近の出来事に加え、相場全体をファンダメンタル中心に考察を行いました。

「My Crypto Heroes」がウォレット機能付きDAppsブラウザ「Qu...

DAppsブラウザのクラゲ(Qurage)が、仮想通貨業界で人気のある「My Crypto Heroes」(マイクリプトヒーローズ)の公式ウォレットとして採用されました。今後、ブロックチェーンを活用したゲーム・アプリなどの登場が加速していくことが予測されそうです。
仮想通貨のトレーダー拉致され、アイロン押し当てられビットコイン(BTC)要求される

仮想通貨のトレーダー拉致され、アイロン押し当てられビットコイン(BTC)要求され...

南アフリカの仮想通貨のトレーダーが拉致され、犯人らから暴行を受け銀行口座の情報と仮想通貨のウォレットのパスワードを要求されていた。670万相当のビットコインを払った男性はどのようにして事件に巻き込まれたのか?
「ビットコイン(BTC)の価値はゼロになる」米大学教授が提言

「ビットコイン(BTC)の価値はゼロになる」米大学教授が提言

ビットコイン(BTC)の価格の下落が続く中、アメリカの大学の教授であるアトゥルヤ・サリン氏がビットコインの価値がゼロになるとの大胆な予測を明らかにしました。マイニングと関連した根拠などを紹介します。
仮想通貨ポートフォリオ ChoiFoli

【シェア機能/複数ポートフォリオ管理実装】仮想通貨ポートフォリオ:ChoiFol...

仮想通貨ポートフォリオのChoiFoliが、Twitter、フェイスブック、ラインなどでのシェア機能、複数ポートフォリオを作成できる機能を追加しました。使いやすいツールとなっているので、仮想通貨を保有している方は是非、一度ご利用頂ければと思います。
ナイジェリアの銀行が仮想通貨の取引を行う顧客に警告、口座の閉鎖も示唆

ナイジェリアの銀行が仮想通貨の取引を行う顧客に警告、口座の閉鎖も示唆

ナイジェリアの商業銀行であるユニオン・バンク・オブ・ナイジェリアが、仮想通貨の取引を行う口座に対して規制をかけるとの警告を発表していた。投資家の間では不安が広がり、資金を引き上げる動きも出ている。同行の発表の内容を紹介。
米証券取引委員会(SEC)がメイウェザーとDJ キャレドに罰金、ICOの不正な宣伝に関与

米証券取引委員会(SEC)がメイウェザーとDJキャレドに罰金、ICOの不正な宣伝...

米証券取引委員会(SEC)が11月29日、プロボクサーのメイウェザーと音楽プロデューサーのDJ キャレドに対して、ICOの不正な宣伝に関与したとして罰金を科した。セレブな2人が支払いに合意した罰金額とは?

GMOコイン口座開設方法・アプリの使い方・評判【初心者向け基礎知識】

GMOコインの口座開設方法の説明ページです。実際の管理画面の画像を使って1から丁寧に解説していきます。アプリの使い方や特徴も調べあげているのでGMOコインで口座開設をしようと考えているなら、このページを読めば全て分かります!
フィスコ(FISCO)仮想通貨取引所の口座開設手順を簡単解説

【FCCE】フィスコ(FISCO)仮想通貨取引所の登録・評判を徹底解説!

フィスコ(FISCO)仮想通貨取引所のアカウント登録、口座開設の手順を画像付きでわかりやすく解説します。さらに初心者がつまづきがちな二段階認証の手順も認知度の高い専用アプリを使って紹介。このページを見れば簡単に登録できます。
「ICO市場は終わった」仮想通貨の投資ファンド創業者が明言、現在の弱気市場についても言及

「ICO市場は終わった」仮想通貨の投資ファンド創業者が明言、現在の弱気市場につい...

仮想通貨投資ファンドの創業者であるバリー・シルバート氏(Barry Silbert)が、「イニシャル・コイン・オファリング(ICO)市場は終わりだ」と明言。その理由や現在の弱気市場に対するシルバート氏の見解を紹介する。
食品業界を変えるブロックチェーン、世界で進む導入の動き

食品業界を変えるブロックチェーン、世界で加速する導入の動き

欧米を中心に食品業界でブロックチェーンの導入が進んでいる。IBMと提携しブロックチェーンで食品の追跡を開始する予定のアメリカ最大手のスーパーマーケットチェーンのウォルマートやフランスのカルフールなどの例を紹介する。
DMMビットコイン(DMM Bitcoin)口座開設の方法・手順 (2018年1月11日受付スタート)

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)口座開設の方法・手順から特徴・評判...

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)の口座の登録、開設方法、そしてスマホアプリの使い方を画像つきで解説!まだDMMビットコインの口座を作りたい人、他社と検討中の人、操作方法を知りたい人、様々な人の悩みがこのページで解決します。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@