コインチョイス編集部 (2ページ目)

コインチョイス編集部の記事一覧
コインチョイス編集部の仮想通貨に関するコラムを掲載しています。

BTC、ETH、LTC対応の仮想通貨ATM、アルゼンチン国内に4,000台導入へ

BTC、ETH、LTC対応の仮想通貨ATM、アルゼンチン国内に4,000台導入へ...

アルゼンチン中央銀行(BCRA)がATM規制緩和を行い、銀行以外にもATM設置が可能となった。この緩和により仮想通貨ATM開発企業はアルゼンチン国内に4000台の導入を目指すと発表。さらに法定通貨と仮想通貨が扱える新機種を導入予定とのこと。
リップル(Ripple)に対する集団訴訟、原告側は「未登録証券を売買である」と主張

リップル(Ripple)に対する集団訴訟、原告側は「未登録証券の売買」と主張

リップルに対して、仮想通貨投資家らがXRPは「未登録証券の売買」として集団訴訟を起こしていることがわかった。現在SECなど規制当局がXRPやETHが証券になるのかについて会議している中での起こった訴訟。証券化について今後の判断に注目が集まる。
前例の判決から一転「仮想通貨は価値ある財産」としてロシア裁判所で認定

前例の判決から一転「仮想通貨は価値ある財産」としてロシア裁判所で認定

2018年5月7日、ロシア裁判所が判決で、破産者が持つ仮想通貨も「破産財産」と認めたことがわかった。2月時点では一切「仮想通貨を財産」としては認めていなかったロシア裁判所が一転、承認する初めての事例となった。承認されるまでの経緯を解説。
ベネズエラ、マドゥロ政権が国営ホテルにペトロ(Petro)決済導入

ベネズエラ、国営ホテル再建のため仮想通貨Petro(ペトロ)決済を導入へ

ベネズエラのマドゥロ政権が国営ホテルの立て直しの為、ホテル宿泊に仮想通貨Petro(ペトロ)決済の導入することを発表した。南米諸国で初となる7つ星ホテルを目指すとのことだが、実際に7つ星に相当するようなホテルなのかは疑問の声が多々あるようだ。
リップル(Ripple)がスマートコントラクト機能をさらに強化した「Codius」をベータ版で提供

リップル(Ripple)がスマートコントラクト機能をさらに強化した「Codius...

Ripple社が「Codius」ベータ版の提供を開始した。2015年に開発が中断されてから約3年後にスマートコントラクトの機能をさらに強化、復活版として登場したのである。どういった機能なのか?正式版はいつ頃リリースされるのか?などを紹介。
Ripple社(リップル)提供ネットワーク「RippleNet」にオマーンのドファール銀行参入へ 

リップルの国際送金システム「RippleNet」にオマーンのドファール銀行が参入...

Ripple社が開発する国際送金ネットワークの「RippleNet」にドファール銀行(オマーン)が参入することがわかった。RippleNetとは具体的にどんなものか?ドファール銀行はなぜRippleNetへの加入に至ったのか?などを紹介。
タイ証券取引所、ブロックチェーン利用のクラウドファンディング・プラットフォームを運用開始

タイ証券取引所、ブロックチェーン利用のクラウドファンディング・プラットフォームを...

タイの証券取引所(SET)が、ブロックチェーンの技術を利用したクラウドファンディングのプラットフォームを開発、リリースしたことを発表。既に参加企業も確定しており順調のようだ。プロジェクトの目的や参加条件などの詳細を紹介。
BMWがマイレージ記録にブロックチェーンを利用、仮想通貨の報酬システム導入へ

BMWがマイレージ記録にブロックチェーンを利用、仮想通貨の報酬システム導入へ

自動車大手メーカーのBMWがブロックチェーンの新興企業DOVUと提携を行い、ドライバーに走行距離の記録を促す、ブロックチェーン利用の仮想通貨報酬システムを開発中だという。ドライバーが走行距離を記録するとトークンがもらえるという新たな試みである。
リップル(Ripple)と深い関係の「SBIバーチャル・カレンシーズ」2018年夏にも取引開始の見通し

リップル(Ripple)と深い関わりをもつ「SBIバーチャル・カレンシーズ」20...

2018年3月に行われた決算説明会にて仮想通貨取引所のSBIバーチャル・カレンシーズの開始時期が発表された。また先日、当初の取り扱いはXRPとBTCと噂されていたが、それら以外にも仮想通貨の取り扱いがあることを発表した。その内容を紹介。
ビットコイン(BTC)のスマート紙幣「Tangem Notes」とは?

ビットコイン(BTC)のスマート紙幣「Tangem Notes」とは?

スイスに本社を置くTangem(タンジェム)社は新たにビットコイン(BTC)のスマート紙幣をテスト発行し、5月3日にシンガポールのメガファッシュ(雑貨屋)でリリースされた。スマート紙幣は0.01BTCと0.05BTCの2種があるという。
ユニセフオーストラリアは仮想通貨のマイニングプログラムを始めることを発表した

ユニセフオーストラリアが仮想通貨マイニングによる寄付・支援プログラムの開始を発表...

ユニセフ(UNICEF)オーストラリアが仮想通貨のマイニングを利用した寄付金調達プログラム(ウェブサイト)をスタートさせた。このサイトは訪問者の一部CPUを使用してマイニングを行い、その収益がユニセフ募金として寄付される、新しい試みである。
仮想通貨を担保に融資する「crypto-to-cash lending」サービスが爆発的人気に

仮想通貨を担保に融資する「crypto-to-cash lending」サービス...

ここ1年ほどで仮想通貨を担保にして融資が行えるサービス(crypto-to-cash lending)が人気だという。このサービスはブロックチェーンにある暗号資産を担保としてキャッシュの融資を受けることができるというもの。詳細を紹介します。
イラン政府「仮想通貨の試験的発行準備整う」と通信情報技術(ICT)大臣が確認

イラン政府「仮想通貨の試験的発行準備整う」と通信情報技術(ICT)大臣が確認

イランの通信情報技術大臣が「イラン独自の仮想通貨を発行するプロジェクトの開始準備が整った」ことを認めた。これは4月下旬に仮想通貨の取引禁止を発表した数日後のこと。原油の裏付けがあるPetroのように何かの資産に裏付けされるのかも注目される。
イーサリアムのシャーディング(分裂)が間近?トランザクション規模拡大実現へ

イーサリアムのシャーディング(分裂)が間近?トランザクション規模拡大実現へ

イーサリアム(ETH)開発者のヴィタリック・ブテリン氏は5月1日にTwitterでイーサリアムのシャーディング(分裂)時期がもうじきであることを発表。本稿ではシャーディング(分裂)とは何なのか?実装後はどんなことが期待されているのかを解説。

5月6日配信 仮想通貨ニュースエクスプレス:フランスが税率引き下げ、リップルラボ...

ビットコイナー反省会で配信中の仮想通貨ニュースエクスプレス(5月6日配信)の紹介。今回はGW中の仮想通貨トピックスをピックアップ!Ripple Lab(リップルラボ)が訴えられたニュースや、国内規制の詳細と新規登録の再開へ?といった内容を約5分間でまとめています。
「Russian Blockchain Week 2018」が5月21~25日にモスクワで開催

「Russian Blockchain Week 2018」が5月21~25日に...

2018年5月21~25日の5日間、ロシアのモスクワで「Russian Blockchain Week 2018」が開催される。様々なカンファレンスやトレーニングセミナーが行われる予定で、本稿ではどういったイベント構成が組まれているのかを紹介。
リップル(Ripple)社が目指すものとは?最近の動向と噂まとめ

リップル(Ripple)社が目指すものとは?最近の動向と噂まとめ

Rippleは様々な企業との提携や新たなサービス(アプリケーション等)を開発し、さらには時価総額第3位という注目の仮想通貨である。本稿ではリップルに関連する最近の動向と噂についてのまとめを記載。噂については引き続き動向をチェックしていく。
リップル(Ripple)開催のブロックチェーンイベントにスヌープドッグを招待

リップル(Ripple)開催の招待制イベントでラッパーのスヌープドッグが公演

2018年5月11日~17日開催のRipple(リップル)開催の仮想通貨関連イベント「XRP Community Night」に有名ラッパーのスヌープドック氏が公演することが発表。招待制だが一般向けに限定10枚のチケットが配布される予定。
ビットコイン(BTC)のエバンジェリストが語る、仮想通貨業界に必要な4つのこと

ビットコイン(BTC)のエバンジェリストが語る、仮想通貨業界に必要な4つのこと

ビットコイン(BTC)エバンジェリストとしても活動するアンドレアス・アントノプロス氏がYoutube配信動画の中で語った仮想通貨業界に必要な基本的事柄についてのまとめ。他にも、2018年のBTCハードフォークについての見解コメントも紹介。
仮想通貨の証券化懸案に、SECなど米規制当局トップの厳しい発言相次ぐ

仮想通貨の証券化懸案に、SECなど米規制当局トップの厳しい発言相次ぐ

仮想通貨は商品か?証券か?という懸案について、米国の規制当局(SECやCFTC)のトップらがそれぞれCNBCのインタビューで自身の意見を公開している。連日報道されているこの一件、仮想通貨規制による(ICO、ETH等の)証券化は近いのだろうか。
ビットコイン先物取引量が回復基調へ、ファンドやETFなどはSECとの調整がカギ

ビットコイン先物取引量が回復基調、ファンドやETFなどは米SECとの調整がカギ?...

2017年12月から緩やかにスタートしたビットコイン先物取引だが、2018年4月より徐々に取引量が増加傾向にある。先物以外のビットコイン上場投資信託(ETF)取引の認可やファンドの運用については米SECの動き方で大きく変わってくるだろう。
仮想通貨取引所Binance(バイナンス)が新たな提携、バミューダに1,500万ドルを投資へ

仮想通貨取引所Binance(バイナンス)が新たな提携、バミューダに1,500万...

仮想通貨取引所バイナンスがバミューダと新たな提携をすることを発表した。またバミューダの教育面や企業へ1500万ドル(約16億円)の投資を行なうこともわかっている。今回の提携について両者はTwitterでも歓迎と喜びのコメントを公開している。
仮想通貨の時価総額は「いつか40兆ドルに達する」とPanteraCapital創業者が予測

仮想通貨の時価総額は「いつか40兆ドルに達する」とPanteraCapital創...

仮想通貨ヘッジファンド(PanteraCapital)のCEOが「仮想通貨時価総額はいずれ40兆ドルとなる可能性がある」という予測を海外メディアのインタビューで語った。また、40兆ドルに到達するのも数年とそう遅くないと市場の成長を信じている。
スイスがマルタに次いで、仮想通貨・ブロックチェーン・ICOの世界中心都市に名乗りを上げる

スイスがマルタに次いで、仮想通貨・ブロックチェーン・ICOの世界中心都市に名乗り...

クリプトバレーと呼ばれるスイスのツークや、チューリッヒを世界的な仮想通貨国家(クリプトネーション)にしようとする構想が進んでいる。スイスは現在、仮想通貨に魅了されて国創りに夢中。今後どのような仮想通貨都市となっていくのかが注目される。
Ripple(リップル)社が新たに5企業と提携、xViaを利用したスムーズな取引運用へ

Ripple(リップル)社が新たに5企業と提携、xViaを利用したスムーズな取引...

Ripple社が新たに5社(英国、米国、マレーシア)との提携を発表した。提携企業はRippleNetのxViaを利用して低コストかつ透明性の高いスムーズな取引が可能となる。提携各社はxViaの導入を歓迎し顧客に提供する事を心待ちにしている。
マルタが仮想通貨に関する3法案を承認へ、注目される規制枠組み・ICO関連の法案とは?

マルタが仮想通貨に関する3法案を閣議了承、注目される規制枠組み・ICO関連の法案...

バイナンスやOKExなど多くの仮想通貨取引所を受け入れているマルタ島が2018年4月24日、仮想通貨とブロックチェーンに関する3つの法案を提出し、閣議で承認された。注目される法案の内容やマルタ政府の発言について紹介。
リップル(XRP):2018年第1四半期の売買は前期比83%増、直販は減りプログラム販売が大幅増へ

リップル(XRP):2018年第1四半期の売買は前期比83%増、直販は減りプログ...

Ripple公式サイトで公開された2018年第1四半期マーケットレポートによると、リップル(XRP)の売買が前期比(2017年第4四半期)で83%の増加をしていることがわかった。時価総額の推移やレポートに記載されていた内容をまとめました。
金融機関20%が2018年度内にも仮想通貨市場に参入との見通し:トムソン・ロイター調査

金融機関20%が2018年度内にも仮想通貨市場に参入との見通し:トムソン・ロイタ...

トムソン・ロイターの調査によると、調査対象の金融事業者のうち約20%が、2018年度内の仮想通貨市場への参入を検討しているという。検討中のうち約70%は今後3ヵ月~6ヵ月での参入の可能性があるとのこと。考えられる仮想通貨市場への影響とは?
仮想通貨は「脅威」とナスダック&バンク・オブ・アメリカの両CEOが規制強化を訴える

仮想通貨は「脅威」とナスダック&バンク・オブ・アメリカの両CEOが規制強化を呼び...

ナスダックとバンク・オブ・アメリカの両CEOが先週(4/27)、仮想通貨は「脅威」と特定の取引規制と犯罪の可能性に関する警告を行い、規制に関する強化を求めた。ICOは証券とみなす可能性といった意見がある中での発表は規制当局に影響を与えそうだ。
4月27日配信 仮想通貨ニュースエクスプレス:イーサリアム(ETH)は証券?、コインチェックの営業利益がものすごいなど

4月27日配信 仮想通貨ニュースエクスプレス:イーサリアム(ETH)は証券?、コ...

ビットコイナー反省会で配信中の仮想通貨ニュースエクスプレス(4月27日配信)の紹介。今回はETHやその他トークンを証券にみなすかどうかをSECが検討中?といったニュースやコインチェック驚きの営業利益!といった内容を約5分間でまとめています。
仮想通貨アンケート調査:Visa、Mastercard、Unionpay利用者は認知89%、購入53%

仮想通貨アンケート調査:Visa、Mastercard、Unionpay利用者は...

国際決済サービスプロバイダーのWorldcoreが、Visa、Mastercard、Unionpayのカード顧客を対象とした仮想通貨使用状況の調査を行った。結果は「仮想通貨を知っている89%・直近12ヵ月で購入したことがある53%」だった。
仮想通貨広告禁止の相次ぐ発表、実は業界にとって良い5つの理由

仮想通貨関連の広告禁止、実はビジネス業界にとって良い5つの理由

Google、Facebook、Twitterと、大手インターネット運営会社が仮想通貨関連の広告禁止して、ビジネス関係者は大きな痛手と言われていた。しかし実際はそんなに悪いことでもない。広告禁止により業界にとって良いとされる5つの理由がある。
手数料0%のホテル予約サービス「LockTrip」、ブロックチェーン技術活用で旅行がもっとお得に

手数料0%のホテル予約サービス「LockTrip」ブロックチェーン技術活用で旅行...

手数料0%のホテル予約プラットフォームとして注目されている「LockTrip」は競合と比較すると約20%ほど安く予約できる。LockTripはブロックチェーン技術を活用しており、今までより多く、安く、安全に旅行がしたい顧客の願いが叶ったサービスである。
ナスダックCEOが仮想通貨取引所の開設を検討と明言、Gemini(ジェミニ)と協業も発表

ナスダックCEOが仮想通貨取引所の開設を検討と明言、Gemini(ジェミニ)と協...

ナスダックのアデナ・フリードマンCEOが、仮想通貨取引所の開設を検討することを明言した。開設の時期は発表されていないが、その準備段階としてGemini(ジェミニ)と技術協力契約結んだことが先日発表されたばかりだ。
くりぷ豚(とん)

仮想通貨イーサリアムで取引可能:Dapps活用のブロックチェーンゲーム「くりぷ豚...

株式会社セレスと株式会社グッドラックスリーが共同開発をした、イーサリアムブロックチェーン技術を活用したスマホ向けのゲーム「くりぷ豚(とん)」が今春(2018年)にもリリースするとのこと。メディア向け発表会へ参加したので、その内容を紹介。
バイナンスなど取引所を受け入れたマルタ島が目指す仮想通貨天国(ハブ)づくりの構想

バイナンスなど取引所を受け入れたマルタ島が目指す仮想通貨天国(ハブ)づくりの構想...

バイナンス(BINANCE)やOKExなどの仮想通貨取引所の移転発表が相次いでいるマルタ島は今、仮想通貨の世界的ハブになろうと目指している。マルタ首相はいずれ仮想通貨にも価値が付与される可能性があると語っており、今後のマルタ動向に注目が集まる。
バルト諸国で増え続けるビットコイン(BTC)決済、独自トークンも発行へ?

バルト諸国で増え続けるビットコイン(BTC)決済、独自トークンも発行へ?

バルト諸国(エストニア、ラトビア、リトアニア)でビットコイン決済が普及している。コーヒー購入にBTC決済は特別なことではないという。不動産やファッション、様々な企業が仮想通貨を導入、独自トークンの発行計画もあるようだ。今後の動きが注目される。
2018年第1四半期のICO調達資金は63億ドル、早くも2017年の通年比118%

2018年第1四半期のICO調達資金は63億ドル、早くも2017年の通年比118...

2018年第1四半期(Q1)のICO調達資金は早くも63億ドルを超えており、既に2017年の通年を上回る総額となっている(通年比118%)。Q1総額の大部分を占めているのはTelegram。ICO規制によっては今後の調達額が大きく左右される。
韓国取引所ビッサムが独自トークン「Bithumb Coin」を発行計画、シンガポールでICO実施か?

韓国取引所ビッサムが独自トークン「Bithumb Coin」を発行計画、シンガポ...

韓国大手仮想通貨取引所であるビッサムが、独自通貨の「Bithumb Coin (ビッサムコイン)」発行を計画している。韓国ではICOが禁止なので、国外でのICOが検討されているとのこと。候補地としてはシンガポールが有力では?との情報がある。
ドバイ最大の銀行(エミレーツNBD):小切手の詐欺防止対策でブロックチェーン技術を導入

ドバイ最大の銀行(エミレーツNBD)、小切手の詐欺防止対策でブロックチェーン技術...

ドバイ最大手銀行のEmiratesNBD(エミレーツNBD)が、小切手関連の詐欺を防ぐ為にブロックチェーン技術を公式採用すると発表した。「ChequeChain」と呼ばれるサービスは顧客の為にセキュリティ基準を強化することを目的としている。
仮想通貨交換業者 行政処分

仮想通貨交換業者|行政処分まとめ

過去の行政処分内容をまとめたものです。金融庁から行政処分を受けた日付、詳細内容(業務停止命令、業務改善命令)、処分内容、管轄(関東、東海、近畿、福岡など)を表で見やすいようにしたページとなります。
イーサリアム(ETH)とリップル(XRP)を証券と見なす動きが強まる、発行両者は猛反発

イーサリアム(ETH)とリップル(XRP)を証券と見なす動きが強まる、発行両者は...

米国の元CFTC委員長が講演で「イーサリアムとリップルは証券と見れる根拠がある」という旨の発表をした。これを受けETHとXRPの発行関係者は反発の声明を出している。ETHは免除の可能性も出てきているがXRPは極めて難しい立場にあるとのこと。
PayPal(ペイパル)がライトコイン(LTC)を導入すると考えられる3つの理由とは?

PayPal(ペイパル)がライトコイン(LTC)を導入すると考えられる3つの理由...

一部の海外メディアが公開している内容によると、大手決済サービスのPayPal(ペイパル)が2018年中にもライトコイン(LTC)を導入するのでは?と推測されています。それは一体なぜなのか?考えられる3つの理由を紹介します。
グリーンエネルギー利用増を目指すトークン「Solareum(SLRM)」を発行へ

グリーンエネルギー利用増を目指すトークン「Solareum(SLRM)」を発行へ...

グリーンエネルギー技術を扱う企業のSolareumが、ブロックチェーンを利用したプラットフォームを仮想通貨で支えていく新しい再生可能エネルギー市場を開設した。発行されるトークンは「SLRM」という。Solareum取り組みの詳細を紹介。
大手ベンチャーキャピタル、米SECに対し仮想通貨を証券として分類しないように要求

大手ベンチャーキャピタル、米SECに対し仮想通貨を証券として分類しないように要求...

仮想通貨業界の大手ベンチャーキャピタル2社が、米SECに対して仮想通貨を証券として分類しないように要求、規制緩和を求める提案書を提出した。SECは仮想通貨を規制する政策について明白な発言はしていない為、今後の発表が注目される。
米仮想通貨取引所コインベースがウィキリークスの決済アカウント停止:政治的背景絡みの全面戦争へ

米仮想通貨取引所コインベースがウィキリークスの決済アカウント停止:政治的背景絡み...

米国の仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)が突然、ウィキリークス・ショップの決済アカウントを凍結したという。事前連絡もなしにウィキリークスに文書が送られたとのことで、コインベースに対する反論も見られる。まさに全面戦争のようである。
サムスンが業界に先駆けてロジスティクス管理にブロックチェーン技術実装へ

サムスンが業界に先駆けてロジスティクス管理にブロックチェーン技術実装へ

韓国最大手電子機器メーカーのサムスン電子が、ロジスティクス管理にブロックチェーン技術を実装する計画があることを発表した。今回の発表で、金融を除く産業界でブロックチェーンを導入するまだ数少ない企業の1社として名乗りを上げることになった。

4月19日配信 仮想通貨ニュースエクスプレス:アダルト動画サイトがVerge決済...

2018年4月19日配信の仮想通貨ニュースエクスプレス動画紹介です!今回は大手アダルト動画サイトPornhubがVerge決済をスタートしたり、コインベースがEarn.comを買収といったニュース含む5つのニュースをピックアップしています。
ハッカーをおびき寄せるハニーポット(Honeypot)とは?知っておきたいネットワーク危機管理

ハッカーをおびき寄せるハニーポット(Honeypot)とは?知っておきたいネット...

ハニーポット(Honeypot)とは、ハッカーをおびき寄せるための甘い罠と呼ばれるシステムのこと。おびき寄せられる犯罪者を観察、おとり手法を実行し、ハッカーを陥れる流れである。今回はハニーポットがハッカーを欺いた一例を紹介。
ライトコイン(LTC)が日常利用に向けて一歩前進、TenXと提携しデビットカード作成へ

ライトコイン(LTC)が日常利用に向けて一歩前進、TenXと提携しデビットカード...

ライトコイン(LTC/Litecoin)は先日TenXと提携、デビットカード作成を計画していることを発表した。この取組によりライトコイン(LTC)は日常生活での利用に向けて一歩前進できたといえる。LitePay終了後から一転、明るいニュースとなった。

人気のインタビュー記事

直近1週間で最も読まれた記事

コインチョイスのLINE@



コインチョイスのLINE@