• Home
  • 初心者
  • 価格相場/チャート
  • ビットコインの価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • モナコイン 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • リスク 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イーサリアムクラシック 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • BitTrade (ビットトレード)
  • バイナンス(BINANCE)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • coincheck(コインチェック)
  • クラーケン (Kraken)
  • みんなのビットコイン
  • ニュース
  • 仮想通貨別記事
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (ジャーナリスト)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • ポートフォリオ
  • PR

コインチョイス編集部 (3ページ目)

コインチョイス編集部の記事一覧
コインチョイス編集部の仮想通貨に関するコラムを掲載しています。

仮想通貨を始めたい人向けの店舗「ナカモト・ハウス」がアムステルダムに登場

仮想通貨を始めたい人向けの店舗「ハウス・オブ・ナカモト」がアムステルダムに登場

仮想通貨を始めたい人向けのショップの「ハウス・オブ・ナカモト(House of Nakamoto)」がオランダのアムステルダムにオープンした。仮想通貨ATMが設置された店内で販売されているアイテムも紹介。
リップル(XRP)3,500万円相当を盗んだ23歳逮捕、10カ月に及ぶ捜査で

リップル(XRP)3,500万円相当を盗んだ23歳逮捕、10カ月に及ぶ捜査で

オーストラリアのニューサウスウェールズ州警察が10月25日、10カ月に及ぶ捜査の上、当時の価格で3,500万円相当のリップル(XRP)を盗んだとして23歳の女性を逮捕。メールアカウントのハッキングがきっかけとなった事件を紹介。
インドで初となる仮想通貨のATM設置し逮捕

インドで初となる仮想通貨のATMを設置し逮捕、約1週間で撤去

許可なしにインドで初となる仮想通貨のATMを設置したとして、仮想通貨取引所のウノコイン社(Unocoin)の設立者の2人が逮捕された。ATMが設置されてから1週間後のできごとで、仮想通貨に対して厳しい姿勢を貫くインドの状況も紹介。
仮想通貨の投資アプリが米人気テレビ番組で1,000万円以上の資金調達成功

仮想通貨の投資アプリが米人気テレビ番組で1,000万円以上の資金調達成功

アメリカの人気番組「シャーク・タンク」に仮想通貨関連のアプリを開発するベンチャー企業が登場し、10万ドル(約1,100万円)の資金調達に成功。クレジットカードなどで買い物をした際のお釣りで仮想通貨に投資できるアプリを紹介。
仮想通貨市場は2,000兆円越えに?ドバイの企業が10年後の予想を発表

仮想通貨の市場規模は2,000兆円越えに?ドバイの企業が10年後の予想を発表

投資顧問業のdeVere GroupのCEOが、今後10年の間に仮想通貨市場が少なくとも5000%以上拡大し、2,000兆円を超えるとの予想を発表。また市場は拡大する一方で、ビットコイン(BTC)の影響力は減少する理由とは?
イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンで発展途上国の農家を支援

イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンで発展途上国の農家を支援

非営利団体のオックスファム(Oxfam)とブロックチェーンスタートアップのイーサリスク(Etherisc)が提携を発表。スリランカの稲作農家向けに提供されるイーサリアムのブロックチェーンを使った保険について紹介する。
ブロックチェーンで音楽業界を変える「ファンベース(Fanbase)」とは?

ブロックチェーンで音楽業界を変える「ファンベース(Fanbase)」とは?

ブロックチェーン技術が音楽業界に大きな変革をもたらすかもしれない。ファンとミュージシャンが直接的に支援と交流できる分散型アプリケーションのファンベース(Fanbase)を紹介。ブロックチェーンで音楽業界はどう変わるのか?
ブロックチェーン技術者の年収2,000万円、他分野のエンジニアより高め

ブロックチェーン技術者の年収2,000万円、他分野のエンジニアより高め

仮想通貨市場の低迷が続く一方で、ブロックチェーンのエンジニアの需要が急増し、その平均年収は2,000万円近くになるという。他分野のエンジニアとの比較や、ブロックチェーン専門のエンジニアになるために必要な技術を紹介。
全米のATM10万台でビットコイン(BTC)の購入可能へ、ATM企業が仮想通貨の関連企業と協業

全米のATM10万台でビットコイン(BTC)の購入可能へ、ATM企業が仮想通貨の...

アメリカの仮想通貨ATM(現金自動支払機)企業とATM製造業社がパートナーシップの締結を発表。全米で10万台以上のATMでデビットカードを使用してビットコインの購入が可能になる見込み。仮想通貨ATMの市場もあわせて紹介。
リップル(XRP)に追い風、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)より人気か

リップル(XRP)に追い風、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)より人...

ワイレックス(Wirex)が10月14日、ツイッターを通じて実施したアンケート結果で、リップル(XRP)がビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)よりも人気だということが分かった。アンケートの背景やXRPの最近の動向も紹介。
CMEグループのビットコイン先物取引量は41%増、上場投資信託(ETF)の承認待ちか

CMEグループのビットコイン(BTC)先物取引量は41%増、ETFの承認待ちか

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)におけるビットコイン(BTC)先物の1日平均取引量が2018年急激に増加した第2四半期(Q2)の後の第3四半期も上昇傾向を維持していたと発表。今後の動向も併せて紹介する。
ブロックチェーン広告分析企業とトヨタが提携、デジタル広告の透明化へ

ブロックチェーン広告分析企業とトヨタ(TOYOTA)が提携、デジタル広告の透明化...

ブロックチェーン関連の広告分析企業のルシディティ(Lucidity)とトヨタが提携すること発表。ブロックチェーン技術でデジタル広告の効率化と透明化を目指す。実際に広告のパフォーマンスが21%上昇した例などを紹介する。
220億円相当のビットコイン(BTC)が手数料10円で送金

220億円相当のビットコイン(BTC)が手数料10円で送金

約220億円に相当する3万ビットコイン(BTC)が手数料わずか約10円で送金されていたことが分かった。仮想通貨反対論者として知られるニューヨーク大学のヌリエル・ルビーニ教授へ集まった批判などを紹介する。
中国人民銀行(PBoC)がブロックチェーン技術者公募 法定デジタル通貨開発促進へ

中国人民銀行がブロックチェーン技術者公募、法定デジタル通貨開発促進へ

中国人民銀行(PBoC)が中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行を目指してブロックチェーン技術者と経済的影響をリサーチする研究者を募集している。中国が独自のデジタル通貨を発行する目的なども併せて解説。
「仮想通貨の規制整備に2年以上必要」英国の法律専門家の見解

「仮想通貨の規制整備に2年以上必要」英国の法律専門家の見解

ロンドンに本拠地を置く法律事務所が、イギリスにおける仮想通貨の規制整備には最低でも2年かかるとの見解を発表した。これまでの金融に関する規制の事例など、なぜイギリスで規制整備に時間がかかるのかを解説する。
「暗号資産は今後世界経済のリスクになりうる」G20の金融安定理事会(FSB)が報告書

「暗号資産は今後世界経済のリスクになりうる」G20の金融安定理事会(FSB)が報...

金融安定理事会(FSB)が、当面は暗号資産が世界の金融の安定性に重大な影響を及ぼすことはないとしながらも、将来的には金融市場の安定に影響を及ぼす可能性があることを発表。暗号資産のリスクと考えられる対策を紹介する。
韓国の仮想通貨取引所ビッサム(Bithumb)が38%利権をシンガポール投資会社に譲渡

韓国の仮想通貨取引所ビッサム(Bithumb)が38%利権をシンガポール投資会社...

韓国の大手仮想通貨取引所ビッサム(Bithumb)が、シンガポールの投資会社BKグローバルコンソーシアムに38%ほどの利権を譲渡したことを発表した。シンガポールにも進出するのか?ビッサムのこれまでの利益なども併せて紹介。
必見!ビットコイン(BTC)・仮想通貨取引所の比較ランキング【2018年最新】

ビットコイン(BTC)・仮想通貨取引所 おすすめ比較ランキング【2018年最新】...

仮想通貨に興味を持ち、いざ取引を始めようと思った時に悩むのがどの取引所で口座を開設するのかという問題。取引所を選ぶポイントとなる手数料やセキュリティなどの解説とともに、いくつかの取引所を比較しました。
ビットコイン(BTC)開発者Jimmy Song氏の動画解説:サブマリンスワップとは?

ビットコイン(BTC)開発者Jimmy Song氏の動画解説:サブマリンスワップ...

ビットコインの開発者であり、そして起業家でもあるジミー・ソン(Jimmy Song)氏がYoutubeにて「サブマリンスワップ」について語った際の動画翻訳(和訳)です。サブマリンスワップを理解する為の基礎知識アトミックスワップについても解説。
今年の仮想通貨ハッキング被害が1000億円超、2017年の約3.5倍

今年の仮想通貨ハッキング被害が1000億円超、2017年の約3.5倍

ブロックチェーンセキュリティ企業のサイファートレイス(CipherTrace)が10月10日、仮想通貨のハッキング被害とマネーロンダリングに関するレポートを公開。2018年の被害総額は2017年の3.5倍の1000億円以上になると発表した。
スイスのクリプトバレー:仮想通貨とブロックチェーン関連企業の進出トップ50社の価値が4兆円超

スイスのクリプトバレー:仮想通貨とブロックチェーン関連企業の進出トップ50社の価...

スイスのクリプトバレーは、ここ1年でますますの発展をみせている。仮想通貨やブロックチェーン関連企業が次々と進出しており、トップ50社の企業価値は440億ドル(4兆円以上)を超えるという。クリプトバレーの現在状況を紹介。
ソルト(SALT)がライトコイン(LTC)を採用、そのメリットとは?

ソルト(SALT)がライトコイン(LTC)を採用、そのメリットとは?

ローンを仮想通貨で組むことができるソルト(SALT)がライトコイン(LTC)を採用したと発表した。そもそもソルトはどういったプロジェクトなのか、そしてライトコインを採用することによって生まれたメリット紹介する。
「中国はビットコイン(BTC)の脅威となる」プリンストン大学など研究者の論文公開

「中国はビットコイン(BTC)の脅威となる」プリンストン大学など研究者の論文公開...

米国のプリンストン大学、フロリダ大学の研究者グループが、中国はビットコイン(仮想通貨)にとって脅威となりうる論文を公開した。研究者たちが調査・分析した中国のマイニング事情、ビットコインへの脅威に関する内容を紹介する。
ドバイが独自デジタル通貨「emCash」を市民に提供する世界初の都市を目指す

ドバイが独自デジタル通貨「emCash」を市民に提供する世界初の都市を目指す

ドバイ政府認可で発行を進めているブロックチェーンベースのデジタル通貨「emCash」が近々、公共料金や学費支払い、買い物時に使用されるという。Pundi Xが提供するPOSがドバイに設置されることで暗号通貨を普及させるきっかけになりそうだ。
リップル(Ripple)共同創業者のクリス・ラーセン氏がForbes選出の米富裕層400人にランク入り

リップル(Ripple)共同創業者のクリス・ラーセン氏、Forbes選出の米富裕...

リップル(Ripple)共同創業者であり、元CEO(現取締役会長)のクリス・ラーセン氏が、フォーブス(Forbes)が選ぶアメリカの富裕層400人にランク入りした。資産額や、トップ1~3位のランキング詳細などを紹介。
一流大学が続々仮想通貨の総合コースを開設!スタンフォード、MIT、UCバークレー校など

一流大学が続々仮想通貨の総合コースを開設!スタンフォード、MIT、UCバークレー...

米国の一流大学(スタンフォード、MIT、UCバークレー校など)が仮想通貨やブロックチェーン関連が学べるコースを続々と開設、この業界の育成に力を入れている。本稿では、各校のコースの概要や大学側の思いなどを紹介。
第6回「仮想通貨交換業等に関する研究会」開催、問題がある仮想通貨の取扱など議論

第6回「仮想通貨交換業等に関する研究会」開催、問題がある仮想通貨の取扱などを議論...

金融庁が10月3日に第6回「仮想通貨交換業等に関する研究会」を開催した。同研究会では仮想通貨交換業について、支払いや決済手段、投機対象といった問題から、セキュリティに関する課題まで議論が行われた。
ヨーロッパで仮想通貨のATMが増加、ビットコインキャッシュ(BCH)の普及が拡大

ヨーロッパで仮想通貨のATMが増加、ビットコインキャッシュ(BCH)の普及が拡大...

ヨーロッパにおいて、仮想通貨ATMの設置が増加している。ビットコイン(BTC)だけではなく、ビットコインキャッシュ(BCH)対応のATMが増えてきており、BCHの普及が拡大しているという。ヨーロッパでの仮想通貨ATM設置数などについて紹介。
イーサリアム(Ethereum)のブロックチェーンでニューヨークの高級コンドミニアムがトークン化

イーサリアム(Ethereum)のブロックチェーンでNYの高級コンドミニアムがト...

ニューヨークのマンハッタンにある30億円相当の高級コンドミニアムがイーサリアム(Ethereum)のブロックチェーンでトークン化されることが分かった。ブロックチェーン技術を導入する不動産投資の可能性とは?
ビットコイン(BTC)以外の先物取引開始へ、米最大手ブローカー企業TD Ameritradeが出資

ビットコイン(BTC)以外の先物取引開始へ、米最大手ブローカー企業TD Amer...

ウォールストリートにある米最大手ブローカー企業TDアメリトレード(TD Ameritrade)が、新たな仮想通貨取引所ErisXの新事業に出資。ここ数カ月で台頭する仮想通貨関連企業や気になる仮想塚市場の今後の展望は?
CFTC委員長が仮想通貨の将来性に期待、法定通貨の3分の2は価値なし

CFTC委員長が仮想通貨の将来性に期待、法定通貨の3分の2は価値なし

米商品先物取引委員会(CFTC)のクリストファー・ジャンカルロ(Christopher Giancarlo)委員長が法定通貨の3分の2に価値がないとの見解を表明。同委員長が期待する仮想通貨の将来性とは?
イーサリアム企業連合(EEA)とハイパーレジャー(Hyperledger)がブロックチェーンの共通基準作りで協業

イーサリアム企業連合(EEA)とハイパーレジャー(Hyperledger)がブロ...

イーサリアム企業連合(EEA)とハイパーレジャー(Hyperledger)が協業を発表。R3を含めて世界3大企業ブロックチェーン・エコシステムとして知られている中の2つのプラットフォームの協業の目的とは?
世界初の仮想通貨の銀行へ、スイスのスタートアップが約115億円の資金調達に成功

世界初の仮想通貨の銀行へ、スイスのスタートアップが約115億円の資金調達に成功

スイスのセバ・クリプト・AG(SEBA Crypto AG)が1億スイスフラン(約115億8000万円)の資金調達に成功。セバが目指す仮想通貨と法定通貨の交換サービスを提供する銀行業認可済み銀行の未来とは?
米議員団がSECに仮想通貨とICO規制ガイドライン作り求める D.C.消息筋は早期決着に悲観的

米議員団がSECに仮想通貨とICO規制に関するガイドライン作り求める

米議員団が米証券取引委員会(SEC)に仮想通貨とICOに関する規制ガイドラインを早期に作るよう求めている。SECのジェイ・クレイトン委員長宛ての文書で、最終的なガイドラインを出せないでいることに懸念を表明している。
仮想通貨(ビットコイン)投資を始める方必読【初心者向けコラム】

【仮想通貨(ビットコイン)の始め方】初心者でもわかりやすい解説コラム

仮想通貨(ビットコイン)への投資を始める方向けに、仮想通貨とは?から、よく聞く専門用語の解説、初心者向けコラムをまとめました。このページを参考に仮想通貨業界での用語理解、そして投資の準備をしてみてはいかがでしょうか?
仮想通貨に対する興味がロシアで上昇?規制にも関わらずTelegramの仮想通貨グループ増加

仮想通貨に対する興味がロシアで上昇?規制にも関わらずTelegramの仮想通貨グ...

4月に規制を受けたメッセージアプリのテレグラム(Telegram)で仮想通貨関連のユーザーは継続して上昇しているとロシアの研究グループが発表した。ロシアのユーザーの間で仮想通貨に対する関心が上昇している。
ビットコインが英単語作成ゲームのスクラブル専用辞書に登録

ビットコインが英単語ゲームのスクラブル専用辞書に登録

米メリアム・ウェブスターが、言葉遊びゲームのスクラブル 専用辞書の第6版を2018年9月24日に発刊。ゲームの中で使用可能な単語として「bitcoin(ビットコイン)」が新たに常用語として登録された。
米国政府機関が約6.3億円を費やし、仮想通貨ユーザーの実態を調査していた

米国政府機関が約6.3億円を費やし、仮想通貨ユーザーの実態を調査していた

米国の政府機関が仮想通貨ユーザーについて調査するため、ブロックチェーンの追跡・分析をする企業への調査依頼のためかけられた費用が約570万ドル(約6億3,800万円)にまでおよぶことが調査会社Diarのデータにより判明した。
9月25日配信 仮想通貨ニュースエクスプレス:ザイフ(Zaif)ハッキング、チケット転売をブロックチェーンで防止…など

9月25日配信 仮想通貨ニュースエクスプレス:ザイフ(Zaif)ハッキング、チケ...

ビットコイナー反省会が配信する仮想通貨ニュースエクスプレス(9月25日配信分)の紹介。9月19日頃に発生したザイフ(Zaif)ハッキング事件やブロックチェーン使用のチケット転売防止システム、LINEの仮想通貨に関する情報などを解説。
ビットコイン(BTC)・ブロックチェーンで国際送金開始へ、SBIレミットがアフリカ企業と提携

ビットコイン(BTC)・ブロックチェーンで国際送金開始へ、SBIレミットがアフリ...

SBIグループ企業で国際送金業のSBIレミットがアフリカで送金業を展開するフィンテック企業ビットペサ(BitPesa)との提携し、ビットコイン・ブロックチェーンを使い日本とアフリカ間の送金サービスを開始する。
グーグル10月から日米で仮想通貨に関する一部の広告解禁へ

グーグル(Google)10月から日米で仮想通貨に関する一部の広告解禁へ

グーグル(Google)が金融商品およびサービスに関する広告ポリシーを10月に更新し、これまで規制対象としていた仮想通貨取引の宣伝をアメリカと日本で許可することを発表した。ICOやウォレットに関する広告は引き続き規制対象になる。
仮想通貨交換業者 行政処分

仮想通貨交換業者|行政処分まとめ

過去の行政処分内容をまとめたものです。金融庁から行政処分を受けた日付、詳細内容(業務停止命令、業務改善命令)、処分内容、管轄(関東、東海、近畿、福岡など)を表で見やすいようにしたページとなります。
ブロックチェーンベース決済プラットフォームがドバイ政府機関で導入開始

ブロックチェーンベース決済プラットフォームがドバイ政府機関で導入開始

ドバイ政府財務庁(DoF)は、 ドバイスマートシティー化プロジェクトを進めるSmart Dubai Office(SDO)と提携して、ブロックチェーンベースの決済プラットフォームを警察や交通局などに導入することを開始した。
イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンを活用した商品取引プラットフォーム開設へ

イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンを活用した商品取引プラットフォー...

イーサリアム(Ethereum)ベースのブロックチェーンを活用した石油や穀物などの商品取引プラットフォームが開設。シェルなどの石油会社や大手銀行など15社が提携し、取引の合理化と業界標準を目指した次世代取引プラットフォームとなる。
仮想通貨ウォレットの0.7%がビットコイン(BTC)の87%を保有

仮想通貨ウォレットの1%未満が全ビットコイン(BTC)の87%を保有か

仮想通貨のウォレットの中身や動き、持ち主の動向などを調べたユニークな調査結果が発表され、0.7%の仮想通貨ウォレットがビットコイン(BTC)全量の87%を保有しており、その価値は950億ドル(約10兆6,000億円)を上回るという。
中国人民銀行が違法性のあるICOへの注意喚起など仮想通貨投資家に警告

中国人民銀行が違法性のあるICOへの注意喚起など仮想通貨投資家に警告

中国中央銀行(PBoC)が、仮想通貨取引とICO(イニシャル・コイン・オファリング)に関して1年ぶりに新たな警告を発表。また海外との取引に関与するIPアドレスのブロックや口座の閉鎖していたことも分かった。
香港のブロックチェーン投資企業が円に固定したステーブルコイン発行で1億香港ドル調達へ

香港の企業が円を基軸としたステーブルコイン発行へ、約14億円の資金調達計画発表

香港のブロックチェーンファンド企業が、円固定のICOトークンを発行して、1億香港ドル(約14億3,000万円)を調達する計画を発表した。1,700億円の資産を持つこの企業は、2018年末から19年初めにコインを発行予定。
2019年初までに米国内の携帯電話コールの約半数が詐欺電話に?すでに1/3は犯罪絡み

2019年初までに米国内の携帯電話コールの約半数が詐欺電話に?すでに1/3は犯罪...

ある調査によると米国内の携帯電話コールが2019年始め頃には約半数が詐欺からのコールになるとの予測が報告されている。2018年に一気に伸びた詐欺電話率、現状の様子と、今後の対処策はどういったものがあるのかなどを紹介する。
ザイフ(Zaif)ハッキング被害でビットコイン(BTC)など仮想通貨67億円相当流出

ザイフ(Zaif)ハッキング被害でビットコイン(BTC)など仮想通貨67億円相当...

テックビューロ株式会社は9月20日未明、同社が運営する仮想通貨取引所ザイフ(Zaif)が不正アクセスによるハッキング被害を受け、管理する仮想通貨の一部が流出していたことを発表した。被害総額は約67億円相当になる見込み。
SBIホールディングス、Ripple(リップル)のDLT活用のスマホ向け決済アプリMoneyTapを今秋にも稼働

SBIホールディングス、Ripple(リップル)DLT活用のスマホ向け決済アプリ...

SBIホールディングスとRippleの合併事業「SBI Ripple Asia」がスマホ向けの決済アプリ「MoneyTap」を2018年秋にも開始する予定ということがわかった。すでにロゴも出来上がっており、リップルファンを心待ちにさせている。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@





@coinchoice