• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • 田上 智裕(株式会社techtec CEO)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (フリーライター)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • coincheck(コインチェック)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • バイナンス(BINANCE)
  • Huobi(フォビ)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • 楽天ウォレット
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • クラーケン (Kraken)
  • ポートフォリオ
  • PR
  • イベントまとめ

西内 達也

西内 達也
暗号通貨に魅了され、ブログの執筆活動を行う。非中央集権を夢見て、その先の未来が楽しみで仕方ない。筋肉ハーベスター 、アーティスト。ブロックチェーン技術の応用を考案しており、 ICO、Altcoinトレードなども行う。 Twitter:@BFM33211
記事一覧はコチラ

仮想通貨を知ったきっかけ、興味を持った理由を教えてください。

学生の長期休暇で、BitcoinとRippleの存在を知りました。目先のお金欲しさに某取引所でFXをしたのが始まりです。 FXなんてやったことない私は、とにかく我武者羅にフルレバをかけて資金を溶かしていったのを覚えています。これが、Bitcoinに浸かることになったきっかけです。 Bitcoinのことは何も知らずにFXだけしていたけれど、これってなんなんだろう!?と疑問を抱いたのは、資金が尽きそうな時でした。 1日、2日、3日目・・・とBitcoinについて調べるにつれ一人で感極まったのを覚えています。その技術やSatoshi Nakamotoの思想の面白さと素晴らしさに、ワクワクしていました。

仮想通貨で資金運用するようになって感じることはありますか?

生れながら、なんとなく使っていた現在の金融システムに疑問を抱いたことなんてありませんでした。 皆当たり前に銀行にお金を預け、自分のお金であるはずなのに手数料を取られ、銀行の営業に合わせて振込をしたり。当たり前だったことに疑問を持ち始めたのもBitcoinを知ってからです。

仮想通貨の知識はどのように習得しているのですか?

とにかくBitcoinについて情報収集をし、フォーラムや参考書を読み漁りました。 完全に私の頭の中は、非中央集権と分散化で作られるようになりました。その中でアルトコインの存在を知りました。わけもわからずとにかく買っては調べるを繰り返していました。 2016年6月、NEM(XEM)と出会う。当初、日本の取引所には置いていなかったXEMを海外で購入しました。 実際にXEMの技術を調べ始めたのは、2016年10月頃の話です。NEMの仕組みはBitcoinとはまた違い、それぞれがそれぞれの方向で通貨としての存在を担うべく進んでいました。

通貨として担っていくのは何だと思いますか?

私は、特にNEMを推していた訳ではありませんが、様々なアルトコインがある中で、通貨として担うことができるのは何か?を自分なりに模索していました。私が考えたポイントは、とても単純です。通貨として最低限必要なことにフォーカスしました。
1)送金から着金までスピーディーであること。
2)手数料は現金融システムより安いこと。
この2つが通貨として必要な最低限のことだと思いました。そんな中、2016年末にかけてBitcoinの送金は詰まり始めました。市場が拡大していたことがきっかけです。同時に送金手数料も高騰し、Bitcoinは正直使いづらく感じてました。その面NEMは安定的に早い送金に加え、手数料も遥かに安かったのです。ここからNEMに魅力を感じ詳しく調べ始めました。

NEMに期待することは何ですか?

NEMを調べていくと、NEMには市場に出ている上位の暗号通貨でできる機能は大抵網羅されていることがわかりました。 NEMは、POIというアルゴリズムを採用した独自のブロックチェーンで、ネームスペースを利用した独自モザイクの発行や公証技術、投票機能にスマートコントラクト、 マルチシグの標準装備。特に面白いのはAPIの使い勝手。これにより誰でもNEMのAPIを利用しアプリケーション開発が可能ということ。これは拡張性が大きいとも言えます。 みんなでNEMを作り上げることができる。さらにcatapultの導入によるアグリゲートトランザクションにも期待が持てます。

仮想通貨のここが面白い!と感じるのはどんなところですか?

調べれば調べるほどブロックチェーンに興味が湧き、Counterpartyを使ったプロジェクトRAREPEPEやMemorychainで遊び始めました。 何が面白いかって!?ブロックチェーン上に自分が書いたアートを残し、誰にでも送ることができるということ。 革命的でした。まさにデジタルアートの先駆けだと思いました。著作権が問題視される現代に置いて、このブロックチェーンで作るデジタルアートは、著作権の新しい形かもしれないと思いました。

仮想通貨関連のグッズを作っているって本当ですか?

暗号通貨やブロックチェーンの面白さをもっと世の中に伝えたい、暗号通貨をもっと身近な存在にしていきたいという一心で関連アパレルやグッズを作り始めました。 敷居が高そうに感じる暗号通貨をもっと肌に近い存在にしたいという思いで、どうすれば伝えられるかを考えていました。

今後の仮想通貨の展望を教えてください!

暗号通貨は通貨である。というのが私の中にあり、通貨なのだから使っていくべきと思っています。確かに利幅も大きくとれるため、単に投資として見るのが普通かと思いますが、それは本来の姿ではないと思っています。暗号通貨という小さな経済圏をもっと回していくべきたと思いましす。時間が市場を作るのではなく、私たちが作るのです。誰かが動かないと何も始まらないですし、暗号通貨市場を広げたいのであれば、自分に出来る範囲で動くべきかなと思います。少しづつですが、みんなで暗号通貨を使えるところを増やしていけたらと思っています。 暗号通貨はP2Pベース、つまりみんながそれぞれ主役であり、その集合体が暗号通貨経済圏なのではないかと思っています。

西内 達也の記事一覧
西内 達也の仮想通貨に関するコラムを掲載しています。

ネム(NEM)プロジェクトへの貢献で報酬が貰える「NEM HUB」とは?

仮想通貨ネム(NEM)に、プロジェクトへの貢献活動を行うことで報酬が得られる仕組みのプラットフォームが発表された。現在は試験的な公開となっており、2020年7月には各国言語への翻訳とローカライズを終え、通常公開となる予定だ。
仮想通貨ネム(NEM)がDAO Makerとパートナーシップを発表

仮想通貨ネム(NEM)がDAO Makerとパートナーシップを発表

仮想通貨ネム(NEM)がこのほどダオメイカー(DAO Maker)とのパートナーシップを発表。ブロックチェーン技術の実装に関するコンサルなどを行うダオメイカーとのパートナーシップの影響などを紹介します。

ネムログ(nemlog)にライブ配信機能が追加!ブロックチェーンと動画配信の親和...

仮想通貨ネム(NEM)のブロックチェーンを利用した寄付機能付きブログサービス「ネムログ(nemlog)」に動画配信機能が追加された。ブロックチェーンを組み込んだ動画配信サービスは初であり、現在の市況に合わせて、これからの発展が期待できる。

仮想通貨ネム(NEM)、SYMBOLテストネット更新と要点まとめが公開

先日、組織改編を行った仮想通貨ネム(NEM)プロジェクト。2020年11月がSYMBOLローンチ予定となっているものの、新トークンの発行や現行のプログラムからの変更など、さまざまな点が更新される。その内容について、再確認しておこう。

仮想通貨ネム(NEM)、組織改編とSYMBOLローンチ新計画を発表

仮想通貨ネム(NEM)プロジェクトの組織改編とシンボル(SYMBOL)ローンチの最終予定が公開された。NEM財団も解体され、オープンソースプロジェクトの強みをより活かし、コミュニティも力を合わせて、技術向上に努めていくことが望ましい。
仮想通貨ネム(NEM)、シンボル(SYMBOL)対応のウォレットやエクスプローラーがリリース

仮想通貨ネム(NEM)、シンボル(SYMBOL)対応のウォレットやエクスプローラ...

仮想通貨ネム(NEM)移行委員会の14回目アップデートでは、シンボル(SYMBOL)対応のデスクトップウォレットやエクスプローラーのリリースが発表された。今後、モバイルウォレットのテストも予定されており、是非とも参加して確認したいところだ。

ネム(NEM)移行委員会で続く議論とシンボル(SYMBOL)開発進捗

仮想通貨ネム(NEM)は2020年第2四半期を目標にシンボル(SYMBOL)へとなる予定だが、現在移行委員会ではセキュリティ面の精査と現行のNEMネットワークに関する議論が行われているようだ。近々モバイルウォレットのテストも開始される。

仮想通貨エニグマ(Enigma)のプロトコル変更でガバナンス要素が追加!

仮想通貨エニグマ(Enigma)がプロトコルを更新し、ガバナンス要素を追加した。これによりコミュニティの意見が、投票によって開発へ反映されることとなり、より分散的かつ活発な開発へとなっていくことが期待される。
メインネットを開始したエニグマ(Enigma)、プロトコルの変更点とその今後

メインネットを開始したエニグマ(Enigma)、プロトコルの変更点とその今後

ブロックチェーンのプライバシーソリューションを進めるエニグマ(Enigma)は先月メインネットが正常に立ち上がったことを発表しました。コンセンサスレイヤーの変更の概要と、今後のエニグマの動きをまとめました。

仮想通貨ネム(NEM)移行委員会、モバイルウォレットテストの参加者を募集中

12回にもなる仮想通貨ネム(NEM)移行委員会のアップデートでは、さまざまな改善とシンボル(SYMBOL)版モバイルウォレットの募集などの発表が行われた。最新バージョンのSYMBOLもリリースされ、生じたバグも着々と修正されている。
エニグマ(Enigma)が米国証券取引委員会(SEC)との和解、メインネット立ち上げを発表

エニグマ(Enigma)が米国証券取引委員会(SEC)との和解、メインネット立ち...

ブロックチェーンのプライバシーソリューションを進めるエニグマ(Enigma)がSEC(米国証券取引委員会)との和解とメインネットのローンチを発表しました。今回エニグマから発表された内容をまとめて紹介します。

仮想通貨ネム(NEM)ブロックチェーンSYMBOLのブランドガイドラインを発表

仮想通貨ネム(NEM)の次世代ブロックチェーン「シンボル(Symbol)」のブランドガイドラインが発表された。企業向けとして考えられるユースケースや、どのような目的から開発されたのか、その意図が全てまとめられている。
ネム(NEM)移行委員会、SYMBOLローンチ目標を2020年第2四半期へ修正

ネム(NEM)移行委員会、SYMBOLローンチ目標を2020年第2四半期へ修正

SYMBOLブロックチェーンへのアップデートを控えた仮想通貨ネム(NEM)の移行委員会はローンチ目標を2020年第2四半期へ後方修正した。テストネットにおける動作確認で出たバグなどを排し、より確かなプロダクトを目指しての修正のようだ。

カイバーネットワーク(Kyber Network)における月間取引量が過去最高に...

分散型取引所(DEX)として機能するプラットフォームの「カイバーネットワーク(Kyber Network)」における1月の取引量が過去最高値を記録した。USD、BTC、ETHのそのほとんどが最高値を更新しており、今後の活発化が期待できる。
STO事業を展開するスタンダードキャピタルがブロックチェーン企業のLuxTagとパートナーシップ締結

STO事業を展開するスタンダードキャピタルがブロックチェーン企業のLuxTagと...

STO事業を展開するスタンダードキャピタルがブロックチェーン企業のLuxTagとパートナーシップ締結を発表。安全なSTO(セキュリティ・トークン・オファリング)市場の構築をはじめ、各国における金融のデジタル化への対応を支援する。

ネム(NEM)の新ティッカーは「XYM」に!シンボル(SYMBOL)ブランドに関...

次世代ブロックチェーンシンボル(SYMBOL)への移行を進める、仮想通貨ネム(NEM)の新たなティッカー名が決定した。また合わせてブランドガイドラインに関するアップデートも公開され、実用時の利用なども考え、動きが進められている。

仮想通貨ネム(NEM)で決済!ホテル予約サイトが対応を発表

宿泊施設予約サイトを運営するトラバラドットコム(Travala.com)が仮想通貨ネム(NEM/XEM)での決済対応を行うことが発表された。既にホームページでは利用できるようになっており、日本国内のホテルでも支払いが可能なようだ。

仮想通貨ネム(NEM)講演会参加レポート:ブロックチェーン活用事例とSymbol...

2020年1月19日に次世代ブロックチェーンシンボル(Symbol)のローンチに向けた仮想通貨ネム(NEM)の講演会が行われた。これまでNEMを活用してさまざまなプロダクトを開発してきた人達による講演の内容と、会場の様子をレポートする。

仮想通貨ネム(NEM)、SYMBOLローンチ目標とプロセスが発表

テストネットが公開された仮想通貨ネム(NEM)次世代ブロックチェーンのシンボル(SYMBOL)は、2020年第一四半期のうちにローンチからレビューまでを完了させる予定であると、移行委員会から発表された。そのプロセスについて確認していこう。

ネム(NEM)の次世代ブロックチェーン「SYMBOL」テストネットが公開

NEMカタパルトの次世代ブロックチェーンとして開発が進んでいるシンボル(SYMBOL)のテストネットが公開された。企業向けブロックチェーンとして開発・準備が進められており、テストネットで実際にどのようなことが実現できるか試す機会でもある。

ネム(NEM)次世代ブロックチェーンSYMBOLに向けた講演が東京南青山で開催

新ブランド名が決まった仮想通貨ネム(NEM)カタパルトだが、東京都の南青山にて日本コミュニティの有志による講演会が開催される。NEMブロックチェーンを活用したプロジェクトに関わる人々による講演など、これからの動きを知る機会にもなるだろう。

仮想通貨ネム(NEM)カタパルト後の新ブランド名は「Symbol」に決定

仮想通貨ネム(NEM)のカタパルトアップデートに伴い、リブランディングも併せて行われることとなっている。名称が決まり、引き続き市場で用いられるティッカーの投票もされる予定だ。リリースに向けて、着々とその準備は進められているように感じる。

ネム(NEM)カタパルト間近?Fusichoアップデートリリースが財団技術部門よ...

ネム(NEM)カタパルトの開発が更に進んでいます。NEM財団技術部門の10月度のアップデートで、Fusichoバージョンのリリースが発表されました。さまざまなアプリケーションのベータ版にも触れることができ、ローンチも間近に感じられます。
ネム(NEM)カタパルト、Elephantアップデートでハーベストの問題などを改善!

ネム(NEM)カタパルト、Elephantアップデートでハーベストの問題などを改...

仮想通貨ネム(NEM)のエレファントアップデートが行われた。3度目となる今回で、これまで不都合となっていたネームスペースやモザイクの使用料やハーベストの問題が改善されている。利用者に更に優しくなった設計となっており、その詳細を確認したい。
ネム(NEM)カタパルト移行手続きQ&A:利用者は手続きに注意

ネム(NEM)カタパルト移行手続きQ&A:利用者は手続きに注意

仮想通貨ネム(NEM)のカタパルト移行スケジュールが修正され、いよいよローンチが近づいてきた。2チェーン制を導入していることから、さまざまな移行手続きが必要となるが、その問題や移行可能かどうかなど、今一度確認しておこう。
ネム(NEM)カタパルト移行委員会から、移行に向けた修正スケジュールや詳細が発表

ネム(NEM)カタパルト移行委員会から、移行に向けた修正スケジュールや詳細が発表...

ネム(NEM)のカタパルト移行に関するスケジュールや概要をまとめたアップデートが移行委員会より発表された。2019年内の移行を目指していたものの、状況により少しスケジュール修正が行われたようだが、それでも着々と準備は進んでいる。
ICOプラットフォーム「COMSA CORE」はブロックチェーンの枠を超える可能性

ICOプラットフォーム「COMSA CORE」はブロックチェーンの枠を超える可能...

2017年に日本発の大型ICOとして動き出したトークンスワッププラットフォームの「コムサ(COMSA)」製品版が公開された。ICOやIEOだけでなく、さまざまな分野への活用も考えられ、トークンエコノミーの更なる成長も予想される。
仮想通貨エニグマ(ENG)がメインネットローンチに向けて一歩前進

仮想通貨エニグマ(ENG)がメインネットローンチに向けて一歩前進

本当の意味での分散化を目指すプロジェクトエニグマ(Enigma)が、着々とメインネット立ち上げに向けて進んでいます。トークン保有量のスナップショットも完了し、これからジェネシスゲームが始まろうとしています。
ネム(NEM)カタパルトへの移行方針やnemgraphのリリース紹介!NEM財団9月度報告まとめ

ネム(NEM)カタパルトへの移行方針やnemgraphのリリース紹介!NEM財団...

仮想通貨ネム(NEM)がカタパルトのリリースを控え、財団などもこれまで以上に活発な動きを見せている。今回の9月度報告では、その移行方針や評議員の活動内容、そして日本でリリースされたnemgraphの紹介などがされた。

ネム(NEM)カタパルトの移行方針が発表!仮想通貨取引所やホルダーは手続き必須?...

カタパルト(Catapalut)のリリースが近づいてきたネム(NEM)に、カタパルト移行についての発表があった。アップデートに関して、カタパルトチェーンは別物となる予定だったが、移行はどのようにされるのだろうか。
エニグマ(Enigma)の新提携でブロックチェーンとWeb3.0の関係強まる?

エニグマ(Enigma)の新提携でブロックチェーンとWeb3.0の関係強まる?

プライバシーのソリューションを掲げるエニグマ(Enigma)が次に提携したのは、Web3.0のプラットフォーム構築を目指すスタートアップ企業でした。これによりWeb3.0の開発が更に速度を増すのではないでしょうか。

AIと医療を繋ぐブロックチェーン:Ocean Protocolの提携続く

さまざまな分野で活用され始めている分散型データ交換プロトコルのオーシャンプロトコル(Ocean Protocol)が、AIと医療の架け橋となり得る提携を発表しました。機密性の高い分野において、より存在感を高めています。
ネム(NEM)ブロックチェーン版インスタグラム?「nemgraph」サービス開始

ネム(NEM)ブロックチェーン版インスタグラム?「nemgraph」サービス開始...

ネム(NEM)ブロックチェーンを活用した写真投稿型SNS「nemgraph」がリリースされた。改ざん不可や残り続けるというブロックチェーンの性質が非常にマッチしており、これまでにない次世代のSNSになるのではないだろうか。
NEM財団8月のアップデートを発表、各国コミュニティーの活動を報告

NEM財団8月のアップデートを発表、各国コミュニティーの活動を報告

ネム(NEM)財団がこのほど、2019年8月のアップデートを発表した。日本で開催された「EXA KIDS」でウォレットアプリの展示など日本コミュニティーの活動の他、その他の国における活動報告をまとめて紹介する。

ブロックチェーンで中古車情報を管理!シンガポール企業がOcean protoco...

中古車情報をブロックチェーンで管理できるマーケットプレイスの構築を目指し、オーシャンプロトコル(Ocean protocol)がシンガポール企業と提携しました。日本国内でも情報改ざん問題があり、注目すべきケースではないでしょうか。
日本のネム(NEM)コミュニティ有志による実用化コンペが開催

日本のネム(NEM)コミュニティ有志による実用化コンペが開催

日本国内においても、コミュニティの動きが活発なネム(NEM)ですが、有志による実用化に向けた開発コンペが開催されました。さまざまなアイディアを形にしつつ、技術者間でのコミュニケーションもより活発になることが期待されます。
2019年前期の暗号通貨市場を振り返る

2019年前期の暗号通貨市場を振り返る

「クリプトウィンター」と呼ばれた仮想通貨にとっての冬の時代も明け、2019年は技術導入などの気勢も高まり、米国最大手のFacebookもブロックチェーンに参入するといった宣言もありました。一度振り返り、これからの業界を考えてみましょう。
ネム(NEM)が建設業界技術に採用!ブロックチェーンの商用化広がる

ネム(NEM)が建設業界技術に採用!ブロックチェーンの商用化広がる

これまで医療・エネルギー管理の分野で採用されていたネム(NEM)ですが、今回、建設分野におけるBIM技術にNEMブロックチェーンが一部採用されました。ブロックチェーン技術の商用利用としての新たなユースケースになるのではないでしょうか?
ネム(NEM)ブロックチェーンで再エネ化促進を目指す日本の事業

ネム(NEM)ブロックチェーンで再エネ化促進を目指す日本の事業

ネム(NEM)ブロックチェーンを用いて、電力のトレーサビリティを実現し、再エネ化を促進する「みんな電力」という企業がある。これからの環境配慮に関して、ブロックチェーンの有用性を示す一つのユースケースとなっているのではないだろうか。
プライバシーソリューションを進めるエニグマ(Enigma)がテストトークンの配布日程を発表

プライバシーソリューションを進めるエニグマ(Enigma)がテストトークンの配布...

ブロックチェーン技術におけるプライバシーソリューションを進めるエニグマ(Enigma)がこのほどテストトークンの配布スケジュールを発表。発表内容とジェネシスゲーム(Genesis Game)について紹介する。
ネム(NEM)財団とテックビューロの正式提携も!7月度の財団活動報告が発表

ネム(NEM)財団とテックビューロの正式提携も!7月度の財団活動報告が発表

ネム(NEM)財団が7月度の活動を報告しました。先日はテックビューロホールディングスとの提携も発表されましたが、日本の大学でもNEMブロックチェーン教育プログラムを開始するなど、今回は教育に関するトピックが多く見受けられました。
ネム(NEM)カタパルトのテストネット開始!財団技術部門が6月度の活動を報告

ネム(NEM)カタパルトのテストネット開始!財団技術部門が6月度の活動を報告

ネム(NEM)のElephantアップデートがあり、新たなアルゴリズムのPoS+も搭載されました。着々と開発を進められるNEMの技術部門から6月度の報告があり、カタパルトの実稼働と移行に向けて、準備がなされているようです。
ネム・ベンチャーズ(NEM Ventures)の次なる投資先はエネルギー削減を目指すプロジェクトに

ネム・ベンチャーズ(NEM Ventures)の次なる投資先はエネルギー削減を目...

次々と活動報告が挙がるネム(NEM)ですが、組織の一つであるネム・ベンチャーズ(NEM Ventures)から、新たな投資先の情報が発表されました。次なる投資先はブロックチェーンでエネルギー削減を図るプロジェクトで、その内容を紹介します。
ネム(NEM)財団が日本企業への普及を希望?6月度報告で言及

ネム(NEM)財団が日本企業への普及を希望?6月度報告で言及

カタパルト(Catapult)の開発が着々と進むネム(NEM)ですが、実用化やユースケースの実現に向けて、NEM財団も各地で活動を続けているようです。6月度の報告で、財政状況や数々の提携、開発進捗が伝えられました。

ネム(NEM)カタパルトが更なるアップデート!新アルゴリズムPoS+が実装

ネム(NEM)カタパルトのアップデートが次の段階に進んだ。ロードマップよりも進捗が早く、今回は新アルゴリズム「PoS+」が実装されたとのことです。先日は開発用スタジオの創設も発表され、NEMの開発が非常に活発的になってきています。
ブロックチェーン×医療の実現へ、Ocean Protocolが提示する活用法とは?

ブロックチェーン×医療の実現へ、Ocean Protocolが提示する活用法とは...

オーシャンプロトコル(Ocean Protocol)がスイスのヘルスケア企業との提携を発表しました。医療とブロックチェーンの親和性は高いとされており、今回の提携をひとつのユースケースとして、医療分野の改善や利便性が高まることが期待されます。
ネム(NEM)開発を支援!NEM Studiosの創設が発表

ネム(NEM)開発を支援!NEM Studiosの創設が発表

カタパルトの公開を2019年後半に予定しているネム(NEM)開発陣だが、体制を更に強化すべく、開発活動を主とするネム・スタジオ(NEM Studios)の創設を発表した。実用化に向けてのサポート体制も整い、ますますの期待がされる。
ネム(NEM)カタパルトの教育コースが130万人登録のオンラインプラットフォームで開始

ネム(NEM)カタパルトの教育コースが130万人登録のオンラインプラットフォーム...

ネム(NEM)ブロックチェーンを用いて、学習サービスの提供を進めるTutellusが、NEM カタパルト(Catapult)に向けた教育コースを開始することを発表しました。今後、開発者が増え、NEMを活用するケースも増えるかもしれません。
ブロックチェーンのプライバシー強化を進めるプロジェクト

ブロックチェーンのプライバシー強化を進めるプロジェクト

分散型のネットワークを構築する上で、欠かせない存在となってきているブロックチェーン技術。エニグマ(Enigma)をはじめとするブロックチェーンのライバシーに焦点を当てたさまざまなプロジェクトを紹介します。

ネム(NEM)カタパルトのDragonアップデート、内容と機能が発表!

ネム(NEM)カタパルトのドラゴン(Dragon)アップデートが発表されました。今回のアップデートでさまざまな機能が追加され、NEMの利便性も更に高まりましたが、その機能とはどういったものか、詳しく解説していきます。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@
コインチョイスのTelegram