• Home
  • 価格相場/チャート
  • ビットコインの価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • モナコイン 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • リスク 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イーサリアムクラシック 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • ビットコイン (BTC)
  • イーサリアム (ETH)
  • リップル (XRP)
  • ビットコインキャッシュ (BCH)
  • イオス(EOS)
  • ライトコイン (LTC)
  • ネム (NEM/XEM)
  • ステラ(XLM)
  • リスク (LISK/LSK)
  • モナコイン (MONA)
  • Zcash (ZEC)
  • イーサリアムクラシック (ETC)
  • テザー (Tether/USDT)
  • エニグマ(ENG)
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • BitTrade (ビットトレード)
  • バイナンス(BINANCE)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • coincheck(コインチェック)
  • クラーケン (Kraken)
  • みんなのビットコイン
  • ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (ジャーナリスト)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • ポートフォリオ
  • PR

西内 達也

西内 達也
暗号通貨に魅了され、ブログの執筆活動を行う。非中央集権を夢見て、その先の未来が楽しみで仕方ない。筋肉ハーベスター 、アーティスト。ブロックチェーン技術の応用を考案しており、 ICO、Altcoinトレードなども行う。 Twitter:@BFM33211
記事一覧はコチラ

仮想通貨を知ったきっかけ、興味を持った理由を教えてください。

学生の長期休暇で、BitcoinとRippleの存在を知りました。目先のお金欲しさに某取引所でFXをしたのが始まりです。 FXなんてやったことない私は、とにかく我武者羅にフルレバをかけて資金を溶かしていったのを覚えています。これが、Bitcoinに浸かることになったきっかけです。 Bitcoinのことは何も知らずにFXだけしていたけれど、これってなんなんだろう!?と疑問を抱いたのは、資金が尽きそうな時でした。 1日、2日、3日目・・・とBitcoinについて調べるにつれ一人で感極まったのを覚えています。その技術やSatoshi Nakamotoの思想の面白さと素晴らしさに、ワクワクしていました。

仮想通貨で資金運用するようになって感じることはありますか?

生れながら、なんとなく使っていた現在の金融システムに疑問を抱いたことなんてありませんでした。 皆当たり前に銀行にお金を預け、自分のお金であるはずなのに手数料を取られ、銀行の営業に合わせて振込をしたり。当たり前だったことに疑問を持ち始めたのもBitcoinを知ってからです。

仮想通貨の知識はどのように習得しているのですか?

とにかくBitcoinについて情報収集をし、フォーラムや参考書を読み漁りました。 完全に私の頭の中は、非中央集権と分散化で作られるようになりました。その中でアルトコインの存在を知りました。わけもわからずとにかく買っては調べるを繰り返していました。 2016年6月、NEM(XEM)と出会う。当初、日本の取引所には置いていなかったXEMを海外で購入しました。 実際にXEMの技術を調べ始めたのは、2016年10月頃の話です。NEMの仕組みはBitcoinとはまた違い、それぞれがそれぞれの方向で通貨としての存在を担うべく進んでいました。

通貨として担っていくのは何だと思いますか?

私は、特にNEMを推していた訳ではありませんが、様々なアルトコインがある中で、通貨として担うことができるのは何か?を自分なりに模索していました。私が考えたポイントは、とても単純です。通貨として最低限必要なことにフォーカスしました。
1)送金から着金までスピーディーであること。
2)手数料は現金融システムより安いこと。
この2つが通貨として必要な最低限のことだと思いました。そんな中、2016年末にかけてBitcoinの送金は詰まり始めました。市場が拡大していたことがきっかけです。同時に送金手数料も高騰し、Bitcoinは正直使いづらく感じてました。その面NEMは安定的に早い送金に加え、手数料も遥かに安かったのです。ここからNEMに魅力を感じ詳しく調べ始めました。

NEMに期待することは何ですか?

NEMを調べていくと、NEMには市場に出ている上位の暗号通貨でできる機能は大抵網羅されていることがわかりました。 NEMは、POIというアルゴリズムを採用した独自のブロックチェーンで、ネームスペースを利用した独自モザイクの発行や公証技術、投票機能にスマートコントラクト、 マルチシグの標準装備。特に面白いのはAPIの使い勝手。これにより誰でもNEMのAPIを利用しアプリケーション開発が可能ということ。これは拡張性が大きいとも言えます。 みんなでNEMを作り上げることができる。さらにcatapultの導入によるアグリゲートトランザクションにも期待が持てます。

仮想通貨のここが面白い!と感じるのはどんなところですか?

調べれば調べるほどブロックチェーンに興味が湧き、Counterpartyを使ったプロジェクトRAREPEPEやMemorychainで遊び始めました。 何が面白いかって!?ブロックチェーン上に自分が書いたアートを残し、誰にでも送ることができるということ。 革命的でした。まさにデジタルアートの先駆けだと思いました。著作権が問題視される現代に置いて、このブロックチェーンで作るデジタルアートは、著作権の新しい形かもしれないと思いました。

仮想通貨関連のグッズを作っているって本当ですか?

暗号通貨やブロックチェーンの面白さをもっと世の中に伝えたい、暗号通貨をもっと身近な存在にしていきたいという一心で関連アパレルやグッズを作り始めました。 敷居が高そうに感じる暗号通貨をもっと肌に近い存在にしたいという思いで、どうすれば伝えられるかを考えていました。

今後の仮想通貨の展望を教えてください!

暗号通貨は通貨である。というのが私の中にあり、通貨なのだから使っていくべきと思っています。確かに利幅も大きくとれるため、単に投資として見るのが普通かと思いますが、それは本来の姿ではないと思っています。暗号通貨という小さな経済圏をもっと回していくべきたと思いましす。時間が市場を作るのではなく、私たちが作るのです。誰かが動かないと何も始まらないですし、暗号通貨市場を広げたいのであれば、自分に出来る範囲で動くべきかなと思います。少しづつですが、みんなで暗号通貨を使えるところを増やしていけたらと思っています。 暗号通貨はP2Pベース、つまりみんながそれぞれ主役であり、その集合体が暗号通貨経済圏なのではないかと思っています。

西内 達也の記事一覧
西内 達也の仮想通貨に関するコラムを掲載しています。

ネム(NEM)ブロックチェーンを使い電力トレーサビリティを商用化

ネム(NEM)ブロックチェーンを使い、電力トレーサビリティを商用化

みんな電力株式会社はNEMのパブリックブロックチェーンを使い、世界初となる電力トレーサビリティの商用化を発表した。証明コストを低くし、オープンプラットフォームを目指すとのこと。このシステムでできることを紹介し、今後の展開を考察した。
ネム(NEM)が中国最大のアートワークデータベースGUBIとの提携を発表

ネム(NEM)が中国最大のアートワークデータベースGUBIとの提携を発表

ネム(NEM)が中国最大級のアートワークデータベースのGUBIと提携することを発表。ブロックチェーン技術の導入によって、より信頼性の高いデータベースとアートワークの市場を生成する狙いがある今回のパートナーシップについて紹介。
NEM JAPANと近畿大学が協力し、ブロックチェーン分野での教育を促進

NEM JAPAN(ネム・ジャパン)と近畿大学が協力し、ブロックチェーン分野での...

11月に正式に活動を開始したNEM JAPANが12月4日に近畿大学と協力することを発表。仮想通貨やブロックチェーンに積極的な姿勢を見せる同大学と、人材育成を目的としたイベントや活動内容を紹介する。
NEMブロックチェーンを使いアート作品を登録販売するプロジェクト始動

ネム(NEM)ブロックチェーンを使いアート作品を登録販売するプロジェクト始動

NEMのブロックチェーンを使いアート作品を登録し、販売するオンランショップが誕生。ブロックチェーンで高級時計などの資産の証明と管理を行うスタートアップのLuxTagとアーティストのPoesy Liangのプロジェクトを紹介。
NEM JAPAN(ネム・ジャパン)設立を公式発表、今後のコミュニティ拡大に期待

NEM JAPAN(ネム・ジャパン)設立を公式に発表、今後のコミュニティ拡大に期...

東京都港区を拠点とするNEM JAPAN(ネム・ジャパン)が公式に設立を発表。2018年11月28日付けで、一般社団法人NEM JAPANの登記が完了したとのこと。NEM日本法人としての今後の活動やNEMに対して期待できることを紹介。
スタートアップ企業をサポートするLatitudeがネム(NEM)と提携しユーザーをサポート

ブロックチェーン企業を支援するLatitudeがネム(NEM)と提携しサービス提...

ラティチュード(Latitude)がネム(NEM)との提携することが分かった。今後、オーストラリアに拠点を置くNEMプロジェクトと協力してサービスの提供を行っていくという。ブロックチェーン企業も支援するラティチュードのサポートも紹介。
暗号通貨交換プラットフォームThorネットワークがネム(NEM)と提携しクロスチェーン開発を促進

暗号通貨交換プラットフォームThorネットワークがネム(NEM)と提携しクロスチ...

分散型取引所(DEX)プラットフォームを提供しているThorネットワークがネム(NEM)との提携を発表。クロスチェーンテクノロジーの開発の促進を図ることになる今回のパートナーシップが意味することとは?
エニグマ(Enigma)を使ってWeb2.0とWeb3.0を繋ぐ「2keyネットワーク」とは?

エニグマ(Enigma)を使ってWeb2.0とWeb3.0を繋ぐ「2keyネット...

エニグマ(Enigma)のパートナー企業である1社「2keyネットワーク(2key Network)」がエニグマ技術を使ってWeb2.0とWeb3.0の中間レイヤーとして機能するネットワークを構築。2keyネットワークの取組内容を紹介する。
エニグマ(Enigma)プロトコルを使った個人識別技術でWebが変わるかもしれない

エニグマ(Enigma)プロトコルを使った個人識別技術でWebが変わるかもしれな...

エニグマ(Enigma)プロジェクト・パートナーの1社である「Datawallet」は個人情報を取得後一箇所に統合するシステムをエニグマプロトコルを活用して構築するプラットフォームを開発中。エニグマによって解決する問題点などを紹介する。
日本におけるネム(NEM)の動き、注目はコミュニティーの行動力

日本におけるネム(NEM)の動き、注目はコミュニティーの行動力

コインチェック(Coincheck)からおよそ580億円分のNEM(XEM)が不正流出した事件からもうすぐで1年。そのテクノロジーに興味を持つ有志によって広がりを見せるネム(NEM)。日本での動きをまとめた。
ネム(NEM)ブロックチェーンベースの学位証明書システム開発、学歴の不正防止へ

ネム(NEM)ブロックチェーンベースの学位証明書システム開発、学歴の不正防止へ

マレーシアにて、ネム(NEM)のブロックチェーン技術を使った学位証明書システム「e-Scroll」がローンチ。近年起きている学歴詐称などの不正を防止するために開発した。数あるブロックチェーンの中からNEMが選ばれた理由などを紹介する。
ウクライナ:ネム(NEM)を使った分散型電子政府プラットフォーム構築へ

ウクライナ:ネム(NEM)を使った分散型の電子政府プラットフォーム構築へ

ウクライナにて、ネム(NEM)のブロックチェーンを使った電子政府プラットフォームを構築するプロジェクト「E-UKRAINE」が発足している。本コラムでは、E-UKRAINEによるNEMを使ったシステム構想や期待できる事などを紹介。
エニグマ(Enigma)のパートナー「Datacoup」が提供する、ブロックチェーン活用のPDTエコシステムとは?

エニグマ(Enigma)のパートナー「Datacoup」が提供する、ブロックチェ...

エニグマ(Enigma)パートナーの1社であるDatacoupは、エニグマとブロックチェーン活用したPDTエコシステムを提供する。このPDTエコシステム内の3つのレイヤー「アイデンティティ」「ストレージ」「計算」について解説する。
エニグマ(Enigma)がコミュニティを拡大するため助成金制度を開始、その内容とは?

エニグマ(Enigma)がコミュニティを拡大するため助成金制度を開始、その内容と...

エニグマ(Enigma)がコミュニティを拡大するために助成金制度をスタートしたと発表された。この助成金を受け取るには、ブロックチェーンエクスプローラとUIクライアントの2つを提案すること。その2つの案や助成金を発表した目的の詳細を解説。
ネム(NEM)財団がGeens NPOと提携、広がるブロックチェーンの可能性とは

ネム(NEM)財団がGeens NPOと提携、広がるブロックチェーンの可能性とは...

ネム(NEM)財団が、プライバシーに優れたブロックチェーンソリューションを提供する「Geens NPO(非営利団体)」と提携、ユーザーが信頼できる場の構築・提供していく。ネムとの提携により広がるブロックチェーンの可能性についてを考察した。
ネム(NEM)がシンガポールの仮想通貨取引所Kryptono Exchangeの自社製品に統合

ネム(NEM)がシンガポールの仮想通貨取引所Kryptono Exchangeの...

ネム(NEM)がシンガポールの仮想通貨取引所Kryptono Exchangeが展開する「KPAY」という仮想通貨ペイメントサービスに統合すると発表。何を目的とした統合なのか?また、Kryptonoが提供するサービスの詳細を紹介する。
ネム(NEM)によるブロックチェーン教育、マレーシアのテイラーズ大学で実施へ

ネム(NEM)によるブロックチェーン教育、マレーシアのテイラーズ大学で実施へ

ネム(NEM)とマレーシアのテイラーズ大学がブロックチェーン教育の為にMoUを締結した。教育機関の計画にブロックチェーンを取り入れ、将来の技術者や採用を行う人の教育をしていくとのこと。取り組みの詳細やテイラーズ大学についてを紹介する。
ネム(NEM)がヨーロッパでブロックチェーン技術のサポートをするBlockchain Slovakiaと提携

ネム(NEM)がヨーロッパでブロックチェーン技術のサポートをするBlockcha...

ネム(NEM)財団がヨーロッパでブロックチェーン技術のサポートをする団体「Blockchain Slovakia」と提携をして、ブロックチェーンの教育、イベント、ワークショップなどで協力をしていく。提携により期待できることを紹介する。
ネム(NEM)が新たにブロックチェーンハブ開設、オーストラリアのメルボルンで掲げる目標とは?

ネム(NEM)が新たにブロックチェーンハブ開設、オーストラリアのメルボルンで掲げ...

ネム(NEM)財団がオーストラリアのメルボルンにブロックチェーンハブを開設した。メルボルンのハブでネムが目指すべきことや、これまでの活動を紹介し、メルボルン×ブロックチェーンの今後の発展について考察を行った。
ネム(NEM)とパートナーを結ぶエンターソフト(Entersoft)社が提供するセキュリティサービス

ネム(NEM)とパートナーを結ぶエンターソフト(Entersoft)社が提供する...

ネム(NEM)とアプリケーションのセキュリティパートナーであるEntersoft(エンターソフト)社は一体どういった企業なのか?NEMと協力することにより何を提供していくのか?これらを紹介し、暗号通貨×セキュリティに関して考察を行った。
ネム(NEM)とアラブ首長国連邦が協定締結、ブロックチェーン技術のサポートへ

ネム(NEM)とアラブ首長国連邦が協定締結、ブロックチェーン技術のサポートへ

ネム(NEM)財団とアラブ首長国連邦(UAE)が、ドバイでのイベントGITEXの開催中に協定締結をした。協定を結ぶことになった経緯や、今回の協力でブロックチェーン技術においてどの部分でサポートをするのか、UAEが何を目指すのかを紹介。
ネム(NEM)ブロックチェーンとカタパルト(Catapult)を使った「ProximaX」って何?

ネム(NEM)ブロックチェーンとカタパルト(Catapult)を使った「Prox...

「ProximaX」とは、プロクシマエックスと読む。ネム(NEM)のブロックチェーンとカタパルト(Catapult)を利用したDLT(分散型台帳技術)の拡張機能のことをさす。ProximaXのプロトコルや分散アプリケーションなどを紹介する。
プライバシー保護を重要視するCloakCoin(クロークコイン)がネム(NEM)をサポート

プライバシー保護を重要視するクロークコイン(CloakCoin)がネム(NEM)...

個人のプライバシー保護に関して重点を置くクロークコイン(CloakCoin)がネム(NEM)をサポートし、お互いのブロックチェーン技術で互いをサポート・協力することを計画中とのこと。クロークコインの概要やネムをサポートする理由などを紹介。
ラスベガスにオープン予定のエンターテイメント施設にネム(NEM)ブロックチェーンを統合

ラスベガスにオープン予定のエンターテイメント施設にネム(NEM)ブロックチェーン...

ネム(NEM財団)がラスベガス・ストリップ通りに2019年オープン予定のエンターテイメント施設「Kind Heaven(カインド・ヘブン)」のパートナーに選ばれた。NEMブロックチェーンが選ばれた理由、施設のコンセプト概要などを紹介する。
セキュリティトークンを構築する4つの方法

注目集まるセキュリティトークン、4つの構築方法とは?

ブロックチェーン業界でも注目を集め、最近よく話題になっているセキュリティトークン。証券をブロックチェーン上でトークン化し、グローバルに取引することができるセキュリティトークンを構築する4つの方法を紹介する。
ネム(NEM)財団がセキュリティトークン開発を進めるVNXエクスチェンジと提携

ネム(NEM)財団がセキュリティトークン開発を進めるVNXエクスチェンジと提携

ネム(NEM)財団とセキュリティトークンのプラットフォーム開発を進めるVNXエクスチェンジと提携。NEMブロックチェーンを利用したプログラムの開発に取り組むという。本稿ではセキュリティトークン関連にNEMが使われることのメリットを考察した。
シンガポールのブロックチェーンスクールがネム(NEM)を使用して電子証明書を発行へ

シンガポールのブロックチェーンスクールがネム(NEM)を使用して電子証明書を発行...

シンガポールにあるブロックチェーンスクール「Institute of Blockchain(IBS)」がネム(NEM)と提携し、イベントやワークショップなどを開催、さらに電子証明書を発行予定だという。IBSの概要などを紹介。
ネム(NEM)がAIとブロックチェーン技術による新たな広告ネットワークと提携

ネム(NEM)がAIとブロックチェーン技術による新たな広告ネットワークと提携

AI(人工知能)とブロックチェーンテクノロジーを使ったノイズチェーン(NOIZchain)という新しい広告ネットワークを作るプロジェクトとネム(NEM)が提携。ネムとノイズチェーンが実現するオンライン広告市場とは。
エニグマ(Enigma)ノードと主要なステークホルダー4つの役割について解説

エニグマ(Enigma)ノードと主要なステークホルダー4つの役割について解説

エニグマ(Enigma)はメインネットローンチに向けて様々な動きがある。そんなEnigmaでは既存のブロックチェーンを強化の為シークレットコントラクトに注目。本稿ではノード、4つのステークホルダー、ENGトークンの役割などを解説する。
エニグマ(Enigma)メインネットに向けた次ステップ!ノードとインセンティブについても考察

エニグマ(Enigma)メインネットに向けた次ステップ!ノードとインセンティブに...

エニグマ(Enigma)のメインネットに向けた動きの一つとして、イーサリアム(Ethereum)テストネット上にネットワークを導入する。そして今後のEnigmaプロジェクトにおいて開発の優先事項やノードとインセンティブついて等を紹介。
ネム(NEM)が世界最大の分散アプリケーションGIFTOと提携

ネム(NEM)が世界最大の分散アプリケーションのギフト(GIFTO)と提携

世界最大の分散アプリケーションであるGIFTOはネム(NEM)と提携すると発表した。GIFTOはブロックチェーンベースのサービスのスケーラビリティを向上するため、数カ月にわたりNEMブロックチェーンをテストする。
NEMがオーストラリアのグルメアプリLivenと提携

ネム(NEM)がオーストラリアのグルメアプリLivenと提携、レストランやバーで...

オーストラリアのグルメアプリLivenがネム(NEM)と提携したことを発表。Livenは通してレストランを探し、お気に入り登録したり、LivenPay決済ネットワークで食事の支払いをすることができるアプリ。
ブロックチェーンの強化を目指すエニグマ(Enigma)の今後の動きとは?

ブロックチェーンの強化を目指すエニグマ(Enigma)の今後の動きとは?

エニグマ(Enigma)が当初計画していたプロジェクトのロードマップを変更した。ブロックチェーンのセカンドレイヤーとも呼ばれ、シークレットコントラクトや分散ストレージで注目を集めるエニグマの今後の動きを紹介。
ネム(NEM/XEM)が新たに3つのヨーロッパ仮想通貨取引所に上場

ネム(NEM/XEM)が新たに3つのヨーロッパ仮想通貨取引所に上場

仮想通貨ネム(NEM)が新たに3つの取引所に上場し、取引が可能となった。これまで東南アジアを中心にコミュニティーやソリューション開発が進んでいたが、今回上場した3つの取引所はいずれもヨーロッパに拠点を置いており、今後の動きに注目だ。
ネム(NEM)がAランクの格付け評価を受ける!評価基準やレポート内容とは?

ネム(NEM)がAランクの格付け評価を受ける!評価基準やレポート内容とは?

仮想通貨関連メディアのbloktが発表したネム(NEM)の評価を受け、バイナンス(Bainance)が提供する格付機関のレポートを集めたプラットフォームでの格付けが「A」ランク、評価★4.5と公表。評価基準やそのレポート内容を紹介。
ネム(NEM)を使用した寄付機能付きブログプラットフォームのネムログ(nemlog)とは?

ネム(NEM)を使用した寄付機能付きブログプラットフォームのネムログ(nemlo...

暗号通貨NEM(XEM)の寄付機能をブログに付けることができるサービスのネムログ(nemlog)。ブログに対して共感や応援の気持ちをネムで寄付するとういいうブログコミュニケーションツールの特徴を紹介します。
ネム(NEM)ブロックチェーンで開発途上国にマイクロファイナンスを提供するNELとは?

ネム(NEM)ブロックチェーンで開発途上国にマイクロファイナンスを提供するNEL...

ネム(NEM)ブロックチェーンをベースとして使いマイクロファイナンスソリューションを進めるプロジェクトを紹介。シンガポールに拠点を置くニュー・エコノミー・レジャー(NEL)は開発途上国のコミュニティにブロックチェーンベースの財務ソリューションを提供するため活動している。
NEM(ネム)ブロックチェーンとIoTで医薬品の品質を確認

NEM(ネム)ブロックチェーンとIoTで医薬品の品質を確認

NEM(ネム)フォーラムにNEMブロックチェーンテクノロジーとIoT(モノのインターネット)を組み合わせたユースケースアイディアが投稿された。NEMの技術とIoTを組み合わせることで医薬品の品質を管理することが可能になるそう。
アメリカでNEM(ネム)のブロックチェーンを使用した電子政府システムのデモを実施

米国でNEM(ネム)のブロックチェーンを使用した電子政府システムのデモを実施

NEM(ネム)のブロックチェーンを用いた電子政府システムが実証された。アメリカ合衆国北西部に位置するモンタナ州のイベントで、市民らがブロックチェーンを使用したスマートフォンアプリケーションを通じて模擬選挙の投票などを行った。
NEM(ネム)と統合するブロックチェーンのインフラプロジェクトとは?

NEM(ネム)と統合するブロックチェーンのインフラプロジェクト「Tenzorum...

「Tenzorum」が目指すブロックチェーンにおけるユーザーフレンドリーなエコシステムとは?複数のブロックチェーンにわたる分散アプリケーションと対話できるインフラを目指すプロジェクトTenzorumが、システムの構築にNEMのブロックチェーンを統合。
NEM(ネム)ブロックチェーンで構築される拡張現実の世界「VERSES」プロジェクトとは?

NEM(ネム)ブロックチェーンで構築される拡張現実の世界「VERSES」プロジェ...

「VERSES」というプロジェクトが、拡張現実の世界を作るためNEM(ネム)ブロックチェーンで構築することを発表した。VERSESが手がけるプロトコル、そして拡張現実の世界とはどういったものなのかを紹介。
Enigma(エニグマ)プロジェクト、8つのパートナー概要や取り組みを紹介

Enigma(エニグマ)プロジェクト、8つのパートナー概要や取り組みを紹介

先日、Enigma(エニグマ)の公式Mediumブログにて、8つのローンチパートナーが紹介された。各パートナーの概要、Enigma(エニグマ)との取り組み内容を紹介し、今後の展望などに対し考察を行った。
NEM(ネム)ブロックチェーンを利用した総合公証システム『Lamina』の活用方法とは

NEM(ネム)ブロックチェーンを利用した総合公証システム『Lamina』の活用方...

NEM(ネム)ブロックチェーン技術を利用した『Lamina』というプロジェクトがある。これは総合公証システムを指すが、そもそも公証とは何か?Laminaサービスの概要、そしてNEMブロックチェーンを使う理由を紹介。
NEM(ネム)ブロックチェーン技術活用の「KryptoFootball」サッカーカードゲームが発表

NEM(ネム)ブロックチェーン技術活用の「KryptoFootball」サッカー...

NEM(ネム)のブロックチェーン技術を利用したサッカーカードゲーム「KryptoFootball(クリプトフットボール)」のβ版が発表された。KryptoFootballの概要や仕組み、NEMブロックチェーン採用の経緯などを紹介。
現在のブロックチェーンの問題点、そしてEnigma(エニグマ)のビジョンとは?

現在のブロックチェーンの問題点、Enigma(エニグマ)のビジョンとは?

進化を続けるブロックチェーン技術だが、問題点もある。その問題点とは一体何か?そしてその問題点が解決に向かうと考えられているものがEnigma(エニグマ)である。本稿ではEnigmaが考えるシークレットコントラクトという概念を紹介。
NEM(ネム)ブロックチェーンを使ったAEMの次世代会計システムとは?

NEM(ネム)ブロックチェーンを使ったAEMの次世代会計システムとは?

NEM(ネム)のブロックチェーンを使った新たなプロジェクト、次世代会計システムを開発するAEMによる「AEM-ALGORITHM」がある。本稿ではシステムの概要、AEMが目的とすること、NEMブロックチェーンを使う理由などを紹介。
オーストリアの仮想通貨取引所Bitpandaにネム(NEM/XEM)が上場、通貨としての重要点とは?

オーストリアの仮想通貨取引所Bitpandaにネム(NEM/XEM)が上場、通貨...

オーストリアを拠点とする仮想通貨取引所Bitpanda(ビットパンダ)にネム(NEM/XEM)が上場した。Bitpandaの概要に加え、最近のNEMブロックチェーンの拡大について、通貨としての役割や重要なことについて解説する。
NEM(ネム)と取引所CoinSpotがブロックチェーンの成長を支援するために協力

NEM(ネム)と取引所CoinSpotがブロックチェーンの成長を支援するために協...

NEM(ネム)財団と仮想通貨取引所CoinSpot(コインスポット)が、ブロックチェーン技術、産業の成長を支援するため協力していく。2社の関係者がコメントする今後の展望や、CoinSpotがNEMを選んだ理由などを解説。
PoliPoli(ポリポリ)によって作られる政治のトークンエコノミーとは?

PoliPoli(ポリポリ)×NEMによって作られる政治のトークンエコノミーとは...

先日、NEM財団により、正式にサポートを受けることになったPoliPoli(ポリポリ)。彼らはNEMのブロックチェーンを使って政治家と有権者を繋ぐプラットフォームをつくるため開発を進める。PoliPoliの概要や今後の展望についても紹介。
Enigma(エニグマ)プライバシープロトコルのユースケースとは?

Enigma(エニグマ)プライバシープロトコルのユースケースとは?

Enigma(エニグマ)のプライバシープロトコルはどういった用途で使われるのだろうか?Enigmaはブロックチェーンのセカンドレイヤーとして機能するために開発が進められている。Enigmaのユースケース、今後の未来について考察する。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@





@coinchoice