西内 達也

西内 達也
暗号通貨に魅了され、ブログの執筆活動を行う。非中央集権を夢見て、その先の未来が楽しみで仕方ない。筋肉ハーベスター 、アーティスト。ブロックチェーン技術の応用を考案しており、 ICO、Altcoinトレードなども行う。 Twitter:@BFM33211
記事一覧はコチラ

仮想通貨を知ったきっかけ、興味を持った理由を教えてください。

学生の長期休暇で、BitcoinとRippleの存在を知りました。目先のお金欲しさに某取引所でFXをしたのが始まりです。 FXなんてやったことない私は、とにかく我武者羅にフルレバをかけて資金を溶かしていったのを覚えています。これが、Bitcoinに浸かることになったきっかけです。 Bitcoinのことは何も知らずにFXだけしていたけれど、これってなんなんだろう!?と疑問を抱いたのは、資金が尽きそうな時でした。 1日、2日、3日目・・・とBitcoinについて調べるにつれ一人で感極まったのを覚えています。その技術やSatoshi Nakamotoの思想の面白さと素晴らしさに、ワクワクしていました。

仮想通貨で資金運用するようになって感じることはありますか?

生れながら、なんとなく使っていた現在の金融システムに疑問を抱いたことなんてありませんでした。 皆当たり前に銀行にお金を預け、自分のお金であるはずなのに手数料を取られ、銀行の営業に合わせて振込をしたり。当たり前だったことに疑問を持ち始めたのもBitcoinを知ってからです。

仮想通貨の知識はどのように習得しているのですか?

とにかくBitcoinについて情報収集をし、フォーラムや参考書を読み漁りました。 完全に私の頭の中は、非中央集権と分散化で作られるようになりました。その中でアルトコインの存在を知りました。わけもわからずとにかく買っては調べるを繰り返していました。 2016年6月、NEM(XEM)と出会う。当初、日本の取引所には置いていなかったXEMを海外で購入しました。 実際にXEMの技術を調べ始めたのは、2016年10月頃の話です。NEMの仕組みはBitcoinとはまた違い、それぞれがそれぞれの方向で通貨としての存在を担うべく進んでいました。

通貨として担っていくのは何だと思いますか?

私は、特にNEMを推していた訳ではありませんが、様々なアルトコインがある中で、通貨として担うことができるのは何か?を自分なりに模索していました。私が考えたポイントは、とても単純です。通貨として最低限必要なことにフォーカスしました。
1)送金から着金までスピーディーであること。
2)手数料は現金融システムより安いこと。
この2つが通貨として必要な最低限のことだと思いました。そんな中、2016年末にかけてBitcoinの送金は詰まり始めました。市場が拡大していたことがきっかけです。同時に送金手数料も高騰し、Bitcoinは正直使いづらく感じてました。その面NEMは安定的に早い送金に加え、手数料も遥かに安かったのです。ここからNEMに魅力を感じ詳しく調べ始めました。

NEMに期待することは何ですか?

NEMを調べていくと、NEMには市場に出ている上位の暗号通貨でできる機能は大抵網羅されていることがわかりました。 NEMは、POIというアルゴリズムを採用した独自のブロックチェーンで、ネームスペースを利用した独自モザイクの発行や公証技術、投票機能にスマートコントラクト、 マルチシグの標準装備。特に面白いのはAPIの使い勝手。これにより誰でもNEMのAPIを利用しアプリケーション開発が可能ということ。これは拡張性が大きいとも言えます。 みんなでNEMを作り上げることができる。さらにcatapultの導入によるアグリゲートトランザクションにも期待が持てます。

仮想通貨のここが面白い!と感じるのはどんなところですか?

調べれば調べるほどブロックチェーンに興味が湧き、Counterpartyを使ったプロジェクトRAREPEPEやMemorychainで遊び始めました。 何が面白いかって!?ブロックチェーン上に自分が書いたアートを残し、誰にでも送ることができるということ。 革命的でした。まさにデジタルアートの先駆けだと思いました。著作権が問題視される現代に置いて、このブロックチェーンで作るデジタルアートは、著作権の新しい形かもしれないと思いました。

仮想通貨関連のグッズを作っているって本当ですか?

暗号通貨やブロックチェーンの面白さをもっと世の中に伝えたい、暗号通貨をもっと身近な存在にしていきたいという一心で関連アパレルやグッズを作り始めました。 敷居が高そうに感じる暗号通貨をもっと肌に近い存在にしたいという思いで、どうすれば伝えられるかを考えていました。

今後の仮想通貨の展望を教えてください!

暗号通貨は通貨である。というのが私の中にあり、通貨なのだから使っていくべきと思っています。確かに利幅も大きくとれるため、単に投資として見るのが普通かと思いますが、それは本来の姿ではないと思っています。暗号通貨という小さな経済圏をもっと回していくべきたと思いましす。時間が市場を作るのではなく、私たちが作るのです。誰かが動かないと何も始まらないですし、暗号通貨市場を広げたいのであれば、自分に出来る範囲で動くべきかなと思います。少しづつですが、みんなで暗号通貨を使えるところを増やしていけたらと思っています。 暗号通貨はP2Pベース、つまりみんながそれぞれ主役であり、その集合体が暗号通貨経済圏なのではないかと思っています。

西内 達也の記事一覧
西内 達也の仮想通貨に関するコラムを掲載しています。

ブロックチェーンエンジンmijin v.2(Catapult)ベータ版発表、新機能について考える

ブロックチェーンエンジン「mijin v.2(Catapult)」ベータ版発表、...

NEMのプライベートブロックチェーン「mijin」のv.2である「Catapult(カタパルト)」のベータ版がついに発表されました。今回は、西内氏に新たに加えられた2つの機能の紹介・解説をしていただきました!
イーサリアム(ETH)からNEMのブロックチェーンへ切り替えたTutellusの考えとは!?

イーサリアムからNEM(XEM)のブロックチェーンへ切り替えたTutellusの...

「Tutellus」というブロックチェーン技術を使ったプラットフォームはEthereumのブロックチェーンからNEMのブロックチェーンに切り替えた。なぜ切り替えたのか?NEMのセールスポイントなどネムの専門メディアNEMFLASHに投稿された内容を公開。
ブロックチェーンは銀行を殺すのだろうか!?

ブロックチェーンは銀行を殺すのだろうか!?

現金融システムで管理者による様々な問題がある中、ブロックチェーンはこの先どういった対応をしていくのか?先日Bitcoinフォーラムにてブロックチェーンテクノロジー創始者の間で意見が取り交わされていたので、気になる内容をまとめました。
Filecoin(ファイルコイン)とは?分散型ストレージネットワークの考えられる未来

Filecoin(ファイルコイン)とは?分散型ストレージネットワークとして考えら...

Filecoin(ファイルコイン)についての解説記事。Filecoin(ファイルコイン)とは一体何なのか?公開されているホワイトペーパーの概要は?そこから読み取れるFilecoin(ファイルコイン)の未来を西内氏にまとめていただきました。
仮想通貨取引所Kyber Network(カイバーネットワーク)が報酬キャンペーンを始動

仮想通貨取引所Kyber Network(カイバーネットワーク)が報酬キャンペー...

仮想通貨取引所Kyber Network(カイバーネットワーク)が報酬のキャンペーンを開始したそうです。キャンペーンは全部で4つ。これらの報酬は2018年4月までに配布されるようです。報酬キャンペーンの詳細はコラムをご覧ください!
NEMデザイナー向けの勉強会【NEM.designer.tokyo】に参加してきた!

NEMデザイナー向けの勉強会【NEM.designer.tokyo】に参加してき...

2018年2月19日(月)に開催されたNEMデザイナー向けの勉強会「NEM.designer.tokyo」に西内氏が参加、今回はそのレポートをお届け!イベントの概要や感想、2018年のNEMをはじめとする仮想通貨全般の今後の展望などを紹介。
分散型取引所Kyber Network(カイバーネットワーク)がまもなく実装される!?

話題の仮想通貨Kyber Network(カイバーネットワーク・KNC)とは?実...

Kyber Network(カイバーネットワーク)とはイーサリアムの創設者であるVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏がアドバイザーをしているプロジェクトの1つ。大きな注目を集めていますが一体
NEM(XEM)払いができるオンラインフリマサイト「nemche」がオープン!

NEM(XEM)決済のオンラインフリマサイト「nemche」がオープン!

nemのサービスは、nem bar(ネムバー)やnemket(ネムケット)がありますが、2018年新たなサービスとしてnem(xem)で支払いができるフリマサイトnemche(ネムシェ)がオープンしました。特徴や使い方を西内氏に解説していただきました。
ハーベスティングでXEMが増える!?NEM独自の報酬システムとは?

ハーベスティングでXEMが増える!?NEM独自の報酬システムとは?

NEMのマイニング「ハーベスティング」に関する記事。ビットコインのPOWとは異なるPOIを採用している。どのような仕組みで、どのようにハーベスティングを行っていくかを記載しています。
nemketネムケット

nemket 2017参加レポート

NEMを使ったフリーマーケットnemketが12月16日に開催されました。ユーザーの人たちが作ったNEMグッズをXEMで払って、さらに入場券もNEMのモザイク・・・どんなイベントだったのかを詳しくレポートします!

仮想通貨の保管に適しているのは?

ビットコインを始めとした仮想通貨のウォレットには色んな種類があります。トレザーやレッジャーは有名なハードウェアウォレットですが、最強なのはクリプトスティールとの併せ技。おさらいも兼ねて読んでみましょう。

KyberNetworkに迫る!次世代分散型取引システムとは!?

今回は、話題の分散型取引所について解説!分散型取引所では、信頼を管理者ではなく、技術に置いているため、管理者の独断での不正のリスクを低減することができます。

リアルBitcoinを手に取る!フィジカルコインとは!?

暗号通貨はインターネット上のデータにすぎません。皆さんが普段利用している法定通貨とは異なります。現物の紙幣や硬貨という感覚はなく、仮装の通貨であることから仮想通貨とも呼ばれています。実体のないものを信用出来ないことも理解できるので、Bitcoinを現物化させるサービスがあるので、ご紹介していきます。
ライトニングネットワークを使った暗号通貨スワップに成功

ライトニングネットワークを使った暗号通貨スワップに成功

ライトニングラブスからライトコインとビットコインのクロスチェーンスワップに成功したことが発表された。
NEMマルチシグネチャ機能

オンラインショップでの決済に使える!?NEMマルチシグネチャ機能!

複数の署名によって送金を可能にできる機能です。一般的に暗号通貨では自分のウォレットから他人のアドレスへ送金する際、自身の秘密鍵を用いて署名し送金しています。1つの秘密鍵によっていつでも簡単に送金できるのです。
知ってて得する海外で進むNEM関連プロジェクトとは?

知ってて得する海外で進むNEM関連プロジェクトとは?

日本でもNEM関連のプロジェクトやサービスが進んでいます。暗号通貨を使ったプロジェクトの進行が今年に入り一気に進展してきたような気がします。まだまだ、完全なサービスは作られておらず、それぞれ手を加え改善しながら、より実用的なものへと進んできていルノを実感します。
知ってる?日本発のNEM関連サービス

知ってる?日本発のNEM関連サービス

NEMのサービスにはいろいろなものがありますが、日本で開発されているものもたくさんあります。どんなサービス・プロダクトがあるのか、なぜNEMでの開発が盛んなのかを開設します。
ビットコインの生みの親がブロックチェーンに残した言葉とは

ビットコインの生みの親がブロックチェーンに残した言葉とは

ビットコインの発案者サトシ・ナカモト。彼は一番最初に生成されたビットコインのブロックチェーンにあるメッセージを残しています。そこから読み取れるビットコイン誕生の背景とサトシ・ナカモトの願いとは?
仮想通貨NEMをツイッターで送ることができる、TipNEM

仮想通貨NEMをツイッターで送ることができる、TipNEM

法定通貨(円やドルなど)とは違い、送金手数料が比較的安いのも暗号通貨の魅力です。法定通貨では、数十円を送金するなどという気持ちにまずならないでしょう。
ホワイトリスト入りした暗号通貨PEPECASHとは!?

ホワイトリスト入りした暗号通貨PEPECASHとは!?

日本では2017年4月1日から「仮想通貨」に関する新しい制度が開始されました。その中で同年9月29日には金融庁から公開された仮想通貨交換業者登録一覧。日本で、ますます仮想通貨(暗号通貨)への認識が高まっているように感じます。
NEM(ネム)の公証に使えるApostille(アポスティーユ)で未来は変わる!?

NEM(ネム)の公証に使えるApostille(アポスティーユ)で未来は変わる!...

NEMって人気があるけれど、一体どんなことができるのだろうか。その答えの一つはアポスティーユという公証システムだ。文書をブロックチェーンに記録して、それが改ざんされていないことを確認できる。
暗号通貨NEM(ネム)とは!?一体何ができるのか!?

暗号通貨NEM(ネム)とは!?一体何ができるのか!?

2017年夏、NEM(ネム)と呼ばれる暗号通貨をイメージしたうちわ配りが全国各地で行われているようです。これは、日本国内で暗号通貨NEMの根強いファンが多く、その有志によりNEMをもっと広めようという動きが活発になり、その普及活動の一環としてうちわ配りが行われているようです。
NEM(XEM)決済の導入方法と使い方

NEM(XEM)決済の導入方法と使い方

最近はNEMを使ったフリーマーケットやNEMをテーマにしたバーなどがどんどん登場しています。しかし、トレードしたことはあるけれど、実際に使ったことはない!という人も結構いるのでは?

人気のインタビュー記事

直近1週間で最も読まれた記事



コインチョイスのLINE@



コインチョイスのLINE@