五月雨まくら

五月雨まくら
1991年1月生まれ。一橋大学(商)を卒業した後、アクセンチュアに入社。2017年5月に仮想通貨と出会い、ライターとなることを決意。執筆は、マクロ・ミクロの双方の視点から書くことができる。コラムでは、難解な内容を出来る限りわかりやすく解説している。特技は、英語(TOEIC900)とプログラミング(HTML/CSS/JS/PHP/Ruby/Python/MySQL)である。Twitter:@samidare_makura Webサイト:http://samidare-makura.com/
ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨に投資したい人のための総合情報サイト。 現役トレーダーによるビットコイン取引の手法もブログで公開。各取引所の特徴・最新ニュースなど、ビットコインがはじめての方にも分かりやすい最新情報を提供。

五月雨まくらの記事一覧
五月雨まくらの仮想通貨に関するコラムを掲載しています。

ピンチはチャンス!今だからこそ仮想通貨と向き合う為の4つのスタンス

ピンチはチャンス!今だからこそ仮想通貨と向き合う為の4つのスタンス

仮想通貨は価格変動の激しい市場であり、規制等も要因となり仮想通貨価格は落ち着かない今日この頃ですが、こういった逆風をプラスに変える「ピンチはチャンス」という考え方で仮想通貨に向き合うスタンスを4つ紹介します。
ビットコイン(BTC)価値の上昇を信じるなら、ホールドは非論理的なのか…!?

ビットコイン(BTC)価値の上昇を信じるなら、ホールドは非論理的なのか…!?

ビットコイン(BTC)価値の上昇を信じる方は必読!ビットコイン(BTC)価値が上昇するのならば、長期的にみると全体の出費を抑えることが可能となります。それは一体何故なのでしょうか?例を混じえて解説します。
仮想通貨が無料でもらえる仕組み「エアドロップ(Airdrop)」に参加するための7つのヒント

仮想通貨が無料でもらえる仕組み「エアドロップ(Airdrop)」に参加するための...

仮想通貨がもらえる仕組み「エアドロップ(Airdrop)」の解説。なぜ無料でもらえるのか?エアドロップの危険性とは?安全に参加する7つのポイント等、参加する前に確認しておきたい内容がこの記事で完結します。
仮想通貨におけるデジタル空間の分権化が持たらす社会的役割とは?

仮想通貨におけるデジタル空間の分権化が持たらす社会的役割とは?

仮想通貨に関して多くの人が語る内容は特徴、技術、価格についてです。今回は仮想通貨が持たらす影響について社会学的な角度から考察を行いました。仮想通貨において、デジタル空間の分権化が持たらす社会的な役割は一体どのようなものなのでしょうか。
ビットコイン(BTC)相場の下落は必然だったのか?仮想通貨市場の崩壊を複数の視点から考察する

ビットコイン(BTC)相場の下落は必然だったのか?仮想通貨市場の崩壊を複数の視点...

2018年の1月~3月にかけての仮想通貨市場の下落は記憶に新しく、ビットコインは軒並み下落をして被害を受けた印象がありますが、実際アルトコインの方が更に下落していました。仮想通貨市場の崩壊を複数の視点から今後の見通しの考察を行いました。
ブロックチェーンが凄いのは技術だけではない!?次世代の経済システムとは?

ブロックチェーンが凄いのは技術だけではない!?次世代の経済システムとは

ブロックチェーンはただの技術というわけではなく、既存の経済システムに革命を起こす技術と言われています。ブロックチェーンが開発され、過去では不可能だった経済システムに活かす為、様々な研究が行われています。具体的にはどういった事なのか解説します。
仮想通貨をHODL(ホールド)するだけで不労所得が貰える4つのパターンとは!?

仮想通貨をHODL(ホールド)するだけで不労所得が貰える4つのパターンとは!?

仮想通貨で利益を得たいと思っている方の多くは、仮想通貨取引だけと思っている方も少なくないと思います。しかし特定の通貨をホールド(所有)するだけで利益を得る方法があります。その内容を具体的な例を加えて紹介します。
大手企業IBM、仮想通貨に対する取り組みのケーススタディとは?

大手企業IBM、仮想通貨に対する取り組みのケーススタディとは?

大手IT企業IBMが考える仮想通貨に対するケーススタディについての解説。IBMブロックチェーン開発責任者Jesse Lund氏は仮想通貨のビジネス・アプリケーションを開発することに関心があると発言し、仮想通貨事業に参入してくると考えられる。
ビットコイン(BTC)相場の急落から利益を得る4つの基本的戦略!

ビットコイン(BTC)相場の急落から利益を得る4つの基本的戦略!

仮想通貨投資をしている人は、リスクはつきものといえど相場が急変すると不安になるのは仕方ありません。今回は投資初心者向けに、4つの基本的戦略を五月雨まくら氏に解説していただきました。自分にあった戦略を見つけてみてください。
「LApps」ってなに?Blockstream社からリリースされたライトニングネットワークの新しい分野

「LApps」ってなに?Blockstream社からリリースされたライトニングネ...

ライトニングネットワークの「LApps」とは、Blockstream社から新しくリリースされたライトニングアプリのこと。イーサリアムのDAppsは聞いたことがある方もLAppについては知らない方が多い。五月雨まくら氏に詳細をお聞きしました。
ブロックチェーンとAI / MLの相乗効果は計り知れない

ブロックチェーン技術とAI/ML(人工知能と機械学習)の相乗効果は計り知れない…...

ブロックチェーン技術とAI(人工知能)/ML(機械学習)は協力しあい、様々なプロジェクトが誕生しています。なぜこれらで相乗効果が得られているのか、AI、ML、APIなどの基礎的な部分の解説を五月雨まくら氏に解説していただきました。
次世代の暗号通貨はより賢く安定した世界へ:Crypto2.0を実現する為の重要トピックとは?

次世代の暗号通貨はより賢く安定した世界へ:Crypto2.0を実現する為の重要ト...

次世代の暗号通貨がもたらす世界について。暗号通貨はさらに使いやすくスマートな未来になると言われています。今回はCrypto 1.0やCrypto 2.0の詳細や、Crypto2.0を実現するための重要トピックを解説しています。
5つのビットコイン詐欺事件から学ぶセキュリティ!歴史から教訓を得よう

5つのビットコイン詐欺事件から学ぶセキュリティ、歴史から教訓を得よう!

過去に起きたビットコイン詐欺事件を紹介。ご存知の方も多いMT. Gox(マウント・ゴックス)社のハッキング事件などがありセキュリティに対する関心は高まりましたが、いま一度歴史を振り返りセキュリティについて意識を高く持つ習慣をつけてみてはいかがでしょうか。
5分でわかる!イーサリアム(Ethereum)について最低限知っておくべきこととは?

5分でわかる!イーサリアム(Ethereum)について最低限知っておくべきことと...

イーサリアム(Ethereum)の概要、仕組み、エコシステムについて5分でわかるように簡潔にまとめました。最低限ここまでは知っておくくと良いという内容を五月雨まくら氏が凝縮してお届け。勉強する時間がない方の為のコラムとなっています。
(仮)暗号通貨とカード:現実世界との架け橋

MoxyOneとは?仮想通貨が普段の生活で使われるためのプロジェクト

MoxyOneという企業が開発したウォレットシステム(カード)を利用することで世界中でショッピングやATMから法定通貨を引き出すことが可能になる。今回は暗号通貨とカードについてMoxyOneプロジェクトを紹介しながら五月雨まくら氏が解説する。
ビットコインキャッシュ(BCH)がランサムウェアの支払い方法に使われ始めている?!

ビットコインキャッシュ(BCH)がランサムウェアの支払い方法に使われ始めている?...

ビットコインキャッシュ(BCH)がランサムウェアの支払い方法のひとつとして使われ始めているのはご存知でしょうか?このページでは「ランサムウェアとは?」「どうして使われるようになったのか?」を五月雨まくら氏にわかりやすく解説していただきました。
ライトコイン(LTC)が2018年に飛躍する3つのトピックとは?

ライトコイン(LTC)が2018年に飛躍する3つのトピックとは?

「ビットコインが金を目指すならライトコインは銀を目指す」という言葉がありますが、2018年にライトコインは飛躍するのでは?と言われています。今回はライトコインが飛躍する主要な3つのトピックについて、五月雨まくら氏がわかりやすく解説します。
イーサリアム(ETH)の「Solidity」ってどんな言語?ノンプログラマー向けに解説

イーサリアム(ETH)の「Solidity」ってどんな言語?ノンプログラマー向け...

イーサリアム(Ethereum/ETH)のスマートコントラクトを記述するときに主に使用されている言語「Solidity」について、五月雨まくら氏がわかりやすくノンプログラマー向けに解説をされています。ぜひご覧ください。
仮想通貨取引所Poloniex(ポロニエックス)をCircle(サークル)社が買収

仮想通貨取引所Poloniex(ポロニエックス)がCircle(サークル)社によ...

Circle(サークル)社が仮想通貨取引所のPoloniex(ポロニエックス)を買収したと発表した。買収額は4億ドルと言われている。日本国内でも利用ユーザーが多いポロニエックスのニュースは、仮想通貨業界をにぎわした模様だ。
ビットコイン市場冷え込み

ビットコインは冬の時代に突入?3つのデータから見る市場の冷え込み

ビットコイン市場が冷え込んで来ている?トランザクションの数も、2017年12月には、40万近くあったが現状では2万となっている。コインチェックのNEM流出やザイフのビットコイン0円購入など、仮想通貨自体の問題ではなく、取引所が問題を起こしているのも要因の一つではないだろうか。
ビットコイン(BTC)価格の暴落劇を振り返る

【2018年1月16日の悪夢】ビットコイン(BTC)価格の暴落劇を振り返る

ビットコインの暴落劇を振り返ります。様々な要因がありますが、本記事では、中国の取引所規制強化問題、韓国の仮想通貨全面禁止の噂、コインチェックのNEM流出事件などを振り返りわかりやすく説明していくものになっています。

人気のインタビュー記事

直近1週間で最も読まれた記事



コインチョイスのLINE@



コインチョイスのLINE@