【墨汁速報】Bakktビットコイン先物9月23日ローンチ発表 初の仮想通貨信託会社として認可

編集部おすすめ

【墨汁速報】QuadrigaCX元CEO 顧客のビットコインなどを使い込み仮想通貨証拠金取引

バックト(Bakkt)は、インターコンチネンタル取引所(ICE)により提供されるビットコイン(BTC)現物で決済される先物とカストディを2019年9月23日にローンチ予定と発表。同社によると、米商品先物取引委員会(CFTC)の自己認証プロセスにより、ビットコイン先物のローンチの認可を受けているという。

関連記事:【墨汁速報】CFTC 現物決済 ビットコイン先物を可能とするDCMをLedgerXに認可

Bakkt9月23日にローンチ予定

Bakkt公式によると、9月23日にビットコイン先物で決済するための”ビットコイン現物”を保管するカストディとその現物で期日に決済されるビットコイン1ヶ月先物、1日先物をICEの先物市場である「ICE Futures U.S.」 と「ICE Clear US」でローンチ予定としている。すでに同社は2019年7月24日にユーザー受付のテストをおこなっていた。

Bakktのローンチ発表は2018年8月3日までさかのぼり、1年もの月日が経過。CFTCとの規制の取り組みにより、ローンチを複数回延期していたためビットコイン界隈ではローンチに懐疑的な意見も多い。

仮想通貨信託会社としての初の認可

ニューヨーク州のプレスリリースによると、ニューヨーク州金融監督局(NYDFS)は8月16日付けで、有限責任信託会社としての運営を行うBakkt信託LLCの定款をニューヨーク銀行法のもと承諾したと発表。ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)によると「仮想通貨信託会社としては初であり、DFSはBakktによる現物決済されるビットコイン先物とともにビットコインのカストディサービスを認可した」と述べている。

出典:FINANCIAL SERVICES SUPERINTENDENT LINDA A. LACEWELL ANNOUNCES DFS GRANTS CHARTER TO BAKKT

また、Bakktの最高執行責任者(COO)でコインベース(Coinbase)にて前上級幹部であったアダム・ホワイト(Adam White)氏は、包括的な規制への取り組みとBakkt信託会社の認証の完了により、ビットコイン先物の決済される現物の資格あるカストディアンとして先物を提供でき、光栄だと述べている。

ビットコイン先物でのレバレッジ取引も提供

Coindeskによると、Bakktの最高経営責任者(CEO)であるケリー・ローフラー(Kelly Loeffler)氏は「Bakktの9月ローンチ後、信用取引も行うことができる」としており、ビットコイン1日先物の取引にはレバレッジをかけることができると述べている。現時点ではBakktのレバレッジ倍数はまだ明かされていない。

Bakktのローンチ発表後、約3%の高騰を記録したビットコインは110万円を推移している。

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

参考
Cleared to Launch
FINANCIAL SERVICES SUPERINTENDENT LINDA A. LACEWELL ANNOUNCES DFS GRANTS CHARTER TO BAKKT

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】ビットコイン売買への影響は? 米Coinbase バークレイズ銀行との提携廃止によりポンド入出金に影響
【墨汁速報】米国初 現物決済されるビットコイン先物をLedgerXがローンチ
ビットコイン(BTC)価格はまだまだ上がる?8月の相場を分析