【墨汁速報】Bakkt新規ビットコイン先物でワールドワイドな展開を画策

編集部おすすめ

【墨汁速報】Bakkt新規ビットコイン先物でワールドワイドな展開を画策

バックト(Bakkt)のアダム・ホワイト(Adam White)最高執行責任者(COO)によると、現物決済ビットコイン先物のBakktビットコイン先物は来年の2020年までに、CMEと同様の差金決済の導入を計画していると発言。このビットコイン先物は現物決済とは別の先物商品となると見られ、Bakktビットコイン先物の拡大を画策しているという。

新たなBakktビットコイン先物

ホワイト氏はニューヨークで行われているカンファレンスのInvest 2019で、「(現物決済のビットコイン先物とは別に)Bakktはフィアットにより決済される差金決済のビットコイン先物の提供も考えている」と発言。

この差金決済ビットコイン先物のプランに詳しいとされる人物によると、マンスリービットコイン先物であり、Bakktの親会社であるICE(Intercontinental Exchange)のシンガポールを拠点としているクリアリングハウス(清算機関)とICE Futures Singaporeでの提供を予定しているという。

Bakktはワールドワイドにビットコイン先物を拡大

この新たなBakktの新たな取り組みにより、先物トレーダーはBakktのビットコイン先物にワールドワイドにアクセスができるということになる。つまり既存の証券や先物商品のようにICE Clear Singaporeを介して取引ができるということだ。

またBakktの現物決済ビットコイン先物のデータをベースにするという。ホワイト氏によると、2019年末にはこの差金決済ビットコイン先物のローンチを予定しており、Bakktはシンガポール金融庁(MAS)と規制に取り組んでいると述べている。

Bakktは今月12日、機関投資家と大口投資家向けに銀行レベルのセキュリティを持つ世界最高峰のカストディをローンチ。年内にビットコイン先物オプションのローンチも予定しており、今後もワールドワイドに機関投資家の需要を満たしていくことになるだろう。

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

参考:Bakkt in Discussions to Offer Cash-Settled Bitcoin Futures in Singapore

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】銀行レベルの厳重なセキュリティ BakktのカストディサービスをNYDFSが認可
Bakktが第2フェーズ事業としてマーチャントポータルとBTCオプション計画
Bakktの現物渡しビットコイン(BTC)先物は「バタフライ効果」を呼び込むか?