【墨汁速報】Bakktビットコイン先物 マージン取引に必要な証拠金と変動額を発表

編集部おすすめ

9月23日にローンチする現物決済のバックト(Bakkt)ビットコイン先物は、マージン取引に関する詳細を発表。レバレッジ倍数は未だに明かされていないが、マージン取引を行うために必要なデポジット金額やポジション維持証拠金、変動額を発表した。

関連記事:【墨汁速報】Bakktビットコイン先物9月23日ローンチ発表 初の仮想通貨信託会社として認可

Bakktマージン取引に必要な証拠金

Bakktのマンスリー/デイリービットコイン先物を提供するICE Fetures U.S.の発表によると、マージン取引を行うための初期最低必要証拠金はマンスリーとデイリービットコイン先物両方とも4,290ドルとしており、ポジション維持に必要な初期証拠金は3,900ドルと発表している。

これら2つのティッカーはデイリービットコイン先物をBTC、マンスリービットコイン先物をBTMとしている。

Bakkt先物初期証拠金表

出典:ICE Futures U.S.

証拠金変動率

また、マンスリー/デイリービットコイン先物のマージン取引の証拠金維持変動率は440ドルから1,000ドルの間で変動する。対してポジション維持証拠金は400ドルから1,100ドルの間での変動となっている。マージンレートは一定ではなく、ビットコイン先物の決済日やBTCとBTMによって変動する。

Bakktマージン取引の証拠金維持変動率

出典:ICE Futures U.S.

Bakktのデポジット9月6日に開始

Bakktは9月23日のBTCとBTMローンチをの準備とし、9月6日の時点でカストディサービスを開始。ビットコイン先物を取引するための入金がすでに行うことができ、出金も自由にできるようだ。コントラクトサイズはBTC、BTMともに1BTCからとなり9月23日のローンチがビットコイン相場にどのように影響を与えるか見ものだ。

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

参照:MARGIN UPDATE FOR ICE FUTURES U.S. CONTRACTS

【こんな記事も読まれています】
バックト(Bakkt)ビットコイン(BTC)先物のユーザー受け入れ試験開始
バックト(Bakkt)が進める最高水準の暗号通貨保管セキュリティとは?
【墨汁速報】Bakktビットコイン先物9月23日ローンチ発表 初の仮想通貨信託会社として認可