【墨汁速報】Bakkt シンガポールでCME同様のUSD決済ビットコイン先物ローンチを正式発表

編集部おすすめ

【墨汁速報】Bakkt シンガポールでCME同様のUSD決済ビットコイン先物ローンチを正式発表

現物決済ビットコイン先物を米国で提供するバックト(Bakkt)は、11月13日にニューヨークで行われたカンファレンスで詳細を明らかにしたUSDキャッシュ決済のCFDビットコイン先物のローンチを正式に発表。12月9日にICE Future シンガポールでのローンチを予定しているという。

関連記事:【墨汁速報】Bakkt新規ビットコイン先物でワールドワイドな展開を画策

ICE Futureシンガポールでのビットコイン先物正式決定

Bakktは11月22日、親会社であるインターコンチネンタル取引所の先物を取り扱うICE Future U.S.のシンガポール金融庁の規制下にあるICE Futureシンガポールでのビットコイン先物のローンチを正式に発表。

このビットコイン先物はICE Future U.S.で現在提供しているビットコイン現物決済されるものと違い、CMEのビットコイン先物同様に差金決済で行われる先物だ。決済はUSDで行われ、現在の現物決済ビットコイン先物とは異なるプロダクトとなる。

現物決済ビットコイン先物をベースとしたCFD

このビットコイン先物の特徴として、決済は米国で提供しているマンスリー現物決済Bakktビットコイン先物(ティッカー:BTM)のデータを元に決済されるという。

ICE Futureシンガポールの最高執行責任者(COO)でICE Clear シンガポールの社長であるLucas Schmeddes氏は、「Bakktの提供する新たなCFDビットコイン先物は、ビットコイン市場から効率的にヘッジと利益を教授する最適な方法をアジアと世界中の投資家に提供する」と述べている。

シンガポールの規制当局は2019年11月29日までにBakktにより提出されたビットコイン先物CFDの上場提案を協議し、承認された場合ICE Futureシンガポールは2019年12月9日にビットコイン先物CFDをローンチするとしている。

Bakktのビットコイン先物の出来高は1,756BTCを記録し、日の平均が1,000BTCに近づいており、さらにビットコイン先物のオプションローンチにより機関投資家の需要を満たす新たな市場となるだろう。また今月ローンチしたカストディでは銀行レベルのセキュリティによる世界トップクラスのサービスを提供するBakktの動くには今後とも目が離せないだろう。

参考:ICE FUTURES SINGAPORE ANNOUNCES PLANS TO LAUNCH BAKKT BITCOIN (USD) CASH SETTLED FUTURES

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】銀行レベルの厳重なセキュリティ BakktのカストディサービスをNYDFSが認可
Bakktの決済アプリは2020年前半にローンチ予定!拡張される機能の狙いは?
Bakktの現物渡しビットコイン(BTC)先物は「バタフライ効果」を呼び込むか?