【墨汁速報】Bakkt 現物決済ビットコイン先物のオプションを12月9日にローンチ予定

編集部おすすめ

バックト(Bakkt)が10月24日、世界初となる米商品先物取引委員会(CFTC)による規制されたビットコイン先物のオプションコントラクトを12月9日にローンチすると発表。Bakktのビットコイン先物をトレードするユーザーはリスクヘッジやクロスマージンなどを行うことができるという。

「Bakktビットコイン先物」のオプション

Bakktが12月にローンチするオプションは、アナウンスから1年越しでローンチした現物決済されるマンスリービットコイン先物のベンチマークをベースにした「ビットコイン先物」のオプションコントラクトとなる。つまり、ビットコインオプションで決済される価格はBakktのビットコイン先物価格に依存するということだ。

Bakktのビットコイン先物を利用する機関投資家や大口投資家などは、ビットコイン先物で持つ自身のポジションに対し、オプションを使用することでリスクヘッジなどをICE Future U.S.で行うことが可能となり、より多彩な投資戦略をBakkt上で行うことができるという大きな一歩と言えるだろう。

関連記事:【墨汁速報】現在の出来高や決済日は?バックト(Bakkt)ビットコイン先物ついにローンチ!

Bakktビットコインオプションの詳細

ビットコインオプションではマージン取引を行うことができ、クロスマージンを行うことができる。またオプションの決済時、現受けまたは現渡しかBitMEXのような差金決済取引としてUSDで決済を行うことも可能となる。

また手数料は2019年12月中は無料となり、2020年1月からは1オプションコントラクト(1BTC)につき1.25ドルとなる。大口取引や機関投資家向けのオプションコントラクトのブロックトレード(OTC取引)も用意されており、今後の増える需要に対応していくようだ。

ビットコイン先物の出来高が過去最高を記録

Bakktの現物決済ビットコイン先物の出来高は、ローンチ時には約70BTCと非常に少なかったものの、10月24日には579BTC(約4.7億円)を記録。ビットコインの高騰、暴落に伴い徐々に出来高を増やしていっている。

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

参考
Bakkt bitcoin options on futures to launch December 9: an industry first

【こんな記事も読まれています】
Bakktのビットコイン(BTC)先物取引開始から1週間、生ぬるい投資家の反応
バックト(Bakkt)が進める最高水準の暗号通貨保管セキュリティとは?
ビットコイン(BTC)先物開始予定のバックト(Bakkt)、なぜCFTCの認可が下りないのか?