ベルギーで28の仮想通貨取引プラットフォームを警戒リストに追加、合計78箇所に

編集部おすすめ交換所

ベルギーが28の仮想通貨取引プラットフォームを警戒リストに追加、全体で78箇所に

ベルギーの金融サービス市場庁(FSMA)は9月4日、詐欺の疑いがある仮想通貨取引のプラットフォームの一覧を更新したことを発表した。以前から公開していたリストに新たに28のプラットフォームが加えられ全体で78箇所が警戒対象となった。

仮想通貨を介して消費者をだます

このリストは、消費者から寄せられる問合せや苦情をもとに作成されたもので、FSMAの度重なる警告にも関わらず、消費者からの仮想通貨関連企業に関する訴えが続いていた。

FSMAの発表には、「以前より注意喚起をしているにも関わらず、こうしたプラットフォームを利用をして投資をした消費者からの苦情が続いています。仮想通貨を介して消費者をだます悪意のあるプラットフォームについて、当庁では繰り返し警戒を促しています」と書かれている。

FSMAは今年2月から詐欺の疑いのあるプラットフォームをリスト化し公表している。今回の発表でFSMAは「詐欺師は偽物の仮想通貨や莫大な利益をうたって消費者を誘います。しかしすべては嘘で、実際には顧客の資金を持ち逃げするという、きわめてシンプルなものです」と注意を呼び掛けた。

一見正常でも音信不通になるパターンも

一方でFSMAは、このリストはFSMAに寄せられた消費者からの情報をもとに独自に作られたものであり、ベルギー国内で違法に営業されている全ての企業を網羅したものではないことを強調し各自の注意を促している。

悪意のあるプラットフォームは、見かけはいかにも正常に営業しているようだが、投資した資金を取り戻せなかったり、投資後にプラットフォームと音信不通になる事態が発生しているという。さらにFSMAは、一部のプラットフォームは、運用益を約束する預金や債権回収の権利、CFD(差金決済取引)などのデリバティブといった、原資産となる金融商品も取り扱っていることを報告している。

新たに追加されたプラットフォーム

今週新たに一覧に追加された詐欺の疑いがある28のプラットフォームは、次のとおり。

  • 1st-cryptobank.com
  • bitc-international.com
  • boursebitcoin.com
  • ccg-investment.com
  • crownmanagers.com
  • crypto.bnd-group.com
  • crypto-access.com
  • cryptofrancecapital.com
  • cryptorama-bank.com
  • cryptos-marketplace.com
  • cryptowallet24.com
  • e-cryptoney.com
  • ecrypto-international.com
  • emarketstrade.com
  • executivecrypto.com
  • fair-oakscrypto.com
  • fast-coin.eu
  • globalmarkets-group.com
  • ldc-crypto-com
  • lgsinvestpartners.com
  • london-exchange.com
  • minedecrypto.com
  • mondial-investissement.com
  • placementcrypto.com
  • primecryptobank.com
  • truetrade-capital.com
  • vechain-wallet.com
  • wallet-coins.com

関連
仮想通貨の詐欺がTwitter(ツイッター)上で急増中!こんな手口には気をつけよう
仮想通貨のオイシイ話は詐欺?5種類の詐欺と対策方法を紹介

参考
Bitcoin.com
FSMA

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット