【墨汁速報】バイナンス リップルの75倍XRPFXをローンチ コントラクトの詳細は?

編集部おすすめ

【墨汁速報】ビットコインデリバティブBitMEX 同社の投資家により約325億円の訴訟を起こされる

世界最大手の取引であるバイナンス(Binance)は、1月6日にリップル(XRP)のパーペチュアルコントラクト、つまりBTCFXのような差金決済取引(CFD)をローンチしたと発表。リップル(XRP)の価格はビットコイン上昇に伴い、22.5円を推移している。

75倍のXRPFXの利点

バイナンスによると、XRP/USDTの取引ペアでパーペチュアルコントラクト、つまり決済期限がない差金決済XRPFXをローンチしたと発表。このXRPFXではレバレッジを最大75倍までかけることができ、リップルトレーダーは少ない資金でXRP取引ができ、また証拠金維持率を安全に保つことができるといメリットがある。

バイナンス先物は2019年8月にローンチし、現在はXRPを含む主要仮想通貨の4種類を対応している。

XRPFXのコントラクト詳細

バイナンスのXRPFXでは、BTCやETHと同様に対象の取引ペアはUSDTで行われている。1コントラクトは1XRPで、最低取引数は0.1コントラクトからとなっており、リミットオーダーの最大取引数は10万XRP、マーケットオーダーでの最大取引数は100万XRPとなっている。

清算手数料はBTCやETHより高い0.5%となっており、BCHと同じだ。またマージン取引におけるInitial Margin Rate最低必要証拠金率は1.3%が基本となり、Maintenance Margin Rateつまりポジション維持率は0.65%となっている。

出典:Binance

バイナンス先物の最大レバレッジは125倍

バイナンス先物での最大レバレッジは125倍となっており、BitMEXのレバレッジ100倍に対抗していると見られるだろう。BitMEXは仮想通貨のデリバティブ、特にパーペチュアルコントラクトで世界で最も高い需要を誇っているが、2019年11月にメールアドレス流出を起こしており、今後バイナンスのパーペチュアルコントラクトが増えることでユーザーの移動が起きる可能性もあるだろう。

今回の報道後、XRP価格は最大2.57%の上昇を記録している。

参考
Binance Futures Launches XRP/USDT Perpetual Contract With Up to 75x Leverage

【こんな記事も読まれています】
・バイナンス(BINANCE)登録方法・口座開設・アプリの使い方手順を解説!
2019年の仮想通貨価格上昇ランク1位はビットコイン(BTC)ではなくバイナンスのBNB
バイナンス(Binance)が11月の市場概要を公開「魅力的な月ではなかった」

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


前のニュース2020年に投資を検討すべき6つの暗号通貨銘柄
次のニュース【墨汁速報】韓国政府諮問機関 「ビットコインを証券取引所へ上場、CMEに続くべき」
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者