バイナンスリサーチが仮想通貨の市場優位性や相関関係を公開

編集部おすすめ

バイナンスリサーチが仮想通貨の市場優位性や相関関係を公開

世界最大手の仮想通貨取引所であるバイナンス(Binance)の研究部門であるバイナンスリサーチが1月22日、2019年のビットコイン(BTC)の市場優位性や仮想通貨の相関関係レビューを発表した。このレビューではバイナンスの独自通貨であるバイナンスコインを始め、ビットコインやイーサリアムなど20銘柄について分析している。

ビットコインのドミナンスは52%から68%に上昇

今回の発表によるとビットコインの市場優位性は、第3四半期にピークに達して第4四半期に徐々に低下した。2019年1月のビットコインの市場優位性は52%、9月に69%、2020年1月に68%となっている。

なおバイナンスのみに限定したビットコインのドミナンスでは、1月1日に20%近くから始まっている。3月には一時的に10%まで低下したものの、その後は増加傾向が続き、最高で45‐50%に上昇している。その後は年末まで約40%を維持する結果となっていた。

最大相関資産はイーサリアム、最小相関資産はコスモス

今回の発表では、仮想通貨20銘柄の相関関係についても解説されている。2019年1月1日から2020年1月1日までの20銘柄の相関関係では、イーサリアムが0.69で最大だった。
なおイーサリアムの第1四半期と第2四半期の相関関係は0.66で、第3四半期には0.76、第4四半期には0.75となっていた。

最も低い相関関係はコスモスの0.31だった。チェーンリンクは0.32、テゾスが0.4である。今回の発表によると、コスモスが他の仮想通貨と相関関係が低かった理由として上場時期を挙げている。コスモスは2019年第1四半期にの終わりに上場している。

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

参考
2019 – Annual Crypto-Correlations Review

【こんな記事も読まれています】
・バイナンス(BINANCE)登録方法・口座開設・アプリの使い方手順を解説!
バイナンスがブロックチェーンプロトコルのナンバーズに投資
積極的に新しいプロダクトを進めるバイナンスの未来は?

文:かにたま


前のニュースビットコイン(BTC)は上昇へ、新型コロナウイルスから始まったリスクオフ相場
次のニュースイーサリアムはDeFiチェーン?データから読み取るアプリケーションのユーザー
コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。