世界最大手取引所Binance、ブロックチェーンスタートアップの為インキュベーションプログラム開始

2942

編集部ピックアップ

世界最大手取引所Binance、ブロックチェーンスタートップの為インキュベーションプログラム開始

仮想通貨取引所Binance(バイナンス)がインキュベーションプログラムを開始

世界最大手の取引所であるBinanceが、ブロックチェーンスタートアップの為のインキュベーションプログラムを開始しました。

本プログラムは、Binance本体ではなく、投資機能などを担うBinance Labによる実施です。
Binance LabのトップのElla Zhang氏が、テッククランチのインタビューで答えている内容によると、インキュベーションプログラムでは、1バッチで8-10プロジェクトをカバーをするようです。

参照:Binance launches an incubator program to develop early stage blockchain startups

また、1プロジェクトあたり$500K(約5500万円)の投資を行い、10%の株式を取得するとしています。つまり、1プロジェクトあたりのバリュエーションは約5億円5000万円ということになります。

また、参加企業は、他に投資を受けていないか、サインアップ時にチェックされることになることが注意点です。

プログラムは10月からサンフランシスコで開始されます。
申し込みの終了は9月14日で、こちらから申し込みができます。

参照:Binance Labs Incubation Program Application

インキュベーションプロジェクトの投資はBinanceファンドにリンク

インキュベーションプログラムの終了時には、外部のメディアや投資家を呼んだビルダーデイ(デモデイ)が開かれ、それぞれが取り組んでいるプロジェクトの発表やMVPを披露する機会が与えられます。つまり著名インキュベーションプログラムのYコンビネータのブロックチェーン版といえます。

また、Binanceは10%の株式を取得するかわりに、しっかりスタートアップを支援をすると、テッククランチのインタビューでは答えています。とはいえ、シードプロジェクトに対してインキュベータが投資をする金額としては十分に高いと言えますし、やはり潤沢な資金力を感じます。

1バッチ目の開催地はシリコンバレーエリアであり、2回目以降、開催地はその都度変更されます。

この理由は、ブロックチェーンプロジェクトはグローバルが前提であり、様々な地域で機会を模索したいからと回答をしています。今のところ、開催地候補としてアジアとアフリカに関心があるようです。

インキュベーションプロジェクトからの投資は、Binanceファンドにリンクされており、このファンドは今年6月に発表をされ、最大$1Billionの金額で組成されます。興味深い点は、投資はBNB(バイナンスコイン)を通じて行うとしていて、10回のフェーズにわけ、100Million(約1億円)ずつファンドに注入をするといいます。

今後もBinanceの動向が注目されます。

筆者が運営する研究所サロンでは、このような動向解説から更に深い業界のビジネス分析、技術解説、その他多くの議論やレポート配信を行なっています。ご興味ある方はぜひご利用ください。

▼d10n lab 未来を思考するための離合集散的コミュニティ
https://d10nlab.com/

関連
バイナンス(Binance)の第四半期が終了、一周年を迎える取引所やBNBトークンのバーンや今後について分析
仮想通貨取引所バイナンス(Binance)の詳細