【墨汁速報】バイナンス一時ETHとERC20トークン出金停止 イーサリアムノードの更新ミスにより分裂

編集部おすすめ

【墨汁速報】バイナンス一時ETHとERC20トークン出金停止 イーサリアムノードの更新ミスにより分裂

イーサリアムのブロックが一時的にフォークし、オーファンブロックを生成。この影響で大手取引所バイナンス(Binance)が一時ETHとERC20トークンの出金を停止した。現在は復旧し出金が行える状態になっている。

イーサリアムの分裂

イーサリアムファンデーションの開発するイーサリアムクライアント「Geth」は、27日前にセキュリティ修正用のアップデート「Tupari v1.9.23」をリリース。このリリースではイーサリアムネットワークに携わる全てのノードにアップデートを推奨するものであった。

今回の一時的なイーサリアムチェーンの分裂は、このアップデートを行っていなかったことが原因であり、古いバージョンのGethを使用していたと見られるバイナンスなどの仮想通貨取引所やBlockchairなどのエクスプローラー、マイナーが引き起こしたことになる。


出典:Github

Infraの一部サービス停止

またIPFSベースでイーサリアムのAPIを提供する「Infra」のデータが遅延。イーサリアムデベロッパーによると、InfraやBlockchairがGethのアップデートを行っていなかったことにより、#11234873ブロックで一時的にオーファンブロックが発生した。

Etherscanや大多数のノードはGethを最新版にアップデートしており、イーサリアムではなくネットワーク参加者により引き起こされた事件であることが分かる。

オーファンブロックの影響

古いGethと最新のGethでは技術的に見るとコンセンサスアルゴリズムが変更されており、ハードフォークになったことが今回のオーファンブロック生成の原因となっている。30ブロックほど古いバージョンのGethで生成され、バイナンスやInfraがこの異変に気づきGethをアップデートしたことで問題は解決している。

CEOのCZによるとバイナンスは出金を再開しているため、一部のサービスプロバイダ以外は影響がない状態だ。

このようなノードのアップデートミスはビットコインでも7年前に起きており、ブロックチェーン特有の事件だと言えるだろう。イーサリアム価格には大きな影響は見られていない。

イーサリアム(ETH)の価格・相場・チャート

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】イーサリアム2.0ステーキング10%約26億円に到達 年内にローンチできるか?
仮想通貨で月30万円の不労所得を得るには?イーサリアムDeFiでの運用実態
【墨汁速報】イーサリアム2.0遂にステーキング開始!ETH2起動は最短で年内12月1日に確定

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や実際のステーキング検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界


前のニュース元マイクロソフトエンジニア、不正取得金の隠ぺいにビットコインのミキシングサービスを利用
次のニュース「証券はすべてトークン化できる」SEC委員長が前向きな発言
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者