バイナンス(Binance)アメリカ進出へ、金融犯罪執行ネットワーク登録企業と提携

編集部おすすめ

バイナンス(Binance)アメリカ進出へ、金融犯罪執行ネットワーク登録企業と提携

大手仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)が6月14日、アメリカ国内のユーザーに向けた取引サービスを提供するため、BAMトレーディング・サービス(BAM Trading Services Inc)との提携を発表した。

「バイナンスUS」設立へ

BAMはアメリカの国財務省の金融犯罪執行ネットワーク(FinCEN)から6月11日に認可された企業で、バイナンスは今回の提携により、アメリカ市場向けの「Binance.US」を設立する予定。現時点でローンチ時期は未定となっている。

バイナンスの最高経営責任者(CEO)であるジャオ・チャンポン(Zhao Changpeng)氏は、同社のプレスリリースで「ついにバイナンスUSをローンチし、バイナンスの安全性やスピード、流動性を北アメリアに提供できることを楽しみにしている」と述べている。

またBAMの代表は、「私たちは安全で準拠したプラットフォームの提供に取り組み、バイナンスとの提携を有益なものにしたい」とのコメントを発表した。

【登録無料】仮想通貨取引所バイナンス(Binance)の口座開設手順はこちら>>

バイナンスコイン(BNB)の価格・相場・チャート

【こんな記事も読まれています】
仮想通貨でもレバレッジ取引が普通に?バイナンス(Binance)がβ版サイトを公開
バイナンス(Binance)の顧客第一主義である凄さ、戦略におけるAmazonとの共通点とは?
バイナンスコイン(BNB)のバーンが実施、四半期での利益は約87億円