【墨汁速報】バイナンス 8月28日にレンディングサービス開始 リスクや利率は?

編集部おすすめ

アルトコイン世界最大の取引所バイナンス(Binance)は8月26日、レンディングサービスを日本時間28日15:00にローンチすると発表。バイナンスユーザーは対応した仮想通貨をレンディングサービスで利用することで、金利を得ることができる。

出典:Binance

バイナンスでレンディングできる仮想通貨

現時点でバイナンスでレンディングが開始できる仮想通貨は、テザーUSD(USDT)、バイナンスコイン(BNB)、イーサリアムクラシック(ETC)の3通貨のみで、最も需要があるとみられるビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などの主要仮想通貨には対応していない。

レンディングには最大数の制限があり、USDTは1ロット100USDTで10000ロット、最大100万USDT(約1.06億円)となり年利10%、BNBは1ロット10BNBで50ロット、最大500BNB年利15%、ETCは1ロット1ETCで最大1000ETCとなっており年利7%となる。

出典:Binance

利率と固定期間

バイナンスはレンディングの総数を先着順としており、各仮想通貨により異なる。USDTが最も多い500万USDT、BNBが20万BNB、ETCが2万ETCとなり、8月28日日本時間15:00pmのデポジットから2週間の固定レンディングとなる。

つまりユーザーはUSDTをレンディングした場合、2週間の間は引き出せなくなることに注意が必要だ。9月11日の満期日にレンディングした仮想通貨を引き出せるようになり、この2週間で得られる利子率は

  • USDT:0.38%
  • BNB:0.57%
  • ETC:0.27%

となる。価格の変動リスクを考慮すると、レンディングを行うために購入するより、該当通貨の保有者が行うといいだろう。

レンディングリスクは?

本来取引所が提供するレンディングは、トレードを行うユーザーがショートを行うために「トレーダーに貸し出される」ものである。ポロニエックス(Poloniex)のデフォルト事件などのように、ゼロカットのない取引所の場合証拠金以上の失いレンディングユーザーの資産がカットされてしまう例などがある。対してバイナンスのレンディングは7月11日ローンチしたマージントレードで使用されるものではなく、固定金利で提供しているためデフォルトリスクはないと見られる。

バイナンスによるとレンディングに対応する仮想通貨は今後拡大していくとしており、保有者の多いビットコインやイーサリアム、その他アルトコインも追加されていくという。

参考
Binance Launches Cryptocurrency Lending Products, Expanding Offerings Beyond Trading
Binance Products

【こんな記事も読まれています】
バイナンス(BINANCE)登録方法・口座方法を解説
バイナンスDEXがローンチしてから3ヶ月、その現状とは?
バイナンスがステーキングサービスを開始