survival

2017年8月1日、もしかするとビットコインが二つに分かれてしまうのではないかと、海外のビットコイン利用者の間では大きな話題になっています。

ここで懸念されているのはビットコインの取引を記録するブロックチェーンの分岐で、BIP148でのUASFによるものです。

ビットコインに何が起きる?

見慣れないアルファベットに戸惑う方もいるかもしれませんが、非常に平たくいうとビットコインのブロックにもっとたくさんの取引データを記録できるようにする仕組み(Segwit)の導入をユーザーの合意によって実施する提案です。

ビットコインはより多くの取引をスムーズに処理できるように、ブロックに入るデータの量を今よりも大きくしたいのですが、現在その方法については議論されている最中です。このBIP148のやり方にも賛成する人、そうでない人がいます。

賛成する人が少なければBIP148はキャンセルされて8月1日には何も起こりません。もしもビットコインが2つに分かれてしうまうと旧ビットコイン(これまでと同じもの)と新ビットコイン(BIP148でSegwitが有効になったもの)の2つに分かれてしまいます。

この場合1BTCを持っていたら、ユーザーは1旧BTCと1新BTCの2つを手に入れるイメージです。

手元に新しいビットコインが現れるなんてラッキーだと思ってしまいそうですが、海外の仮想通貨ライター、Aaron Van Wirdum氏はチェーン分裂について「これにより両サイドの戦いが始まるかもしれませんし、取引レートの急激な下落につながり最悪の場合ゼロになる可能性すらあります。失ってもいいと思える分以外は保有しないようにしましょう。」述べており、今回のブロックチェーンの分裂はリスクの高い状況につながる可能性があると分かります。

fork

BIP148で起こりうる事とビットコインの管理

以下ははBitcoin Magazineに掲載されている初心者のためのガイドを一部要約したものです。

8月1日よりも前に準備できること

自分で準備をしておきたい人ができることはビットコインを自分で秘密鍵を持っておくタイプのウォレットに移動させておくことです。

長期間、かなりの金額分をただ保管しておくつもりであればTrezor、Ledger、Keepkeyなどのハードウェアウォレットに入れておけば安全に保管できます。ペーパーウォレットに印刷する方法もありますが、かなり厳重にコンピューターのセキュリティ環境を整えておく必要があるため、ハードウェアを入手してしまう方が簡単かもしれません。

また、スマートフォンやパソコンのダウンロードできるタイプのウォレットもあります。自分のパソコンやスマートフォンが安全な状態であることを確認して保管するのも選択肢のひとつです。

どのウォレットを選ぶにしても必ずバックアップは取っておくようにしましょう。インストールの段階で12個のフレーズをメモするステップがあるはずです。

参照:1分でできる!ビットコインウォレットのバックアップの取り方

8月1日当日

もしもハッシュパワーの過半数がSegwitを支持するシグナルを出していたら、プロトコルのアップグレードはスムーズに済むでしょう。もしこのようなシナリオ通りになれば、特に準備をしていなくても問題ありません。

もし、そうでなかった場合はブロックチェーンが分岐してしまう可能性がありますが、以下のようなシナリオも考えられます。

もしも8月1日に新BTCの方がたくさんマイニングされれば、旧ビットコインのノードも、新ビットコインの方に移行することになります。旧ビットコインは無くなり、一時的な分岐は起きますがその後は通常通りビットコインが使えます。

しかし、こうならなかった場合、もしくはこの状態にたどりつく(あるいは別の対策が取られる)までは少なくとも理論上、旧ビットコインのチェーンは上記のように破棄されてしまう可能性が残ります。時間が経てばそのリスクは減少しますが数時間、ひょっとすると数日からそれ以上かかってしまう可能性があります。

そのため、分岐の直後に旧ビットコインを買ったり受けとったりするのはハイリスクだと言えます。もしも新ビットコインが旧ビットコインにとって代わる結果となれば旧ビットコインは消える可能性があるからです。

一方で新ビットコインも使われ続ける保証はありません。これはどの仮想通貨にも言えることではありますが、マイニングの難易度調整が遅いこと、対立の可能性や旧ビットコインでSegwitが導入される可能性が残っていることを考えると新ビットコインを分岐直後に買ったり受け取ったりすることにもリスクが伴います。

さらに「リプレイ・アタック」と呼ばれる問題も存在します。チェーンが2つに分岐した後に、片方のチェーンで取引を行ったつもりでももう一方のチェーンにもそれが反映され、例えば新ビットコインで1BTC送ったつもりが意図せず同じ額の旧BTCも相手に送ったことになってしまう可能性があるのです。

これを避ける一番の方法は分岐後に状況が落ち着いたと明らかになるまでビットコインの送受信を行わないことです。

初心者ビットコイナーができることは2つ

・ビットコインをきちんとウォレットで管理しておく
・分岐直後はビットコインの送受信を控える

ポイントをまとめるとこの2点です。状況によってキャンセルになる可能性もありますし、スムーズに進んで何事もなく終わる可能性もありますが、万一の事態に備えてこれらのポイントは知っておいてよいでしょう。

【参考リンク】
Bitcoin Magazin
BIP148
UASF
LukeJr