貸仮想通貨サービスの真相:「仮想通貨を貸して増やす」は儲かるのか?

8193

編集部おすすめ

ビットコインを手放さずに運用する方法として「レンディング」というサービスがあります。

レンディング(貸仮想通貨サービス)とは、自分の保有する仮想通貨に利子をつけて一定期間貸し出し、利益を得ることを言います。仮想通貨事業者:ビットバンクから2018年4月から「仮想通貨を貸して増やす」サービスについてお知らせが出ました。

「仮想通貨を貸して増やす」サービス開始予告のお知らせ

出所:ビットバンク

ビットバンク貸仮想通貨サービスの詳細

①対象者:ビットバンクユーザー
・仮想通貨貸借取引契約を締結後

②利用料率(税込)/年
BTC数量
・3% 1 <= X < 5  (1~5BTC未満)
・4% 5 <= X < 10  (5~10BTC未満)
・5% 10 <= X      (10BTC以上)

③利用料:最大5%
④満了期間:1年
⑤申込数量:最小1BTC 最大:1000BTC

5銘柄:最初はBTCのみで全銘柄を予定
「貸すだけで仮想通貨が貰えます by bitbank.cc 」

ポイント

①大口向き
貸付数量によって料率が異なる

②期間:1年は長い?
相場動向にかかわらず、途中解約する以外出金できない

③中途解約手数料:5%
途中で貸出をキャンセルすると、ビットバンク側に5%の手数料を払わなければならない。10BTC未満の場合、損をする可能性がある

④取引所リスク
取引所に仮想通貨を入れっぱなしにしておくので、ハッキングの恐れがある(ただしビットバンクはコールドウォレット・マルチシグ対応)

⑤リスクについて
・預金商品ではないので、保険対象ではない
・取引所の破綻、ブロックチェーン上のバグなどで返却されないリスクがある
・資金決済法上の交換業に該当しない為、分別管理の対象にならない

海外取引所のレンディングサービスの例

海外では年利ではなく「日利」のところがあります。最短では貸出日数「2日」から可能です。料率も価格の変動により変わります。

出所:Poloniex

Poloniexのレンディングは借りたい人と貸したい人をマッチングさせて、手数料を得るサービスです。料率はユーザー側が決めることが出来ます。(現在0.0065%で0.2BTC貸出中)年利のビットバンクよりもかなり料率は低いですが、ロックアップ期間が短い(2日)のがいいですね。海外取引所はGOXリスクが高いので、リスクに見合った資金で行いましょう。

まとめ

ビットバンクの「仮想通貨を貸して増やす」サービスは、運用開始が4月です。これらの条件を踏まえ、考えてみてください。

参考:https://bitbank.cc/blog/bitbank-lending-launch-announce/