【墨汁速報】ビットコインASIC 最大手Bitmain 中国深圳地方裁判所により子会社の資産を押収

編集部おすすめ

【【墨汁速報】ビットコインASIC 最大手Bitmain 中国深圳地方裁判所により子会社の資産を押収

中国深圳地方裁判所が、ビットコインASIC最大手ビットメイン(Bitmain)の子会社である深圳センチュリークラウドコア( Century Cloud Core)と取引のある東莞永江エレクトロニクス(Dongguan Yongjiang Electronics)の資産保護のため約7,400万円に相当する470万人民元を凍結したと公表した。

出典:China Judgements Online

最大半年から1年の資産凍結

深圳センチュリークラウドコアは北京Bitmainテクノロジーの100%子会社で、主に製造や配送の品質保証、BitmainのビットコインASICなどの機器の梱包を行う会社だという。対して今回資産の凍結を要求した東莞永江エレクトロニクスは、電子製品のコンポーネントサプライヤーであり、2019年9月25日に約60万ドル(約6,500万円)の請求を確実にするためであるという。

中国の法律によると、資産の凍結期間は不透明であるが銀行口座やその他保有している資産は6ヶ月以内、当座資産または流動資産は1年以内になると見られる。この件に関してCoindeskの取材に対し、Bitmainはコメントを差し支えるとしている。

Bitmain子会社に対する5件の資産凍結申請

Coindeskによると、深圳センチュリークラウドコアとBitmainが電子部品のサプライヤーと契約問題を抱えるのは初めてではないとしており、2019年1月から別のサプライヤーによる申請が4件行われていたという。

2019年3月に申請された同様の資産保護では、11月3日に公表された同様のサプライヤーであるYoudaエレクトロニクスの74.5万ドルの資産の押収が行われている。10月に行われたBitmainの内部会議のリークによると、Bitmainの創設者で元CEOのジハン・ウー(Jihan Wu)氏はサプライヤーへの買掛金支払いに迫られていると認めていた。

現時点では上記2件以外の取引問題については全て原告側により取り下げられているという。2017年までBitmainは世界のビットコインASICの80%以上のシェアを誇っていたが、現在は多くのASIC企業がマイニング効率のいいASICを販売しており、Bitmainの天下は失われつつあるといえるだろう。

参考:Bitmain’s Miner Manufacturing Subsidiary Had $680K in Assets Frozen in a Contract Dispute

関連記事:【墨汁速報】カナダ政府支援のビットコインマイナー破産へ 資産は債権のわずか3分の1

【こんな記事も読まれています】
マイニング最大手ビットメイン(Bitmain)に試練、クリプトウィンターから学べること

ビットメイン(Bitmain)、不正に仮想通貨をマイニングしていた疑い
大手マイニング企業ビットメイン(Bitmain)共同創業者が創業した新たなスタートアップとは?

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


前のニュース【墨汁速報】イーサリアム(ETH2)のBeacon Chainローンチ 開発者は2020年7月への変更を提案
次のニュース仮想通貨を大量保有、市場を混乱に陥れるクジラの存在が高まっている事情
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者