「ビットコイン(BTC)は過去最高のパフォーマンスを記録した資産」、金・S&P500と比較

編集部おすすめ

「ビットコイン(BTC)は歴史上最高のパフォーマンス」、ビットコイン・金・S&P500を比較

ビットコインのデータやチャートといった進捗状況を追跡しているケースビットコイン(Case Bitcoin)が3月2日、ビットコイン(BTC)や金、S&P500などを10年間の年平均成長率(CAGR) の比較結果を発表した。

ビットコインの10年間の年平均成長率は約200%

今回の調査ではビットコインの他に、金やS&P500、ナスダック総合指数、アメリカ長期国債、テスラ、アマゾンの7種類を比較した。S&P500はアメリカを代表する500社の株価を基に計算した指数、ナスダック総合指数はナスダックに上場している全社の株価を基に計算した指数だ。

この6つの比較では、ビットコインが196.72%で1位となった。2位はテスラの63.8%、3位はアマゾンの33.5%、4位以下はナスダック総合指数(16.94%)、S&P500(11.22%)、アメリカ長期国債(4.58%)、金(1.97%)となっている。ビットコインの成長率はテスラの約3倍、アマゾンの約6倍となった。この結果にから、ビットコインはこの10年間で毎年ほぼ200%、ROIは520万%となった。

期間別で見てもビットコインが金・S&P500を上回る

今回の調査では、期間別のビットコイン・金・S&P500の比較も行っている。この結果からビットコインは、どの期間でも金やS&P500を上回っていたことが明らかになった。ビットコインの年平均成長率が+63%や+86%となることもあったが、同時期の金の成長率は+10%と+4%、S&P500の成長率は+13%と+11%であり、どちらの時期でもビットコインの成長率のほうが5倍以上高いという結果になっている。

なおこれらの調査結果に対してケースビットコインは、「ビットコインが歴史上最高のパフォーマンスを発揮する金融資産」とまとめている。

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

【こんな記事も読まれています】
ビットコイン(BTC)ピークは数年後で価格は20倍に?バイナンスCEOが予測
現在のビットコイン(BTC)価格は過大評価?人気分析モデルが示す調整下落の可能性
ビットコイン時価総額は1兆ドル超え、JPモルガンなど金融機関を凌ぐ

文:かにたま


前のニュース米国のコロナ対策の緊急経済対策1.9兆ドルに中銀デジタル通貨(CBDC)の活用あるか?
次のニュース【墨汁速報】ビットコインカストディアンBitGo ニューヨークで信託会社設立の認可を受ける
コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。