ビットコインはもう終わりなの?仮想通貨投資に疲弊している人に見てほしい◯◯データ

41664

ビットコインはもう終わりなの?仮想通貨投資に疲弊している人に見てほしい◯◯データ

ビットコインなど仮想通貨投資についてですが、ご自身の参入時期によって現在の仮想通貨相場に対する感想が異なると思います。「ビットコインはもう終わりなのか?世間の興味が薄れたのか?」という巷のニュースを見てがっかりしている人がいたら、ぜひ過去のチャートを振り返ってみてください。

仮想通貨の市場に2017年後半から参入した人は現在、含み損を抱えているかもしれません。私は2013年からビットコインの相場を見ていますが、これまで何度も「ビットコインはオワコンか?」という状況がありました。

そこで、約1年前にさかのぼり2017年1月から現在までの相場を例にとって振り返ってみました。見るポイントはチャートの「スケール幅の変化」です。

2017年1月から3月までの推移

ビットコイン(BTC)/円 日足チャート(その1)

出典:ビットトレード

2016年12月、なんとあのビットコインが10万円になりました!
「あれほどビットコインは使えない、意味がない、など言われてたのに遂にここまで来たか~!」
というのが、当時の感想です。

しかし2017年1月に入り、中国で大きな規制が発表されました。中国人民銀行(PBoC)は大手取引所3社に対し注意を勧告、ビットコインの取引を禁止、マイニング事業に対しても引き締め政策を行うとの報道でした。

これによりビットコイン価格は大暴落、一時13万円から8万円まで下落しています。(図の①を参照)
シェア9割を占めていた中国で大規模な規制が行われるという事で「ビットコインはオワコンだろう・・・」という空気に。

しかしご存知の通り、価格を含めビットコインはぜんぜん終わりではありませんでした。

2017年2月の相場は1月の急落からの復活、前回高値を更新し上昇トレンドでした。しかし3月に再び暴落。(図②を参照)ここはウィンクルボス兄弟(Bitcoin投資家)が米国証券取引委員会(SEC)に申請していたビットコインETF(上場投資信託)が否決された時です。

ビットコイン価格は直近高値は15万円をつけていたものの、この否決により10万円まで暴落。ビットコインETFが承認されれば有価証券として金融商品化されると期待されていただけに、価格にも影響を与えました。

・・・という感じで、1年前はビットコイン=10万円前後の攻防でした。
もしこの時、その後ビットコインが100万円、200万円になるとわかっていたら、数万円くらいの暴落なんて全然気にしなかったと思います。その未来を信じていなかった当時は、いちいち一喜一憂していました。(そりゃそうですよね?)

BTC相場 2017年1月から7月までの推移

ビットコイン(BTC)/円 日足チャート(その2)

出典:ビットトレード

2017年4月、日本で資金決済法が施行され仮想通貨業界が活性化、覇権が徐々に中国から日本や他の諸国に移り始めました。

そしてゴールデンウィークにビットコインのみならずアルトコイン祭りが起こり、コインチェックのスマホアプリなどから簡単に仮想通貨を買う人が急増しました。その後ビットコインは20万から30万へ。しかし35万の壁は厚く6月に大暴落ふたたび・・・(図③参照)

ここでビットコイン価格が大きく上昇した為、チャートのスケールが変わっています。図①と図②であれほど大騒ぎしていた10万円台の攻防が、こんなに小さな出来事に見えますね。(ここ重要です)

BTC相場 2017年1月から2018年3月までの推移

ビットコイン(BTC)/円 日足チャート(その3)

出典:ビットトレード

ここからチャートのスケールが大幅に広がりました。「図①②③」は見えないくらいの小ささに!

2017年8月1日にビットコインがハードフォークしたり、9月に金融登録事業者が発表、中国でICOが禁止、イーサリアム(ETH)の時価総額が急増したりと色々ありました。

価格的に見ると、50万円を明確に抜けたところから相場の様相が変わり80万、90万のハードルを越え「100万円」に到達。ここからの上昇スピードはこれまでにない速さとなり、11月から大相場を形成。

2017年12月、ビットコインは「200万円」を超え、ついに史上最高値を更新。そしてここから現在まで長い下落相場が続きました。

他の市場もよくあることですが、急騰のあとは急落が来ます。それがどこで止まるのか、次の転換点はどこなのか?がポイントとなります。3月31日の時点でビットコイン価格は75万円、11月から上昇相場を吸収したことが分かります。(時価総額も11月の時点と同じ28兆円くらい)

過去相場を振り返ってみて思うこと

ここまで1年間の相場を振り返ってみると、その当時は大ごとだった相場変動(急騰&急落)も冷静に見えてきます。もし「買い時・売り時を誤った、後悔した」と思っている人はぜひこのチャートを参考に、「来年の今頃はどうなっているのか?」を予測して楽しみにしてください。

2018年は仮想通貨の価格だけではなく、ブロックチェーンの技術がいかに実用化されていくか?という段階に入ってきます。仮想通貨それぞれのプロジェクトの進捗度などにも注目し、投機だけでなく「実需」を伴う価格推移に期待しています。

ビットコイン(BTC) リアルタイムレート