【墨汁速報】ビットコイン(BTC)は”お金の一種” 資金洗浄訴訟で米D.C.連邦裁判所が判決

編集部おすすめ

【墨汁速報】ビットコイン(BTC)は

ワシントンD.C.連邦裁判所は、「ビットコインはお金の一種」という判決を24日、ダークネットのビットコイン取引所運営者のマネーロンダリング容疑の裁判に下した。この判決により、ビットコインはD.C.金融サービス法下で「お金の一種」であると裁定されたこととなる。

ダークネットビットコイン取引所でのマネーロンダリング

ラリー・ディーン・ハーモン(Larry Dean Harmon)被告は、D.C.金融サービス法の下、ダークネット内のビットコイン取引所をライセンスを持たずに運営、資金送金事業を行いマネーロンダリングを行った容疑をかけられていた。

ハーモン被告は「ビットコインはMTAによるとお金ではない」「ビットコインはお金ではないため資金送金事業に当たらない」という主張の下、請求棄却を求めていた。

*MTAはMoney Transmitter Actの略で、資金移動業ライセンス法が定める送金

ビットコインは”お金の一種”と判決

ワシントンD.C.連邦裁判所の最高裁判官ベリル・A・ハウウェル(Beryl A. Howell)氏は、同被告に主張に対して「MTAはお金の定義をしていない。だが”お金”という用語は交換手段であり、支払い方法またはStore of Value(価値の保存)である。ビットコインはこれらに該当する」とし、法律上はお金を定義していなくても、ビットコインはお金に該当するとし、被告の訴えを棄却した。

アルファベイとのBTC送金で関わりか

またワシントンD.C.連邦裁判所はハーモン被告から160BTC、時価1.6億円を押収している。これに対し被告は160BTCの返還申立を行ったが、2017年に押収されたダークネット市場最大手のアルファベイ(AlphaBay)やAgoraマーケット、Nucleusとドリームマーケットでの違法な銃やドラッグなどの売買に使用されたビットコインの送金に関わっているという理由などにより返還も棄却された。

出典:Court Listener

ペンシルバニア州では2019年1月に、ビットコインなどの仮想通貨はお金ではないと判決を下しており、同州では同様に仮想通貨取引所の運営にライセンスを必要としていない。米国内ではビットコインがお金の一種であると判決された初の事例となり、ビットコイン市場に大きなインパクトを与えることになるだろう。

参考
UNITED STATES DISTRICT COURT FOR THE DISTRICT OF COLUMBIA

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】仮想通貨取引所Bitfinexとテザー社8億ドルの顧客資産を消失 NY州裁判所が資料提出の判決
バンク・オブ・アメリカが仮想通貨を「現金同等」扱いにすると通知

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向やステーキング検証、テクニカル分析理論、最新ファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界