上昇トレンド転換に期待、2020年1月ビットコイン(BTC)相場分析

編集部おすすめ

上昇トレンド転換に期待、2020年1月ビットコイン(BTC)相場分析

2020年は大いに期待のビットコイン(BTC)相場、さて前回のトリプルボトム点灯後、価格はどうなったでしょうか?

前回1月7日の記事「ビットコイン(BTC)トリプルボトム完成で買いサイン点灯か?」では、トリプルボトムを形成し、強い上昇を示唆したビットコイン。ネックラインを超えてからの上昇幅は、下落時と同じ幅を予想し中期利確目標:100万円(左図)< 1月26日時点のチャートを見ると(右図)たしかにネックラインを越えて上昇し、1月19日に100万円に到達しています。やはりトリプルボトムのシグナルはワークしますね。トリプルボトムからの反発上昇という形状はなかなか出ないため、ここはしっかり底を打ったと考えています。

時価総額25兆円

出典:Coinmarket Cap

時価総額は25兆円まで回復、2019年12月と比べると4.5兆円の増加となりました。「価格上昇=時価総額増加」という図式です。

ビットコイン(BTC)ドミナンスは変わらず

出典:Coin Market Cap (1月26日現在)

主な仮想通貨ドミナンス(1/20)
・Bitcoin(ビットコイン):66.28%
・Ethereum(イーサリアム):7.65%
・XRP(リップル):4.3%
・Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ):2.6%
・Bitcoin SV (ビットコインSV) : 2.13%
・Litecoin(ライトコイン):1.55%

材料の出たBitcoinSVはドミナンス急騰。その他の主要コインはそれほど大きな変化はありません。時価総額は増加しているため、他の資産からの仮想通貨市場への資金流入(回復)が大いに期待されます。

ビットコイン(BTC/JPY)週足チャート【移動平均線】

出典:bitbank (1/26現在)

テクニカル分析:移動平均線(MA) 20,90,200
長期線(200MA):上向き
中期線(90MA):横向き
短期線(20MA) :下向き

1月に入りビットコイン相場は大きく反発。中期線の90MAが下支えになっている事から、よほどの事が無い限り、当面はここを割り込む悲観的な暴落はないと見ています。

ビットコイン(BTC/JPY)週足チャート【ボリンジャーバンド】

出典:bitbank (1/26現在)

テクニカル分析:ボリンジャーバンド、±2σ、3σ
ミドルバンド(20MA):下向き

ボリンジャーバンドを見ると、ビットコイン価格は下方-1σタッチから反発し、ミドルバンドに到達。現在価格はその上にあります。

価格がミドルバンドの上に位置するのは、昨年BTCの上昇トレンドが始まった3月以来であり、同年9月まで続きました。今後価格がミドルバンドの上に安定して位置し、さらに+1σ、+2σのラインに沿ってバンドウォークをしてくれるきれいな上昇トレンドになってくれるといいな、と思っています。

まとめ

ビットコイン価格は100万円乗せ後、91万円近辺まで下落しています。しかしこれは大台到達の達成感からの一時的な押しだと考えます。ここでの売買がひと段落つけば、再び100万円を越え、上げ基調が強まるのではないかと期待しています。

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

【こんな記事も読まれています】
2020年に投資を検討すべき6つの暗号通貨銘柄
ビットコイン(BTC)の2019年業績は金やS&P500をはるかにしのぐ
ビットコイン半減期に何が起きるか?業界の見解は真っ二つに


前のニュース中央銀行が仮想通貨市場をコントロールすることはあり得るか?
次のニュース仮想通貨ネム(NEM)で決済!ホテル予約サイトが対応を発表
ボリ平
2013年からビットコインに興味を持ち、マウントゴックスも経験したボリ平氏のビットコインの投資ブログ。FXやバイナリーオプションでの豊富な経験を持ちメディア等でも活躍するボリ平氏が自身の体験談やビットコイン投資の心得なども踏まえて投資家目線で語ります。